松山空港から台北車站まで台北捷運(たいぺいしょううん)で移動しますが、夜9時台は混み過ぎだよ〜。 - とある台湾観光の旅行記録

松山空港から台北車站まで台北捷運(たいぺいしょううん)で移動しますが、夜9時台は混み過ぎだよ〜。

JALで台北松山空港について台湾への入国を終えましたので、今回のホテルの最寄り駅台北車站まで移動する事にしたいと思います。普通の旅行客だと、ここで意外にタクシーを使う方が多いのでしょうか?実際、台湾のタクシーはかなり安く、台北車站まで行ってもおそらく200元(=550円くらい)はしないと思うので、賢い選択なのかもしれませんよね。

ただ、私の旅行記では可能な限り地元の方が使う交通を使うということにしていますので、台北車站まではMRT(台北捷運)で移動する事にしたいと思います。時間は午後9時台。神戸の地下鉄ならもう運が良いと全員座れるくらいの混雑になる時間ですね。台北はどんな感じなのでしょうか?

松山空港国際線到着の案内

さて、今回のJAL39便は午後9時頃に台北に到着する便でした。これくらいの時間になると、もう国際線の到着便も残り少なくなっているようですね。あとは重慶から来る便と復興航空の上海から来る便を残すのみとなっているようです。

いやんな画像

松山空港からMRT(台北捷運)の乗り場まではすぐです。空港を出た所がもうMRT(台北捷運)の入り口ですからね。で、ホームまで行ってしばし電車の到着を待つ事に。上を見上げるといつも広告が流れているモニターがありますが、今日はどういう訳かいや〜んな画像が流れているのでありました。

松山空港駅の天井

松山機場駅の天井には空港をイメージしてか、このような飛行船のオブジェが飾られています。台北はこの駅に限らず台北捷運のあちこちの駅で、こういった芸術作品を展示していますよね。芸術の街台北と行った所でしょうか。皆さんもMRTに乗るときは芸術作品を探してみてはいかがでしょうか?

忠孝復興へ

さて、まずは文湖線に乗って板南線の乗換駅である忠孝復興駅まで向かいたいと思いますが、ここからの3駅がめちゃくちゃ混むんですよね。まあ、この路線が4両でしかも小さい車両というのが全ての原因だと思うのですが、なぜこの路線を作った人は、こんなに小さい車両で作ってしまったのか問いつめたい所です。

電車は混み過ぎです。

予想通り、忠孝復興方面に向かう電車は大混雑でした。忠孝復興までは3駅8分くらいの旅ですけど、普段私が住んでいる神戸ではあまりラッシュが激しくないので、そんな私からするとちょっと辛い移動かな〜と感じるのです。旅行なので、大きい荷物も持っている訳ですしね。

板南線へ乗り換え

そして、忠孝復興駅で板南線に乗り換えるとします。高架の路線から地下にある路線まで一気に降りないといけないので、エスカレーターが長いのが特徴ですよね。そして、板南線=文湖線の乗り換え客はよほど多いのか、このエスカレーターはいつ見てもご覧のような大混雑です。

一見空いているようですけど

板南線の忠孝復興駅のホームまで降りてきました。この感じだと意外に空いているように見えますけど、別の角度を見てみますと、

こんなに混んでいるのでありました

こんな感じで今日も超大混雑なのでありました。実際、板南線がめっちゃ混み合うのは乗り換えに便利な台北車站〜忠孝復興の間なんですけど、私が使うのもほとんどがその区間でして、大混雑の中を大きい荷物を持って移動する事になってしまう訳なのです。今も次々と建設が進む台北捷運ですが、今建設中の東西を結ぶ新規2路線が開通すればこの混雑もマシになると思いますので、完成を楽しみに待ちたい所ですね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ