来週開催。KOBEポップカルチャーフェスティバル(新長田)には神谷明さんや、女子に人気のアニメ「ヘタリア」の展示も☆ - とある台湾観光の旅行記録

来週開催。KOBEポップカルチャーフェスティバル(新長田)には神谷明さんや、女子に人気のアニメ「ヘタリア」の展示も☆

神戸新長田で来週7/14(土)〜7/16(祝)の3日間開催される「KOBEポップカルチャーフェスティバル」をご紹介します。神戸というと地元以外の人からすると、オシャレな街という印象があると思うのですが、意外にサブカルチャーに力を入れている街なのではないかと思うのです。このブログのタイトルロゴの元ネタはアニメのロゴなくらいなので、私はアニメを結構見るのですが、神戸で毎年開かれるアニメのイベント、アニメーション神戸は結構名誉ある賞なんですよね。注目している人も多いんですよ。

KOBEポップカルチャーフェスティバル

と、そんな私が先日新長田の街を歩いていると、KOBEポップカルチャーフェスティバルというイベントの開催案内の看板を見かけました。新長田からわずか8駅くらいの所に住んでいるアニメファンの私でも知らなかったイベントなので、少しでも知ってもらえばと思いまして、この記事にいくつか見所をまとめておきたいと思います。

元々、新長田はアニメなどに力を入れている街のような気がします。それは、当然ながら街のシンボルとなっている鉄人28号があるから、そう思ってしまうんですよね。鉄人28号を書いた漫画家さんは故横山光輝さんですけど、横山光輝さんと言えば全60巻の三国志でも有名ですよね。この新長田の街は、鉄人28号だけではなく三国志ゆかりのものも多く飾ってあるのです。

そんな街だから、街をあげて今回のKOBEポップカルチャーフェスティバル神戸というイベントを成功させたいという思いは伝わってきますよね。毎年の三国志祭は3万人以上の人が訪れるということなので、このイベントも結構混み合うことが予想されますが、私も3日間の開催日のうち、1日は参加しようかなと思っています。

開催される主なイベントは以下のようになっています☆

  • 痛車展示
  • コスプレカフェ
  • コスプレスタンプラリー
  • ガチのミニ四駆大会
  • アニソンストリートライブ
  • 神谷明特別ステージ
  • KOBerrieS♪ステージ
  • 『ヘタリア』上映
  • 高橋広樹トークショー
  • 京都国際マンガアニメフェア紹介
  • アニメフェア関西2012紹介
  • アニメーション神戸展
  • アニメ弁当写真展
  • 出崎統監督展
  • ヘタリア特別展示

と、これだけ書いても実はまだ半分くらいしか書いていないので、興味のある方は公式ホームページも参考になさってくださいね。個人的な注目といえば、やはり神谷明さんが来場されるということでしょうか。最近の深夜アニメは若手中心なので、アニメで声を聞く事は少なくなってしまいましたが、時々普通の番組でナレーションもされていますよね。実は、神谷明さんはアニメーション神戸実行委員会委員長をされているんだそうです。このイベントは参加したいけど、当日どれくらいの時間に行けば入れるか、ちょっと心配かも!?

あとは、なぜか『ヘタリア』関係のイベントが充実している事に注目したいと思います。このヘタリアっていう漫画・アニメはキャラクターがイケてる男子ばかりで、通の間では結構人気のあるアニメなんですけど、一般的な知名度としてはまだかなり低いのではないかと思うのです。そもそもイベントのポスターに出ているアニメが、「名探偵コナン」と「ヘタリア」って知名度に差がありすぎるよ〜って思いません?

後は、昨年亡くなったアニメ監督である、出崎統監督展に注目します。出崎監督と言えば、「あしたのジョー」や「エースをねらえ」など私が生まれる前の世代の監督というイメージが強いのですが、亡くなる数年前まで現役の監督として活躍されていましたので、私が数年前に見た映画、劇場版CLANNAD -クラナド-の監督もこの出崎監督でした。このアニメ、原作は恋愛ゲームなんですが、泣ける場面が非常に多く男女を問わず非常にオススメ出来るアニメです。泣けるアニメランキングでは、上位の定番に入っていますね。

このクラナドには映画版とテレビ版の2種類のアニメがあります。ファンの間では、出崎監督の映画版ではなく、テレビシリーズを作った京都アニメーション版の方を推す人が多いんですが、個人的にはゲームだと100時間以上のストーリーを2時間以内に収めている(京アニ版は30分アニメで全44話もあるのです)のは、さすが出崎監督と思ってしまいますね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ