磯焼亭(利尻島)の超豪華利尻ラーメン。エビにホタテに利尻昆布。コレ1杯でウニ以外の利尻は味わえちゃう!? - とある台湾観光の旅行記録

磯焼亭(利尻島)の超豪華利尻ラーメン。エビにホタテに利尻昆布。コレ1杯でウニ以外の利尻は味わえちゃう!?

稚内の西側にある離島の利尻島に来ています。今回は、利尻島の鴛泊港フェリーターミナルのすぐ前にあるラーメンやウニ丼が食べられるお店の「磯焼亭」にやってまいりました。この島と言えば、なんと言ってもウニなんですが、ウニは宿泊しているホテルで夕食毎にドーンと出されるため、今回はこのお店のもう一つの名物である利尻ラーメンをいただく事にしたいと思います。

本当にウニ以外の利尻名物は全部食べられた気がします。

磯やき亭入り口

鴛泊港フェリーターミナルの目の前は飲食店やお土産屋さんが並ぶ激戦区となっています。お店の集中度で言うと、もしかすると島内随一なのかもしれませんね。今回は、複数店舗あるうち、他のお店も検討したんですが、結局はここの名物の利尻ラーメンをいただくことにしたのでした。

メニュー

メニューは意外に豊富です。ラーメンだけでもホタテラーメンや、とろろ昆布ラーメンなど10種類以上あり、トンカツやカレーライスに定番のウニ丼もありますよね。観光客で賑わうこのお店ですが、例えば観光バスの出発を待っている係員っぽい方など、地元で働いている人にも人気のお店のようでした。そう言う方はカレーなどを食べてましたね。

店内の様子

店内の様子はこのようになっており、この右側が厨房になっています。全席喫煙OKなのはちょっとイケテないですけど、飲食店の絶対数自体が少ないので仕方ないですね。近くに喫煙する人が来ない事を祈るのみです。

利尻ラーメン

さて、注文して10分経たないくらいで利尻ラーメン(1,300円)がやってきました。ラーメンで1,300円はさすがに高いと思うのですが、その実力はどうでしょうか?ここのラーメンは利尻だから塩スープなのかな〜と思ったんですけど、説明文を読むと塩+醤油のハーフスープとありました。あっさり目ながら、醤油の風味もきいており、飲みやすいスープだったように思います。

縮れ麺

麺はちょっと縮れ麺と言った感じですね。普段は細麺豚骨系が好きな私ですが、ここのあっさりスープにはこの麺がバッチリ合っている気がします。

ホタテ

では、具材をちょっとだけ見て行きたいと思います。まずは、ホタテですね。ちょっと分解されちゃっていますが、大きめのものが1つ入っていました。

チャーシュー

海鮮ばかりなのかと思いきや、ちゃんとチャーシューも1枚入っています。利尻島ではお肉を食べるチャンスがあまりないので、うれしいサービスですね。

海老

そして、海老です。ラーメンにこのタイプの海老が入っていると非常に食べにくいと思うのですが、他のお客さんどうやって召し上がるんでしょうかね?私は、この小皿でちょっと冷やしてから殻をむいていただくことにしました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ