ロシア料理店ペチカ(稚内市)ボルシチにピロシキなど人気のロシア料理がワンプレートで☆ 本場のロシアンティーもいただきました。 - とある台湾観光の旅行記録

ロシア料理店ペチカ(稚内市)ボルシチにピロシキなど人気のロシア料理がワンプレートで☆ 本場のロシアンティーもいただきました。

稚内市内の副港市場にある飲食店街「波止場横丁」にあるロシア料理店ペチカにやってまいりました。このお店は、プロの歌い手である兵藤ニーナさんのお店であり、実際にお店の中でライブを楽しめっちゃたりもする非常にお得感のあるお店なのです。海鮮にこだわりがないのであれば、稚内市内で最もお勧めしたいお店の一つですね☆

人気のロシア料理を全部ワンプレートでいただいちゃえ☆

ペチカセット

今回はセットメニューのペチカセット(1300円)をいただきました。このペチカセットは表題の通り、人気のロシア料理がご覧のようにワンプレートで楽しめるんですが、ボルシチやピロシキ以外は私の知らない料理でした。この機会にご紹介して行きたいと思います。

まず、ちょっと分かりにくいですが、ボルシチの後ろにはヴィニグレットというサラダがあります。このサラダはロシアでよく食べるビートというカブのような野菜が中心のサラダですね。初めて食べた味でした。他、左側手前にあるご飯はウズベク風のピラフなんだそうです。

ボルシチ

さて、こちらは定番のボルシチですね。ボルシチは色だけ見るとトマト?と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この赤色はビートの色素から出たものであって、トマトではないんです。基本的には具沢山にするのが通常だということで、今回のボルシチも具沢山で提供されました。寒いロシアにはもってこいの料理ではないでしょうか?

ペリメニ

つづいてこの水餃子みたいな食べ物は、ペリメニと言います。このペリメニは見た目水餃子なのですが、食べた印象もちょっと皮の厚い水餃子と言った感じでしたね。ただし、中国の水餃子と味が同じという訳ではありません。それは実際に食べてみて確認してみてくださいね。このペリメニはロシアでは保存食の一つとされていて、冷凍のものを食べるときに温めるんだそうです。

さすがにペリメニを通販する所はないだろ〜と思ったのですが、さすがは楽天市場。ある所にはあるものなんですね。保存もOKというこのペリメニなので、皆さんの保存食として、一度お試しになってはいかがでしょうか!?

ウズベク風焼き肉

こちらはウズベク風焼き肉です。ウズベク風焼き肉というと、なにがウズベキスタンなんだろう?と思ったんですけど、実は羊肉なんだそうです。北海道だけではなく、ウズベキスタンでも羊が郷土料理になっているんですね。ジンギスカンとはまた違った印象の味で非常に美味しくいただきました。海鮮が多い今回の旅なので、久しぶりのお肉だったかも!?

ピロシキ

そして、こちらが泣く子も黙るピロシキですね。ピロシキというと、関西ではカレーパンの中身だけ変えたものを売っているお店があるように思うのですが、こちらが本当のピロシキの形なんでしょう。味はコッテリとしたものかと思いきや、かなりあっさりとした食べ物で、ピロシキに対する印象がガラッと変わってしまうほどでした。

さて、食後には別にロシアンティー(450円)を注文しました。このロシアンティーは「ジャムを中に入れず、ジャムをなめて一緒に紅茶を飲んでください」と注意書きがあります。私のロシアンティーはジャムを中に入れるっていうイメージだったんですけど、それがロシアの正式な飲み方なんだとか。まあ、日本国内でも食べ物は色々なルールがあるので、これも地域性があるのかもしれませんけどね。この新しい飲み方、我が家でも真似してみようかな!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ