海外パケット定額使い放題サービス「Mifi」を実際に1日680円で香港で使ってみる(国内で予約しました編) - とある台湾観光の旅行記録

海外パケット定額使い放題サービス「Mifi」を実際に1日680円で香港で使ってみる(国内で予約しました編)

海外で使えると便利なiPhoneなどのスマートフォンのウェブサービス。国内の携帯各社は海外でもパケット定額使い放題のサービスを提供していますが、例えばドコモで1,980円〜2,980円かかるなど、その値段が意外に高いんですよね。それならば、現地のSIMカードを購入するという裏ワザもあるのですが、国内で購入したスマートフォンはそのキャリアのSIMカードしか使えないので、この手もなかなか使えません。

そんな私が、ソコソコの値段で良い品質のサービスが利用できるサービスとして注目しているのが、海外パケット定額使い放題の「Mifi」のサービスなんですよね。以前はこのサービスも1日1,000円以上してしまったのですが、現在、ホテル予約のエクスペディア先生のサイトで予約すれば、なんと1日430円〜まで値下げされ、一気に使いやすいサービスとなりました。

実際、この430円で借りられる機械はUSBタイプということなので、iPhoneで利用する私には関係ないというのが残念ですね。iPhoneで利用できるWifiタイプだと、一部の国が630円/日から、香港だと680円/日となります。まあ、コレでも高いホテルのネット代や、日本の会社のパケット定額と比べるとかなり安い方なのではないでしょうか?

では、実際にエクスペディア先生のページから予約をしてみましょう。

エクスペディア先生

エクスペディア先生のウェブサイトには、このように430円〜という案内がドーンと乗っています。この430円〜というのは、エクスペディア先生の限定価格のようなので、忘れずに上のエクスペディアのページから予約するようにしましょうね。まあ、この430円はUSBタイプなのに、写真でドーンと乗せているのは630円からのWifiタイプってのはツッコミしないでおきましょう☆

国

まずは国を選びます。国によって結構サービスの値段が違っていまして、例えば先日行ったオーストラリアのゴールドコーストでは、1日980円のレンタル料金でした。香港や台湾などの都会だとなかなか圏外になる事もないでしょうけど、オーストラリアやニュージーランドだと圏外になる事はしょっちゅうでしたね。圏外になると困るという人は、事前に通信可能エリアをチェックしておくべきかもしれませんね。

値段が表示されます。

国をえらぶと、このように値段が表示されます。香港の場合、USBタイプが480円でWifiタイプが680円なんですね。パソコンでしか使わないのであれば、USBがお得ですが、私のようにMacで使い、iPhoneで使い、iPadで使うなんてワガママな人はWifiタイプを選びましょう。全部で5台まで接続可能なので、私のように機械を3台持っていても全然問題はありません☆

パスワード

機械を選択すると、個人情報を入力する画面になるのですが、Mifiに会員登録を行っていれば、クレジットカード情報以外は最初から入力された形になります。でも、IDとパスワードをいつも忘れてしまうんですよね。今回、再発行しましたけど、次に使うのは1ヶ月以上先なので、またまた忘れているんでしょうね。忘れずにいる方法はないのかしら!?

補償プラン

個人情報の入力と同じくして選択するのが、補償プランの有無です。1日367.5円払えば故障しても1円も支払わなくてOKで、1日262.5円払えば80%が免責されます。私は今まで1回もトラブルがなかったので、この補償プランには入った事がありません。5日入ると、約2000円のプラスと元の値段の1.5倍以上になっちゃう訳ですからね。皆さんは必要だと思いますか?

契約終わり

と、最後にクレジットカードの番号と受け取る場所(私の場合は関西国際空港)を入力して契約は終わりになります。5日もインターネットのWi-fi対応ルータを借りて3,400円とは安くなったものだな〜と私は思うのですが、皆さんはいかがお感じになりますか?

3,400円でも、現地のSIMカードを買うよりは高いので、海外で携帯本体を買って、海外のSIMカードに挑戦っていうのもいずれは香港と台北にてチャレンジしてみる予定です。そのために、私はこの香港製のiPhone4Sを去年から使っている訳ですからね。ちなみに、日本で香港のiPhoneを買うと現地より1万以上高いので、どっちみち香港に行く予定があるって方は、現地のショップで買うことをオススメします☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ