空から見る洞爺湖に利尻富士。やっぱり窓際席は格別!? ANA1797便 関西国際空港〜稚内空港(プレミアムクラス) - とある台湾観光の旅行記録

空から見る洞爺湖に利尻富士。やっぱり窓際席は格別!? ANA1797便 関西国際空港〜稚内空港(プレミアムクラス)

ANA香港発券のチケットをうまく使って、片道約5,000円で関空から稚内に行く事になりました。今回乗る事になったのは、ANA1797便の関西国際空港発稚内空港行きで、7,000円支払って当日アップグレードを行いました。合計12,000円でプレミアムクラス、しかもマイルも2,000マイルくらい新規で貯まりますので、結構お得な旅程だったと言えるのではないでしょうか!?

ANA1797便、まさかのプレミアムクラス一人旅です。

ANA1797便稚内行き

羽田空港からは、北海道の各地に通年で便が飛んでいるのですが、関西地区からは通年で便があるのは、新千歳空港と函館空港のみとなり、それ以外の目的地は夏期限定の期間運行になります。この稚内もその一つですが、その運賃が結構高いので、今回のような海外発券や特典航空券の活躍のしどころなんですよね。

ボーイング737

稚内行きは、ツアー客を除くとそれほど乗る人がいないのか、機種は比較的小さいボーイング737となります。しかしながら、このボーイング737、プレミアムクラスは意外なことに8席もあるんですよね。大きいボーイング767が10席のプレミアムクラスなので、比率ではこちらが大きく上回っています。

椅子の雰囲気

そのボーイング737のプレミアムクラスの雰囲気はこのようになります。私は結構このこじんまりした雰囲気が好きなんですよね。でも、今回は誰もアップグレードする人がいなかったのか、なんと私1人だけの旅行となってしまったのでした。

おしぼり

おしぼりサービスも私1人だけなので一瞬で終了です。昔は、普通の温かいおしぼりだった気がするんですけど、いつの間に変わってしまったんでしょうね?私は、このおしぼりでも全然問題ないとは思いますけどね。国際線で熱いおしぼりをくれますけど、熱すぎることが多いですからね・・・。

新潟

さて、途中で今「・・・の上空を通過中です」という案内がありましたので、記念写真を撮りました。ここってどこだと思いますか?実は新潟市なんだそうです。新潟の海岸線って、地図で見ていただくと分かるんですが、意外にまっすぐなんですよね。機会がある方は、一度地図をご覧になってみてくださいね。

読書に便利

ボーイング737のプレミアムクラスの座席には、このように読書灯が付いています。私は飛行機の中では、新聞を読むか読書をしていることがほとんどなので、こういった読書灯のサービスは嬉しいですよね。

洞爺湖

さて、北海道に入るとちょっと雲が多くなってきましたが、またまたCAさんから案内がありました。今回のCAさんはサービス精神旺盛な方のようですね。今上空を通過しているのは、洞爺湖なんだそうです。サミットが行われたことのある洞爺湖。有名なウインザーホテルは行ってみたいとは思うんですけど、楽天トラベルを見てその高さに断念しちゃったんですよね。いつか一度は行ってみたいですけどね。

利尻富士

そして、まもなく稚内空港着陸のためのシートベルトサインが点灯しようかというときに、奥の方に利尻富士の頂上だけが見えました。実際、利尻島滞在中には頂上だけが見えない場面が多かったんですけど、地上から見て頂上だけ見えないってことは、当然このような状態になっているんですよね。当たり前の事ですが、面白い風景だなと思いました。

出汁之介

そして、稚内空港に到着してこじんまりとした手荷物受け取りスペースに入りますが、ここで出迎えてくれるのは稚内市のマスコットキャラクターである「出汁之介」です。この出汁之介の手足は利尻昆布の食べ過ぎで昆布になっちゃっています。そう思うと、ちょっと怖いキャラクターのように思えて来ましたが、その事は深く考えずに可愛さだけを堪能することにしました☆

ANA1797便 関西国際空港〜稚内空港(プレミアムクラス)

  • 獲得マイル:2,052マイル(プラチナ会員搭乗ボーナス等含む)
  • 獲得プレミアムポイント:2,463ポイント
  • 注:今回は香港発券の国内線部分を当日アップグレードしています。そのため、プレミアムポイントの計算式は821マイル×150%(プレミアムクラス)×2(国内線ボーナス)となり、定額加算の400ポイントは付与されません。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ