ダイワロイネットホテル那覇おもろまちの自慢の朝食バイキング。1200円の追加料金だけど、もしかするとリゾートホテルより美味しいかも・・!? - とある台湾観光の旅行記録

ダイワロイネットホテル那覇おもろまちの自慢の朝食バイキング。1200円の追加料金だけど、もしかするとリゾートホテルより美味しいかも・・!?

今回は、ダイワロイネットホテル那覇おもろまちの朝食会場である大地の恵のビュッフェスタイルの朝食をご紹介したいと思います。今回、私は朝食付きのプランで宿泊しましたけど、もし朝食付きのプランで宿泊していない場合は1,200円の追加代金となります。ビジネスホテルの朝食で1,200円は高めですけど、高級ホテルの朝食よりも美味しいのでは!?と思ってしまうレベルでした。

ダイワロイネット那覇おもろまちの値段と口コミはこちらからどうぞ☆

このダイワロイネットホテル那覇おもろまちの朝食の特徴は、その品目数が多い事です。地元沖縄の食材を利用したものを中心にその品目数はなんと30以上。実は、わざわざ沖縄料理を食べに外に行かなくても、ここの朝食を食べるだけで大体は網羅されちゃうんじゃないかと思うほどなのです。では、具体的に見て行きましょう。

ジュース類

まずはドリンク類から。お水に牛乳にオレンジジュースは定番ですけど、沖縄らしい飲み物としては、さんぴん茶やパインジュースが置いてありますね。せっかくの沖縄メニューなので、どちらも美味しくいただきました。

沖縄そば

こちらは沖縄の朝食バイキングでは時々見かける沖縄そばですね。自分で器にそばを盛りつけ、ネギを生姜を入れてつゆを注ぐ形になります。これについては、敢えてここで食べずに専門店で食べた方がいいんじゃないかな?と思いました。沖縄そばはブッフェ向きのメニューじゃないのかもしれませんね。

引き上げ湯葉

こちらは沖縄のメニューではありませんが、なんと引き上げ湯葉なんです。高級なホテルの朝食バイキングでもこのような湯葉って見た事がないような気がします。

生野菜サラダ

こちらは生野菜サラダですね。普段だといただいてもいいかな〜と思うサラダですけど、ここのホテルの場合は、沖縄系の小皿が揃っているので、そちらをどうしても優先してしまうのです。

沖縄家庭料理コーナー

その生野菜サラダの代わりに食べてしまうのが、この沖縄家庭料理コーナーです。写真がコレだけちょっとボケ気味で恐縮ですが、もずくやコンビイリチーやラフテーといった定番のメニューがここに揃っています。この場所には小皿が置いてありますので、そこに少しずつ取っていただくのが、このレストランでのお得な食事方法でしょうね。是非とも、沖縄家庭料理完全制覇に挑戦してみてくださいね☆

デザートコーナー

最後にデザートコーナーになります。サーターアンダギーはなんと手づくりなんだとか!そして、わらび餅自体はありがちなメニューですが、なんと沖縄圏産のサトウキビを使用しているんだそうです。そして、ここに来たら是非ともいただきたいのは、紅イモを利用したうむくじの天ぷら。3品とも沖縄らしいデザートというのが心憎いですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ