宏餅鋪赤肉胡椒餅(六合観光夜市)すっかり胡椒餅ファンになった私。高雄で食べる胡椒餅はいかに!? - とある台湾観光の旅行記録

宏餅鋪赤肉胡椒餅(六合観光夜市)すっかり胡椒餅ファンになった私。高雄で食べる胡椒餅はいかに!?

高雄に宿泊する1日目の夜はやっぱりここでしょ?と言う事で、六合観光夜市にやってきました。今回は、宿泊しているホテルであるアンバサダー高雄ホテル(高雄國賓大飯店) から延々と歩いて来たのですが、さすがに全て歩くのは遠かったですね。1時間はかかっていないと思いますが、それに近い時間がかかったと思います。ということで、帰りはタクシーで帰ることになったのでした。

六合観光夜市

さて、高雄の夜市の中で最も観光客が多いと思われる六合観光夜市の入り口までやってきました。高雄に行くツアーなら、どんなツアーでもやってくる場所だけあって日本人を見る事も多かった気がします。ここまでは新幹線の中以外ではあまり見かけなかっただけにその違いを感じましたね。

入る直前の風景

そして、これが六合観光夜市の入り口です。まだ午後6時くらいなのですがこの混雑です!日本人のツアーの方もいらっしゃるのですが、中国のツアーと地元のツアーがとにかく多く、油断していると人波にさらわれていってしまいそうなほどです。恐る恐る夜市の中に入って行くとしましょう・・・。

入った直後の風景

と、夜市の中に入って来たのですが、午後6時くらいという時間はやはり夜市としては早めの時間帯なのか、入り口の所の大混雑に比べると空いているような気がします。おそらくは入り口の所にツアーのお客さんがたくさん溜まっていたんでしょうね。ひとつ上の写真の位置は、次々とツアーバスが停まって行く所ですので。

すっかりハマった胡椒餅。ここ六合観光夜市でもいただきました。

こんなに美味しいのに、なんで日本では見かけないんだろうと疑問に思う食べ物の一つがこの胡椒餅ですね。台北では、一番メジャーな所は龍山寺の所にある福州元祖胡椒餅でしょうか。今でも30分待ちになってしまった事を思い出しますね。ちなみに、何でも売っている楽天市場ですら、胡椒餅を扱っているお店は1軒もありません。まあ、あれを通販で買っても釜を家で再現するのは難しそうですからね。

六合赤肉胡椒餅

さて、そんな胡椒餅を六合観光夜市の中でも見つけました。ここのお店の名前は宏餅鋪赤肉胡椒餅なんだそうです。まあ、人気の胡椒餅と言えば並び過ぎてなかなか買えないというのが定番ですけど、先日台北松山にある饒河街観光夜市でいただいた福州世祖胡椒餅もこれくらいの時間だと並んでいませんでしたので、時間帯的にこんなものなのかもしれません。では、早速いただいてみる事にしましょう。

こんな感じで次々と作っています

多くのお客さんで賑わう六合観光夜市だからか、もう少し遅い時間になると次々と売れるんでしょう。こういった感じでドンドン胡椒餅を作っています。

買いました

今は早い時間ということもあって、全然並ぶ事なく胡椒餅を購入する事が出来ました。ここの胡椒餅はちょっと小さめで値段も35元とちょっと安め。さて、味はいかがでしょうか?

中身はこんな感じ

胡椒餅のブログ用の写真の撮影は、胡椒餅が熱すぎるのでいつも苦労するんですよね。今回も例に漏れず胡椒餅の肉汁が熱過ぎて大変苦戦したのでした。で、肝心の味の方ですが、記事の中に登場した台北の2店舗に比べると二歩くらい劣るというイメージでしょうか。ただ、30分並んで福州元祖胡椒餅を食べるよりは日常使いだったらこっちを選ぶかもしれません。まあ、そんなに大きいものではないですし、六合観光夜市に来たら一つは食べてみてはいかがでしょうか!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ