台湾新幹線ビジネス車両のお菓子とドリンクサービス・新聞サービスと台北〜高雄の車窓から - とある台湾観光の旅行記録

台湾新幹線ビジネス車両のお菓子とドリンクサービス・新聞サービスと台北〜高雄の車窓から

台湾高速鉄道のビジネス車両(商務車廂)に乗って台北駅から高雄の左営駅までの96分の道中をまとめておきたいと思います。まずは、台北駅・板橋駅と連続で2駅停車しまして、その後おしぼりサービスとなります。このおしぼりサービスは東海道新幹線でもあることなので、サービスもこんなものかな〜と思っていたのですが、さすが台湾。こんなものでサービスは終わらないのでありました。

九州や北海道の鉄道並みの高サービスじゃないかしら!?

日本の鉄道で高いサービスを提供してくれる会社というイメージなのがJR九州とJR北海道です。まあ、現実的にはJR東日本の東北新幹線グランクラスなのかもしれませんが、未だ利用する機会がないので、乗った中では今はなきリレーつばめが一番良い電車かな〜と思ったのでした。JR九州はバスとの競争が激しいからか、サービスに気合いが入っていますよね。

お菓子とドリンク

さて、台湾高速鉄道もそんなJRたちに負けないサービスとなっています。おしぼりサービスの後はご覧のように飲み物+お菓子のサービスタイム。飲み物はジュース・コーヒー・紅茶・お水があるようですが、私はコーヒーを選択しました。厚かましくも複数もらっている人もいたようなので、厚かましい方は是非チャレンジしてみてください。

コーヒー

コーヒーはこんな感じです。正直、コーヒーが中で出るとは知らなかったので、もうちょっとで駅の改札にあったセブンイレブンでコーヒーを買った上で乗車する所でした。危なかった・・。お菓子はチョコレートケーキですね。甘甘で地元神戸のケーキに比べると今ひとつですが、おやつとしては十分美味しいかなと思いました。

新聞サービス

お菓子とドリンクのサービスが終わると、新聞などがワゴンで運ばれてきます。繁体字中国語ならさすがにわからないよな〜と思っていたのですが、よくよく見ると英字新聞のタイペイタイムスもあるようなので、ヒマになったらこの新聞を読む事にでもしましょうか。

結構都会ですよね

台湾の西海岸は台北・台中・台南・高雄以外も結構都会が連なっています。これはどこの辺りかは分かりませんが、台北〜台中の間でした。この写真を見るからに都会ですよね。

iPhone

台湾高速鉄道は先進的なので、iPhoneで無料のWi-fiでもできるかな〜と期待したのですが、さすがにそれは無茶だったようです。テザリングで「JamesさんのiPhone」なんてあるのがカワイイですよね。

台中市内

そうこうしているうちに台北を出てそろそろ50分になります。台中に到着ということなんですが、台湾高速鉄道の台中駅は実は都心からは離れていまして、台鉄の台中駅までは在来線に乗り換える必要があります。ということで、台中の都心エリアをこのように過ぎまして、

駅の近くは田舎

台湾高速鉄道の台中駅付近まで来ると、上の写真よりは郊外という感じがしますよね。台湾高速鉄道の駅は、都心部の台北・板橋駅を除くと意外に元々の在来線の駅からは離れていることが多いように思います。今は高雄市の駅も左営駅という都心からは少し離れた所ですよね。いずれは、高雄駅まで乗り入れるそうなんですけどね。

台中駅

さて、その台中駅に到着です。私の座っている場所が良いからか、ちょうど台中駅という表示の目の前に停車しました。お客さんは4割くらい降りて行って、その半分くらいが乗ってくるという感じですね。

高雄市内は都会

その後、台南市を除けば郊外ののどかな雰囲気が続く車窓でしたが、高雄市に入ってくると突然都会エリアとなります。港で有名な高雄市ですので、車窓の奥の方もそういった設備を思わせる感じがしますよね。こんな風景が見えてくると左営駅は間もなくになります。さて、初めての高雄旅行は無難に終わらせることができるのでしょうか?次回以降の記事にご期待くださいね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ