二二八和平公園(台大醫院/台北)のモーニング散歩。キレイな公園でなんとリスにも出会えました☆ - とある台湾観光の旅行記録

二二八和平公園(台大醫院/台北)のモーニング散歩。キレイな公園でなんとリスにも出会えました☆

二二八和平公園を散歩することにしたいと思います。この二二八和平公園は台北の台北車站の横の駅である台大醫院の出口からすぐの所にある公園で、その面積は71,520m2と都心にある公園としては、かなりの広さなのではないでしょうか。元々は、日本統治時代に作られた台北新公園が前身となっている公園なのですが、1996年に当時の台北市長であった陳水扁が二・二八事件で犠牲となった台湾住民を追悼するために、二二八和平紀念碑を建設し、公園の名前も現在の名前に変わったんだそうです。

こんな都心でリスに出会うとは驚いたのでした。

地図

さて、そんな重い歴史のある二二八和平公園ですが、その歴史については後ほどの高雄歴史博物館の観光で詳しくなることになりますので、ここでは公園としてご紹介して行きたいと思います。改めて地図を見るとかなり広大な敷地ですよね。中には、二二八紀念館や国立台湾博物館といった施設もありますので、時間のある時に行ってみればいかがでしょうか?

コンサートホール

中には、このような野外劇場のようなものもありました。小規模なイベントならここで行われることがあるのかもしれませんね。

記念塔

こちらが、当時の陳水扁市長が建てた二二八和平紀念碑です。平和を祈念するための碑文も彫られてありました。

都心の風景

さて、歴史の重みを感じる公園ではあるのですが、公園としてみると非常にのどかなものでありまして、都心の中にありながら敷地も非常に広いため、暑くない朝の散歩にはもってこいなのではないでしょうか?こちらは北側の台北駅方面を眺めてみました。少し雲は出てますけど、清々しい朝ですね。

池

公園の中には大きな池もあります。さすがに台北なので水もキレイと言う事はありませんけど、池の中に経っている建物を見てもただの公園にしては趣のあるものなのではないでしょうか?

はとがたくさんいます

公園の中は、朝から語り合うおじいちゃんや、散歩する方、体操する方など色々いらっしゃいましたが、鳩にえさをあげている方もいらっしゃいました。そのため、鳩が多数集まっている場所がありました。

リス!?

と、ここで木の方に目をやると、何やらすばしっこい小動物が視界に入ります。写真を撮るのには結構苦労したんですけど、なんとリスがいるようでした。こういうアメリカのヨセミテ国立公園で出会ったリスなら当たり前のように思えるんですけど、こんな台北の都心の公園でリスが見られるなんてなんて幸運なんでしょう。やっぱり、小動物はカワイイですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ