香港競馬のハッピーバレー競馬場観戦ツアー(JTB)で上流階級の気分を味わう食べ放題!? 競馬に興味がなくてもオススメ☆ - とある台湾観光の旅行記録

香港競馬のハッピーバレー競馬場観戦ツアー(JTB)で上流階級の気分を味わう食べ放題!? 競馬に興味がなくてもオススメ☆

今回は、2012年7月の香港旅行で、JTBのオプショナルツアーである香港競馬観戦ツアーに参加した時の事を述べて行きたいと思います。今回は、この観戦ツアーの中で競馬場の食べ放題ブッフェだけの写真を掲載してあります。興味のある方は是非ともご覧くださいね☆

さて、皆さんは日本のJRAの競馬に行った事がありますでしょうか?私も友達に連れられて京都競馬場で行われているレースに、少し前のディープインパクトという馬の三冠達成を見に行ったことがあったのですが、国内の競馬ファンの勢いってスゴいですよね。馬券もディープインパクトを買わずに大ハズレでしたし、ああいう所に定期的に行くのはちょっと辛いかもしれないですね。

競馬というとそういうイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、ここ香港は元々はイギリス領。そして、欧州で競馬と言えば貴族のスポーツなのです。テレビのニュースで欧州のG1レースを見た事があるのですが、皆さん着飾っていてまるで貴族の社交場なんですよね。まあ、香港の競馬はそこまでではないですが、今回のツアーで入るツアー席はドレスコードもありますし、日本の競馬とは全く雰囲気が違います。

そんな雰囲気で食べられる食事達はこんな感じなのです☆

そういう日本の競馬とはひと味違った雰囲気の香港の競馬。今回のツアーでは食べ放題のブッフェをいただきましたが、実はこのツアーを晩ご飯と考えて、この独特の雰囲気に包まれるために参加してもいいのでは?と思うほどでした。値段は770ドル(=8.500円)くらいご飯代と考えるとかなり高いですが、たっぷり3時間ナイターの競馬の雰囲気を楽しめる訳ですからね。

ローストビーフからスタートします

このハッピーバレー競馬場の8階にある食べ放題付き観戦席はほとんど埋まっているほどの大人気っぷり。さすがは香港の競馬ですよね。まずは、ローストビーフからいただく事にしたいと思います。このローストビーフ、目の前でシェフが取り分けてくれるんですよね。ロサンゼルスの名店、ロウリーズに比べるとまだまだですけど、食べ放題をロウリーズと比べるのはちょっと酷ですよね。

肉類

上でお肉を食べたのにまたまたお肉をいただく私。今度は右上がドイツ風の煮込みで、左上がマレー風の煮込みなんだそうです。個人的にはドイツ風のカレー風味というお肉が美味しかったですね。ちょっと骨が多くて食べにくいという難点はありましたけどね。

前菜達

いきなり肉ばかり食べてしまいましたが、今度は前菜達をいただく事にしたいと思います。なぜか和風の前菜もあったりしましたけど、日本風ではないものを中心にいただきました。ワールドブッフェということなので、本当に世界各地の料理が揃っているという感じですよね。左側のインドネシア風味のチキンが美味しかったですね。

トマトポタージュスープ

スープはトマトポタージュスープでした。近所のファミレスのスープバーとはやっぱりレベルが違いますよね。こちらも本当は2杯以上いただきたかったんですが、お腹と相談して諦めたのです。

ケーキだらけ

本当はもっと食事をいただく事はできたんですけど、ここのケーキコーナーを見ると、あまりの品揃えにビックリするほどでした。ということで、ご飯は早々に切り上げてスイーツタイム☆ という事にしたいと思います。ケーキ4つにチョコ2つってこれ全部取ってるんじゃないの?と思われそうですけど、和風スイーツはカットしているので、本当はもっと種類はたくさんあります。

正直な所、地元神戸市の美味しいケーキのお店で食べる方が美味しいと思いますけど、食べ放題でこのレベルのケーキを出してくれるのはなかなかない事なのではないでしょうか?これは超オススメですね。

フルーツ

そして、フルーツは南国らしい2品をいただきました。香港と言えば、マンゴープリンが良く出てきますけど、産地として有名なのは台湾の南部ですよね。まあ、気候面からだと香港でもマンゴーは作れると思うんですけど、やっぱり土地の広さ的に厳しいのかな!?これも台湾産なのかもしれませんね。

デザート2

そして、またまたデザートかよ!とツッコマレそうですが、このお皿だけ今までのお皿から1時間以上離れています。それも、18時から始まる食べ放題が料理の方が21時まで、デザートは21:20までなんですよね。ということを、店員さんが言いに来てくれたので、さらに上の皿の分だけ食べることにしました。チーズはここで初めていただきましたけど、もっと早く食べていれば良かったかな?と思ったほどのお味でしたね。ワインも飲み放題なので、アルコール好きの人にはたまらないかもしれませんね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ