国立台湾博物館(台大醫院/台北)のSL展示室とUNIQLO台北車站館前店 - とある台湾観光の旅行記録

国立台湾博物館(台大醫院/台北)のSL展示室とUNIQLO台北車站館前店

台北車站の南側にある大きな公園、二二八和平公園を散歩していますが、ついでにこの公園の北側に位置する国立台湾博物館のSL展示室を見学してみる事にしました。本当はこの国立台湾博物館自体も見学したかったのですが、今回は高雄に行く新幹線の都合があるので断念をしたいと思います。次に台北に行くのは9月なので、その時かな!?

なんと驚き。1887年に作られたSLなんだそうです。

国立台湾博物館

さて、二二八和平公園の中にある博物館、国立台湾博物館の前にやってきました。この博物館、ちゃんと日本語のウェブサイトもあるんですね・・と思ったら展示の案内が2008年のものが表示されます。更新についてはあんまりやる気がないようですね。

さて、この博物館は元々は1908年に台湾総督府の博物館として設立された台湾最古の博物館なのです。その後移転を行っているので、現在の建物は1915年に完成したものです。展示については中国語繁体字が中心なので苦戦すると思いますが、20元と安いので雰囲気を楽しむだけでも良いかもしれませんね。

故障している音声説明機

さて、この国立台湾博物館の前にはSLを展示している区画があります。SLがドーンと置かれているのですが、ちゃんと周りをガラスに囲われているので、実際に触れることはできません。ちなみに、この音声説明機にお金を入れると音声ガイドが流れるはずなんですが、今まで故障していなかったのを見た事がありません。ずっと放置されているのかな!?

説明書き

この「騰雲号」は、1887年にドイツの会社によって作られた台湾鉄道最初の蒸気機関車です。当時の長官はまず台北から基隆までの路線を作りました。そして、この機関車はもう一つの同じモデルの機関車と一緒に1888年から1924年まで活躍したんだそうです。もう一つはバラバラにされて1928年に売られてしましましたが、この騰雲号はこのように今でも保存されています。

SL展示室

そして、これがその騰雲号です。ガラスケースがある関係でどうしても自分が写ってしまうので、あまり上手に写真を撮れませんでした。興味のある方は、是非とも直接国立台湾博物館まで見に来てほしい所ですね☆

牛の置物

そして、帰りにこの博物館の前に目をやると、またまた牛の置物が置いてありました。台湾って牛の置物が好きですよね。個人的には、剥皮寮老街で見た派手すぎる牛の置物がお気に入りだったのですが、さすがにここの置物は博物館前とあってシンプルなものですね。

ユニクロは台湾でも大人気。次々とお店がオープンしています。

ユニクロ台北車站館

そして、今台湾で大人気のユニクロ。先日、西門町にも大きなお店がオープンしましたが、現在台北市内を散歩していると、地下鉄の中や市内を走るラッピングバスなどあちこちにユニクロの宣伝を見る事が出来ます。値段は日本と同じか高いくらいなので、日本の方が買う利点はないのですが、ぶらっと見学してみるのも良いかもしれませんね。ちなみに、台湾には現在17店舗もあります。ここは、台北車站館前店ですね。営業時間は11:00〜21:30だそうです。

まどまぎカフェ

そして、シーザーパーク台北のすぐ近くまで戻ってきました。このブログを始めた直後に書いた記事でこのまどか☆マギカカフェを訪れているんですけど、確か3月までって聞いた気がするんですが5月上旬の時点では、このように宣伝は残っているんですね。ちなみに、この場所は6月13日から初音ミクのカフェができているようなので、今の時点では営業していません。

ちなみに、このまどか☆マギカカフェは日本で「カラオケの鉄人」を経営する会社が経営しているのですが、なんとカラオケは入っていないんだそうです。台湾にもカラオケ自体はあって、この位置にカラオケを出店したいという意図はあるんだそうですが、台湾だとゲーセンも控えめな営業な気がしますし、娯楽関係の許可はなにかとややこしいのかもしれませんね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ