利尻亀一(オタトマリ沼)小泉純一郎さんや武部勤さんも訪れたお土産屋さんで、ウニのお寿司にソフトクリーム食べまくり☆ - とある台湾観光の旅行記録

利尻亀一(オタトマリ沼)小泉純一郎さんや武部勤さんも訪れたお土産屋さんで、ウニのお寿司にソフトクリーム食べまくり☆

白い恋人のパッケージにある利尻富士と同じアングルの利尻富士を見るために、ここ利尻島のオタトマリ沼にやってきましたが、雨が降っているのに利尻富士が見えるはずもなく途方にくれるばかりでした・・。現在、宗谷バスのバスツアーに参加中ですが、ここでの滞在時間は30分。もう仕方ないので、このオタトマリ沼で一番大きなお土産屋さんである、利尻亀一で時間をつぶす事にしたいと思います。

利尻亀一

この利尻亀一は今まで利尻島で見た中で、一難の規模と言っても良いほどのお土産屋さんですね。今日のような雨の日はオタトマリ沼をずっと見ていても仕方ないので、書き入れ時と言えるのではないでしょうか?ちなみに、入り口の所には、自民党の小泉純一郎元総理と武部勤さんがこの利尻亀一を訪れた時の写真が掲載されていました。実は、ここは武部勉さんの本拠地である北海道12区なんですよね。

ちなみに、この北海道12区は全国の衆議院の300選挙区の中で最も広い選挙区です。なんと、日本で2番目に広い都道府県の岩手県と同じくらいあるんですよね。そう思うと、その広さが想像できるのではないでしょうか?

ウニ三昧の私ですけど、ここでもやっぱり食べちゃいました。

ウニのお寿司

さて、話を戻しましてお店の中に入って行きましょう。お店の奥の方に入って行くと、お寿司のカウンターのような所があり、ウニが三貫で1,200円と書いてあります。当然、利尻産の蝦夷バフンウニです。今までウニ食べまくりですけど、利尻を離れるとうまいウニはもう食べられないので、ここでも食べておきましょうかね。ちなみに、1個単位で注文OKとのことだったので、2個にしておきました。

海鮮焼き

横を見ると、地元でとれたホタテや北海道名産のトウモロコシが焼いてありました。このお土産屋さんは、今はそれほど混雑していませんが、JTBなどの各種ツアー会社が到着するとその都度大混雑でしょうし、事前に多めに準備しているんでしょうね。

お寿司できました

さて、ホタテの方を見ている間にお寿司が出来上がったようです。見るからに美味しそうなウニですよね。軍艦巻きではありますが、その軍艦からあふれて来てしまいそうなほどです。コレを見ると、今まで近所の回転寿司(100円ではないお店ですけど)で食べていたウニって何だったんだろう?って思ってしまいます。とれるのは今だけなので、通販でもう1回買っちゃおうかな・・っていう勢いですね。

お茶と昆布

さて、お寿司のお供には、飲み放題となっているお茶をいただきました。お寿司を食べていると、店員さんが昆布を配りに来てくれたので、こちらも合わせていただく事にしたいと思います。

コーヒー飲み放題

そして、こちらのお店ではコーヒーが飲み放題と言う事でしたので、コーヒーもいただく事にしたいと思います。本当は利尻富士を見に来たはずなのに、雨だからやけ食いやけ飲みしまくりですね。また、こちらのお水は万年雪の水と書いてありますね。確かに、この7月でも利尻富士には雪が見えていました。

利尻っ子

さて、このお土産屋さんの中には、利尻っ子という昆布が売っていましたので、こちらを4個購入して帰る事にしました。普段はあまりこういうのを買わないんですけど、懐かしい味がしたんですよね。類似品にご注意くださいって書いてありましたので、私が子供の頃家でよく食べていたのは、類似品で間違いないんだと思うんですけどね。

ソフトクリーム券

4個購入すると、2,000円強になりましたが、2,000円分お土産を買うと、ソフトクリームがタダでいただけるんだそうです。先ほどから食べてばかりですが、これはラッキーですよね。こちらがソフトクリームの引換券になります。

いただきました

ツアー参加中で時間が限られているので、早速引き返しました。こちらのソフトクリーム購入すると確か300円だったと思いますので、サービスでいただけるというのは意外にお得なのではないでしょうか?こちらのソフトクリームの牛乳は利尻産ではない気がしますが、北海道産である事は間違いないでしょうね。大変美味しいソフトクリームでした。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ