高さ18メートルの存在感☆ 神戸・新長田の鉄人28号は一度は見なきゃ損!? - とある台湾観光の旅行記録

高さ18メートルの存在感☆ 神戸・新長田の鉄人28号は一度は見なきゃ損!?

今回は、お買い物をするために街に出るついでに、途中の新長田駅という所で下車して、駅前にある名所の鉄人28号を見に行くことにしました。この鉄人28号。なんと高さは18メートルもあります。鉄人28号は、神戸ゆかりの横山光輝さんの有名な漫画ですが、ちょっと昔過ぎて絵でしか見た事ないですが、あれってこんなに大きい鉄人だったんですね。

ちなみに、フィギュアといえば数十センチというのが定番だと思うのですが、楽天市場で調べてみるとこんなに大きいフィギュアも発売されているようです。そして、驚いたのがその値段。まあ、2メートル近いんだから仕方ないんでしょうけど、気になる方は上の画像からチェックしてみてくださいね☆

さて、台湾の旅行会社でパンフレットを取ってくると、結構関西周遊の旅行って多いんですよね。でも、地元関西の人間からすると、歴史のある京都や買い物もグルメも豊富な大阪に比べると、神戸は小粒な感じがしちゃうのです。実際、神戸の観光地で有名な異人館・中華街・ベイエリアなどがありますが、この3つって全部徒歩圏内なんですよね。このブログでは、もうちょっと範囲を広げて地元の魅力を発信していきたいと思っています。

さて、新長田駅は3路線が集まっている神戸の副都心ってことになっている駅だったと思います。その割には、駅前の大丸は2013年の1月に撤退ということで、ちょっと寂しいんですが、もし観光客の方が新長田にいらっしゃるんでしたら、JRで三ノ宮から普通電車で4駅10分弱、遠くからいらっしゃる場合は新幹線の新神戸駅から地下鉄で13分くらいとなります。

新長田散策マップ

駅の中にはこのように新長田の散策マップがありまして、早くも鉄人ムードとなっていますね。この地図を見ると結構広いエリアのように見えますけど、何も見ずに歩けば、端から端まで8分と行った所でしょうか。なので、色々見ながら回遊して回っても半日くらいあれば十分ではないかと思います。

鉄人28号遠景

鉄人28号は駅から南西にある若松公園という公園の中にあります。駅からは歩いて2分くらいですし、実はJRに乗っていても海側を見ているとチラッと後ろ姿を見ることができます。今日は天気が悪いので、写真を撮っている団体さんはいらっしゃらなかったですが、私以外にも4組くらいは見学に来ているかたがいらっしゃいましたね。

登らないでください

神戸は日本の平均と比べるとちょっとふざけた人が多いエリアだと思うので、そういった方の対策か、登らないでくださいっていう案内が表示されています。この諸葛孔明っぽいキャラが印象的ですが、これは孔明わんという新長田オリジナルのキャラクターなんだそうです。街中で結構見かけるんですよ。グッズも多数販売されているのですが、楽天市場では買う事ができないようです。これは新長田に来るしかないのかも!?

裏から見てみました

普通の人は前からの写真ばかりに夢中になっていますので、私は敢えて後ろからの写真を撮ってみました。今思ってみると、足下に入って真上を見上げるアングルの写真の方が面白かったかも!?

街灯まで!

この若松公園の横の通りにある街灯に目を移してみると、なんと街灯までが鉄人28号なんです。これって意外に細かい所なので見逃しがちなんじゃないでしょうか?夜は新長田に行った事がないのですが、どんな感じで明かりが付くか、気になる方は是非とも新長田へ!

一つじゃなくて・・

この街灯、一つかと思いきやずら〜っと並んでいるのです。意外に間抜けな風景かもしれませんね。

こんな感じで宣伝ビデオも

鉄人28号の前には、こんな感じで新長田を紹介する宣伝ビデオが延々と流されていました。ビデオの下には街を紹介するパンフレットも置いてありましたが、日本語は当然として、繁体字中国語・簡体字中国語・英語・ハングルと4カ国語の外国語に対応していました。台湾からの旅行客の多い関西ですので、繁体字中国語にもちゃんと対応しているってのが台湾好きの私に取っては好印象ですね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ