神戸・新長田ぶらりお散歩。鉄人28号関係を中心に、なぜか女子に人気のイケメン清盛アニメや台湾バナナまでご紹介。 - とある台湾観光の旅行記録

神戸・新長田ぶらりお散歩。鉄人28号関係を中心に、なぜか女子に人気のイケメン清盛アニメや台湾バナナまでご紹介。

魅力たっぷり神戸の下町。最近は鉄人28号や三国志で有名な新長田をぶらり散歩したいと思います。記事のタイトルには鉄人28号が入っていますけど、巨大な鉄人28号像に興味のある方は別の記事でご紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

実は神戸がアニメの街って、誰が決めたんでしょうね!?

もうすぐ閉店大丸新長田店

さて、新長田のお散歩は駅前の大丸前からスタートします。大丸と言えば、実は本店は大阪の心斎橋にあるお店なのですが、神戸の周りには4店舗も大丸がある(元町・芦屋・新長田・須磨)気合いの入った地域なんですよね。なんですが、この新長田店は先日の新聞の報道で、2013年の1月に閉店することが決まってしまいました。中を見ると、結構いいお店が入っているんですけど、新長田の下町の雰囲気と大丸の客層は合わなかったのかな!?まあ、須磨店も3駅・元町店も3駅しか離れていないので、今後はそちらを利用してくださいってことなんですね。

鉄人28号があちこちに描かれています

さて、この新長田の街には鉄人28号があちこちに描かれています。三国志もあちこちに描かれていますけど、それは別の記事でご紹介したいと思います。ここはうどん屋さんのようですけど、「鉄人もびっくりうどん」なんて書かれていますよね。そりゃメニューに強引に結びつけすぎだろ〜とツッコンでしまいますけど、そんな商魂逞しいのが関西の商人なのかもしれませんね。

まちかどサロン

商店街の途中には、「まちかどサロン」という休憩施設がありまして、飲料の自動販売機や三国志の有名武将たちの紹介が書かれた場所があるのですが、このまちかどサロン。なんと、床にお昼寝していらっしゃる方が2人もいらっしゃいました。まあ、昼寝するのに快適な場所だとは思うんですけど、観光客、特に海外からのお客さんが見たらちょっと引いてしまうのではないでしょうか?観光施設として推すからには、もうちょっとキッチリしてほしいですよね。

アニメの街清盛!?

新長田の商店街を歩いていると、現在放送中の大河ドラマにちなんだ「清盛」のアニメ柄を良く見かけます。しかも下の方には「アニメ文化推進」なんて書いてあったり。地元関西ですら視聴率が不振という「平清盛」ですけど、ポスターのアニメ絵イケメン清盛なんかは一部の間で人気だったりするんですよね。マツケンの清盛ももうちょっと頑張ってほしいですよね。

新長田南部の六間道商店街は、気合いの入った商店街!?

台湾バナナ

さて、色々見ながら新長田駅から南側へずっと歩き続け、概ね一駅分歩いて次の駒ケ林駅の近くにある商店街が、六間道商店街です。この商店街、一見活気に欠ける商店街のようにも見えるんですけど、実は気合いが入っている商店街なのです。まずは、野菜屋さんで見かけた台湾バナナ。それって、台湾好きの私の個人的事情!?ってツッコまれそうですが、フィリピン産ではなく台湾産のバナナを見かけると嬉しくなってしまいますよね。

動く鉄人28号

商店街の中には、なぜか動く鉄人28号が飾ってありました。戦う事はできませんけど、あなたも少年の気持ちになって鉄人を操作してみてはいかがでしょうか?なぜか音声で「うちに触らんといてや!」みたいな感じで関西弁で注意するアナウンスが延々と流れているのですが、実は鉄人28号の音声は関西弁っていう設定なのでしょうか!?そのアナウンスは是非ともここに来て、聞いてみてくださいね。

インターネット使い放題

そして、この六間道商店街の驚きのポイントがもう一つ。なんと、この商店街の中ではインターネットが使い放題なんですね。私も手持ちのiPhoneを使ってみましたけど、このように高速回線につなげることができました。しかも、丁寧に休憩用の椅子もいくつか置いてくれていますので、旅行中のちょっとした調べ物には最適なのではないでしょうか?

清盛ハーバーランド店ですと!?

さて、新長田の散歩はこれくらいにして、その後買い物の用事があるハーバーランドへ向かったのですが、そこにあるコーヒー屋さんを見てビックリしました。なんと支店名が「清盛ハーバーランド店」なんですよね。この施設の近くに大河ドラマの平清盛ドラマ館があるんですけど、それは別としてこんなストレートな名前を付けてくるとは驚きでした。大河ドラマが終わっても店名がそのままなのか、注目ですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ