香港国際空港〜九龍駅間の機場快線(エアポートエクスプレス)に乗りました。31キロを19分で走る驚きの早さ☆ - とある台湾観光の旅行記録

香港国際空港〜九龍駅間の機場快線(エアポートエクスプレス)に乗りました。31キロを19分で走る驚きの早さ☆

台湾からキャセイパシフィック航空に乗って香港国際空港に着きました。今回は、香港国際空港から九龍駅間の間を結ぶ機場快線(エアポートエクスプレス)に乗車する事にしたいと思います。この機場快線(エアポートエクスプレス)は、香港の香港鉄路有限公司(MTR)が運営する路線で、経営自体は地下鉄を運営している会社と同じ会社ということになりますね。

香港の地下鉄は台北とほぼ変わらず、全体的に運賃が安いので有名ですが、この機場快線(エアポートエクスプレス)の運賃はやや高いのが難ですね。ただ、この機場快線(エアポートエクスプレス)に乗れば、乗り継ぎのMRTが無料でどこまででも行けるので、乗り方によってはイメージよりは安くなる区間があるかもしれませんね。

機場快線(エアポートエクスプレス)の運賃は以下の通りです。

  • 空港から青衣駅まで:60香港ドル
  • 空港から九龍駅まで:90香港ドル
  • 空港から香港駅まで:100香港ドル

九龍半島に宿泊する場合は、実は青衣駅で乗り換えるのが安く済んでかつ便利な事が多くあります。九龍駅からホテル送迎バスの対象になっていないホテルにご宿泊の方は、青衣駅で降りてみるのも手かもしれませんね。

後2分で発車

さて、駅の構内をじっくり撮影しようかと思っていたのですが、空港に到着して乗り場に来た所、次の電車は2分後に発車とあり、既に電車が停車しているので、急いで乗り込む事にしたいと思います。ちなみに、これを逃すと次の電車は10分後にやってきます。

豊富にある荷物置き場

電車には全ての車両にこのような荷物置き場がついています。今まで真ん中の車両以外は激混みになったことを見た事がないので、前か後ろかの端の方まであるけば、荷物を置く場所には困らないのではないかと思いますよ☆

椅子

機場快線(エアポートエクスプレス)の椅子はこのような感じです。MRTのプラスチック製の椅子に比べるとましだとは思うのですが、実は前後の幅が意外に狭いのが難ですね。大きい方だとちょっと苦しくなっちゃうかもしれません。

車内の様子

私の乗り込んだ車内の様子はこのような感じでした。私以外にも数人お客さんが乗っているようですね。でも、このお客さんたちは、なんと全員青衣駅で降りて行ってしまったのでした。なんと珍しい。

オクトパスカード

私は以前から香港の電子マネーであるオクトパスカードを保有しているのですが、今回は空港の窓口で200香港ドルをチャージしました。そして、チャージした時に機場快線(エアポートエクスプレス)の案内も一緒にいただいています。実はもう10回以上乗ってるなんて、見た目には分からないですものね。

海側の風景

途中の青衣駅までは、左側に座ると海中心の風景、右側に座ると山と高速道路中心の風景が広がります。右側はディズニーランドがあるのですが、ディズニーランドは機場快線(エアポートエクスプレス)から見えないので、私のオススメは左側に座る事です。是非ともお試しくださいね。

青衣駅

さて、途中の青衣駅に到着しました。前述の通り、同じ車両の人は自分以外全員ここで降りて行ってしまったのでありました。

青衣駅直後の街並み

ここで、車両の一番右前の席が空きましたので、座席を移動する事にしたいと思います。青衣駅出発直後の右側の街並みです。ここまでも部分的には超都会の部分があるのですが、ここからは都会本番という感じですね。これぞ香港!というビル群になってきましたよね。

九龍駅に到着

そして、空港を出ること約19分、今回の目的地である九龍駅に到着しました。今回はここからホテル送迎バスに乗車して、今回宿泊するホテルであるラクスマナー香港に向かいたいと思います。そのバスについては、また別の記事にてご案内する事にしたいと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ