ホリデイ・イン サーファーズパラダイス(ゴールドコースト/オーストラリア)お部屋の設備とアメニティをご紹介します☆ - とある台湾観光の旅行記録

ホリデイ・イン サーファーズパラダイス(ゴールドコースト/オーストラリア)お部屋の設備とアメニティをご紹介します☆

2012年6月のゴールドコースト旅行で宿泊したホテルは、ゴールドコースト市内の中心部であるサーファーズパラダイスに位置するホリデイ・イン サーファーズパラダイスでした。このホテル、今見ると10,000円以下で泊まれる日も珍しくないのですが、私が行った日は12,000円〜20,000円というかなりの激高価格だったのです。

それは、ゴールドコーストに行く直前まで気づかないのですが、実は私が旅行した日はもろにゴールドコーストマラソンを被っていたんですね。そりゃ、ホテルの値段も高くなる訳です。しかも、そういう日になぜジェットスター航空の格安チケットが普通に予約できたのかが不思議でした。チケットを取ったの、出発の2ヶ月前くらいだったのに・・・。

ホリデイ・イン サーファーズパラダイスがもっと詳しく知りたいという方は

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

さて、ゴールドコースト空港からタクシーでホリデイ・イン サーファーズパラダイスに到着。値段は大体50ドル(=4,000円くらい)でした。まあ、普段だとバスを使ってもいいんだけど、ちょっと今回は荷物も大きいですし、仕方なかったのかな?と思います。

ロビーの雰囲気

では、早速チェックインをする事にします。今回、午前8時くらいという東○インにチェックインの場合なら冷たく「午後4時(!)までお待ちください」と言われる所ですが、日本便は朝着だからかホテルの方も慣れているんでしょうね。空室があればすぐに案内をしてくださるようです。ちなみに、この時間帯は日本人の方がカウンターをされているので、英語が苦手な方も安心できると思いますよ。

ハンガー

さて、では部屋の中をチェックして行きたいと思います。こちらのハンガーは全部で8本でした。ゴールドコーストはそんなに寒くならないので、上着は少なくても良いですが、水着系を干しておきたいという方ならちょっと不足してしまうかもしれませんね。

シャンプー類

シャンプー・コンディショナーにボディーソープに石鹸などです。さすがにホリデイイングループということまあり、日本のビジネスホテルチェーンに比べると良いものを使っている気がしますね。ぱっと見て日本のPOLA!とか分かりやすいブランドではありませんけどね。

問題のシャワー

そして、こちらがこの部屋では問題と思ったシャワーです。このシャワー、シャワー自体は問題ないのですが、なぜか壁が少ししかなく、かなり意識をしてシャワーをしないと、シャワールームの床にどんどん水がこぼれて行ってしまいます。カーテンくらい付ければ良いと思うのですが、なぜカーテンがないのかな?と疑問に思いました。あと、室内から見えるシャワールームようの窓はラ○ホかよ!って思っちゃいました。

お部屋の感じ

そのお部屋の様子を引いた視点から見てみたいと思います。それほど広いお部屋ではないですけど、10,000円強の値段帯で2名まで泊まれることを思うと、ソコソコのお部屋と言えるのではないでしょうか?

インターネット

インターネットは有線で行う事になります。私のようにLANケーブルがついていないパソコンを使っている人は、無線LAN用のミニルーターを持って行くと便利ですね。

外の風景

今回宿泊するホテルから外を眺めてみます。あいにくの天気ですが、目の前には建物がなく、ゴールドコーストの市街をドーンと見る事が出来ます。右の方を無理矢理見れば、海も見えなくはないですが、どっちみち歩いて2・3分で海ですので、海は歩いて見に行った方が良いでしょうね☆

セキュリティボックス

セキュリティボックスに湯沸かし器もありました。

冷蔵庫

このホテルの冷蔵庫は最初は何も入っていないタイプで自分で購入して来たものを入れる事になります。小さめのペットボトルのお水ですら200円くらいしてしまうオーストラリアなので、大きいペットボトルを近所のコンビニで買って来て、この冷蔵庫の中に置いておきました。この冷蔵庫は大活躍でしたね☆

ベッド

さて、これから4泊を共にするベッドです。値段帯の割には広いベッドですし、寝心地も良かったのではないかと思います。私は記事を書く都合上、ゴールドコーストに再訪しても同じホテルには泊まりませんが、このホテルは1泊2人で10,000円くらい出してもいいかな〜っていう方にはオススメですね。日本語対応しているというのもあって、日本人のお客さんがめちゃくちゃ多いのがある意味難点ではありますけどね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ