アンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店) 高雄を代表する超豪華ホテルの部屋の内装とアメニティなどをご紹介します。 - とある台湾観光の旅行記録

アンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店) 高雄を代表する超豪華ホテルの部屋の内装とアメニティなどをご紹介します。

今回、高雄で宿泊するホテルはアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)です。そもそもアンバサダーってのが英語で大使(こちら漢字だと国賓になってますけど)という意味なのでさぞ高級なホテルなんだろうな〜と思ってしまいますよね。ホテルの名前は名前負けするホテルが多い中、このホテルはその名に恥じないホテルだったのですが、今回宿泊した代金はなんと7,000円台!これで本当は2名泊まれるんですし、いや〜高雄のホテルっていいよな〜って思ってしまうのでした。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

良いホテルだけど駅から遠すぎるのが難!?

ホテルへ

さて、高雄MRTの市議会駅で降りまして、アンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)まで向かいたいと思いますが、その距離はなんと1キロくらいあるのです。そして、重い荷物を持っているのに、途中になんとこのような障害までも。高雄の道って、重いスーツケースを持っている人には優しくない事が多いんですよね。街自体は良い街だと思うんですけどね。

到着

途中、こんな所を通って正しいの?という道を通って不安になるほどでしたが、何とか15分くらいでアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)に到着することができました。

では、お部屋の中をチェックしていきますわよ。

お水

まずは定番のお水のペットボトルですね。本来は2名まで泊まれる部屋なので2本のペットボトルが置いてあるのも台湾の定番と言えると思います。

無料のお茶など

こちらは無料のお茶や有料のドリンクのコーナー。お酒を飲む人はここで買うと楽かもしれないけど、ソフトドリンクなら近所にコンビニがあるので、私ならそっちに買いに行くかな。

シャワーとトイレ

トイレと洗面台の風景です。アンバサダーっていうホテルだけあって、最近泊まったホテルの中では最も豪華かもしれません。ここの2倍以上の値段がしたホテルニッコーサンフランシスコよりも良いってのは間違いないですね。

シャンプーなど

シャンプーなどのアメニティは最低限と行った感じですが、実際に使っていて困ることはありませんでした。

このお部屋は7,000円台とは思えない雰囲気かしら。

全体写真

さて、ここからはお部屋の中を見て行きたいと思います。7,000円台とは思えないような豪華な内装ですよね。ベッドの寝心地も良く快適な夜を過ごすことができました。

テーブル

ちょっと形が変わったテーブルです。私は仕事用に使うだけでしたけど、若いカップルなんかはここに対面で座って愛を語ったりするんでしょうかね!?なんとも羨ましいですわ。

パイナップルケーキ

そして、ウエルカムフルーツの代わりにパイナップルケーキが置いてありました。先日のシーザーパーク台北でもウェルカムパイナップルケーキが置いてありましたので、これで2日連続のパイナップルケーキってことになりますね。2日で4つは多いけど、おいしいお菓子なので残さずいただきました。

愛河ビュー

そして、このアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)は高雄の見所のひとつ、愛河に面しているのです。ということで、夕方〜夜になると美しい愛河の風景を見ながら仕事でパソコンをしたりなんてことも・・・!?実際は、音楽のイベントを行っている日があって、その日は結構うるさかったですね。それを除くと素晴らしい眺めなのではないかと思います。

Wifi無料

高いホテルだと、インターネットをするのにお金を取る事もありますが、ここアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)では無料でインターネットが使えます。私のように仕事を残したまま台湾に来てしまった人には有り難いサービスですよね。

セーフティーボックス

セーフティボックスもちゃんと備え付けられているので、貴重品はこの中にしまっておきたいですね。

バスローブ

あるとうれしいバスローブにスリッパも備えつけられていました。バスローブってのはソコソコ高いホテルの条件かな〜って個人的には思ってしまうのです。寝る時にバスローブって結構気持ちが良いものですよね。

ハンガー

そして、最後にハンガーチェック。私が1人旅ってこともあるのか、部屋の大きさの割には少なめの4本でした。まあ、2人で旅行していて足りないってことであれば、追加を持って来てくれるはずなので、その点については心配ないとは思いますけどね。

ちなみに、このホテルをチェックアウトする時に気づいたのですが、なんとJALのCAさんたちもこのアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店)に宿泊しているようでした。えええ!JALのCAさんってこんないいホテルに泊まるのか〜と格差社会を感じた瞬間なのでありました。ホテルの前にJALって書いたバスが泊まっていたので、まさか空港送迎!?と思ったんですけど、単に社員さんが乗るためのバスだったというオチを書いてホテルのご紹介を終わりにしたいと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ