六合観光夜市で見かけた美味しそうなカニやドラえもん・そして定番の台南担仔麺をいただきました。 - とある台湾観光の旅行記録

六合観光夜市で見かけた美味しそうなカニやドラえもん・そして定番の台南担仔麺をいただきました。

高雄一の賑わいを見せる観光夜市である、六合観光夜市の観光が続きます。この夜市、高雄の中心部であるMRTの美麗島駅から北西に歩いてすぐという立地もあってか380メートルにも及ぶという直線の通りは中国や台湾からのお客さんを中心とする多くのお客さんで賑わっています。基本は台北の夜市と同じくなんでも売っている感じですが、高雄の夜市は食べ物、特に海産物が多い印象ですね。後で撮った写真を振り返っても海産物の写真が多かったです。

カニ

海産物と言えば、イカ・海老など色々売っているのですが、海老はなぜかタイ産の物が多かったですね。地元高雄ではあまり採れないのでしょうか?そして、このような小さいカニの丸揚げを売っているお店が多かったですね。どこのお店もこのような感じで1皿150元くらいで売っているのですが、その量はかなり多く、一人で来ている私が食べるにはちょっと多かったです。こういう時、グループは色々なものが食べられて羨ましいな〜と思いますね。普段の観光は1人の方が動きやすいですけどね。

どら焼き

そして、日本でも人気のどら焼きのお店がありました。どら焼きという事でドラえもんの絵が書いてありますけど、これってドラえもんの許可は取っているんでしょうかね!?まあ、いちいちコレくらいで高雄まで文句を言いに行く関係者がいらっしゃったらそれはそれでスゴく仕事熱心だな〜と思ってしまいます。

パパイヤミルクと馬英九

そして、こちらはパパイヤミルクのお店でした。現総統の国民党の馬英九さんがオススメと書いてあるのですが、さすがに馬英九さんを台湾内で勝手に使うと怒られそうなので、さすがにこれは許可を取っているんでしょうね。パパイヤミルクは、この直前に高雄牛乳大王でいただいていたのでパスしたんですが、後でもう一度通ると列が数十人になっていました。今回の夜市では一番人気でしたね。買っておくべきだったかな!?

そして、台湾南部の定番。台南担仔麺をいただきました。

台南担仔麺

台南担仔麺といえば、台北でも所々で見かける人気の軽食ですが、高雄は台南から特急(自強号)で30分で行ける範囲とあって、台南担仔麺を扱っている屋台がいくつもありました。そのうちどこで食べるか迷ったんですが、ほとんど席が空いていないこの屋台を選ぶ事にします。日本人のお客さんも多いのか、日本語で簡潔に説明が書いてありますね。

小さなテーブル

意外に高さの低い上の写真の屋台の前には、こういった感じで意外に高さの低いテーブルが置いてあります、テーブルは低いですけど、食べるにはそんなに困らないかなと思います。テーブルには割り箸やチリソースなどが置いてありますね。

出てきました

50元を支払って台南担仔麺が出てきました。日本の麺類とは違って、茶碗よりも少し大きいくらいの大きさで出てくるのが台南担仔麺の特徴ですね。台北の牛肉麺はむしろ日本のラーメンのサイズよりも大きいんじゃないかと思ってしまうのですが、北と南の考え方の違いなんでしょうかね!?食べ歩きをしている私からすると、これくらいの大きさの方が好みだったりするのです。

チリソースを加えていただきます。

チリソースを加えるのが正しい食べ方なのかは分からないんですけど、せっかく置いてあるソースなので、ちょっとかけていただく事にしました。そういえば、パクチー抜いてくださいって言うのを忘れちゃったわ。台湾や東南アジア好きならパクチーを食べられるようにならないといけない・・って思いつついつも抜いてくださいって言っちゃうんですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ