ラクスマナー香港(帝樂文娜公館) のおとぎの国風の洋食中心の朝食ブッフェ☆ デザート系が気合い入っているわね。 - とある台湾観光の旅行記録

ラクスマナー香港(帝樂文娜公館) のおとぎの国風の洋食中心の朝食ブッフェ☆ デザート系が気合い入っているわね。

今回は、2012年7月の香港旅行で宿泊したラクスマナー香港(帝樂文娜公館)の朝食ブッフェをご紹介したいと思います。このラクスマナー香港と言えば、そのおとぎの国かと思うほどのオシャレな内装がその魅力ではあるのですが、朝食も洋食中心ながらそのイメージを大切にした構成になっていると思いました。では、詳しくその朝食ブッフェを見て行きたいと思います☆

このホテルにどれくらいで泊まれるか、気になる方は以下の旅行サイトから☆

チーズにデザート

今回は照明の明るさの関係でちょっと見にくい写真が多くなっていますので、ご了承いただければと思います。まず、目に留まったのはチーズですね。チーズというと、チーズがめちゃくちゃ美味しかったメルキュール・モンマルトル・パリの朝食を思い出してしまいました。ここはフランスではないので、あそこまでのチーズじゃなかったですけど、美味しくいただきましたよ☆

サーモン・トマトにハム

こちらの画面に写っているのは、サーモンにハム、トマトに生ハムですね。また、生サーモンを朝からガッツリブッフェでいただける所はなかなかないのではないでしょうか?生サーモン好きの私なので、バッチリといただく事にしたいと思います。

ヨーグルト

ヨーグルトが山のように置いてあります。実際、お客さんは西洋系の方が結構多いように思いますので、そういった方はヨーグルトとフルーツ・シリアルの朝食なんてパターンが多いのかもしれませんね。

各種パン

そして、香港にありながら洋風のホテルということで、パンの種類が豊富でした。実際、ここは香港なのでお粥や中華系のおかずもちょっとは置いてあるんですけど、あくまで中心は洋食、しかも欧風と言った感じでしたね。

こういったメニューの中から、このような朝食をいただきました☆

サラダにサーモンなど

まずは、サラダにサーモンにチーズにトマトに生ハムですね。生ハムはちゃんとメロンが添えてある所が素敵なポイントなのでありました。チーズはカロリーの事を考えて控えめにしましたが、大好物のサーモンは遠慮せずにいただいちゃいました。

パンパンベーコン

こちらはパン2種類に、ベーコン・スクランブルエッグ・ポテトになります。パンはカロリーが低いものも置いてあったんですけど、わざわざデニッシュ系をいただいてしまいました。だって、デニッシュ系ってどうしても美味しそうに見えちゃいますものね。

パイナップルとケーキ

そして、ここからが本番のデザートです。ラクスマナー香港(帝樂文娜公館)は朝食ブッフェにも関わらず、フルーツ・スイーツ系が結構多めに置いてあったので、その中からケーキ・チョコレート・パイナップル・ドラゴンフルーツとこれだけでも1食になりそうやん!ってくらいのデザートを取ってしまいました。

ムース

デザートはコレだけでは終わらず、さらにムースまでいただいてしまったのでした。欧風なホテルだけあって、ケーキは日本のホテル以上、日本の有名ケーキ屋さん未満と言った感じでしょうか。意外に美味しいんじゃないかと思いました。

コーヒー

そして、色々食べまくった朝食はコーヒーで締めくくりとなります。日本に居ると少食な私なのに、外国に行くとついつい食べ過ぎちゃうんですよね。まあ、旅行先だから食欲がわくというのは動き回って体力を使っているということなのかもしれませんね。日頃はデスクワークが多い仕事ですから・・・。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ