稚内全日空ホテルの超豪華朝食ブッフェ。朝からいくらにカニ汁・スープカレー☆ 北海道三昧の朝食をどうぞ。 - とある台湾観光の旅行記録

稚内全日空ホテルの超豪華朝食ブッフェ。朝からいくらにカニ汁・スープカレー☆ 北海道三昧の朝食をどうぞ。

香港で買った日本行きのチケットで安く行くことに成功した稚内&利尻島。今回の稚内市内の宿泊先として選んだのは、稚内全日空ホテルです。今回は、その中のサービスのうち、カフェレストランマリーヌでいただく朝食ブッフェをお届けします。

全日空ホテルはANAグループというより、今はインターコンチネンタルグループというのが正しいんですけど、それでも全日空ホテルといえばANAですよね。ANA好きとしては、やはり外せないホテルなのであります。

その稚内全日空ホテルを詳しく知りたい方は、以下のリンクからどうぞ☆

稚内全日空ホテル朝食全体像

この稚内全日空ホテルの朝食は、今回の旅行の4日目の朝食となります。まあ、旅行中はどうしても食べ過ぎの傾向があるので、控えめに控えめに・・と食べる前は思っているんですけど、それでもコレだけ取ってしまうのが朝食ブッフェの魔力なんですよね。右下の方には、めずらしい「ほっけのさつま揚げ」や北海道定番のジャガイモがありますね。

いくらタラコ

では、それ以外の皿を一つずつ見て行きましょう。まずは、いくらにタラコにイカの塩辛です。北海道のホテルには年に何回か宿泊していますが、ソコソコ以上の値段に泊まると、この3点セットは出てくる可能性が高いですよね。地元で食べると美味しさダウンなので、ここで精一杯いただいて行きます。

カニ汁

そして、朝からなんとカニ汁をいただくことができました。最初から器にカニが入っており、そこに味噌汁をかけてネギを入れるというタイプのカニ汁です。本格的なものほどではないですけど、まあまあの美味しさでした。

サラダ

普段、朝食ブッフェであまり野菜を取らない私ですが、今回は野菜を多めにいただくことにしました。ジャガイモ以外はあまり北海道産という感じはしませんけど、実際の所はどうなんでしょうね!?

パン

今回の朝食はパンが豊富だったのが特徴的でした。全部で8種類ほどのパンがありましたが、そのうちカレーパンにクリームパン・バジルパンをいただいています。どれもカロリーが高そうで心配なんですけど、普段からご飯食の私なので、こういったパンってホテルじゃないと食べないんですよね。

目玉焼き

全日空ホテルなら、以前行った沖縄のラグナガーデンホテルのようなオムレツを期待してしまったんですけど、稚内にはオムレツのサービスはありませんでした。目の前で焼いてくれるサービスではあるのですが、残念ながら選択肢が目玉焼き一択のようです。

スープカレー

朝からスープカレーがいただけるのは、ここ稚内全日空ホテルの特色かもしれませんね。具材は野菜が中心となっています。よく考えずによそったらなんと中が茄子だらけになってしまいました。これはちょっと失敗だったかもしれませんね。

牛乳

見た目は普通の牛乳ですけど、さすがは北海道。この豊富町の名産の牛乳はもしかすると、今日いただいた朝食の中で一番美味しかったかもしれません。この牛乳、北海道から通販もあるそうなんですけど、賞味期限は7日。牛乳を通販なんて想像もつきませんけど、一度試してみても良いかな〜って思っています。値段は意外に安いんですけど、やっぱり送料がネックかな・・・。

パイナップル

さて、北海道のフルーツといえば夕張メロンですけど、さすがに夕張メロンがあるはずはなく、なぜかパイナップルにライチといった南国風のフルーツが提供されていました。パイナップル星人の私としては、嬉しい限りなんですけどね。

外の風景

そして、朝食会場から見た外の風景で締めくくります。あれ?小さくてキレイな花が風に揺れていたんですけど、写真だと全然写ってないですし、外もどんよりとしていてイマイチな感じになっちゃいましたね。でも、実際に泊まると美しい光景が見られるはずですので、楽しみにしていてくださいね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ