ピーチ航空、台湾桃園空港ー関西国際空港路線の12月15日からの増便ダイヤ発表。台湾の夜発ができて、一気に使いやすく☆ - とある台湾観光の旅行記録

ピーチ航空、台湾桃園空港ー関西国際空港路線の12月15日からの増便ダイヤ発表。台湾の夜発ができて、一気に使いやすく☆

先日、関西LCCのピーチ航空が台湾桃園国際空港就航を記念して5,980円の記念運賃を発売しました。関西の台湾ファンの皆さんは予約しましたでしょうか?私は台湾好きとしてはやはり乗らないといけないかな〜と思って、早速10月中にピーチで台湾に行く事にしました。

まあ、5,980円の記念運賃で買わなくても、普段から最安値が7,080円(しかも燃油サーチャージなし)なので、元々平日に台湾に行く事が多いというのであれば、最安値で取れることも多いので問題ないのかもしれませんね。ただ、ピーチ航空は土日祝の運賃は意外なほど高くなっちゃう事が多いので、この運賃高いな〜と思ったら、チャイナエアラインやJALと比較して、大手の方が安ければ大手で行った方が良いと思いますよ☆

さて、就航前なのに台湾桃園空港行きの増便が発表されました。

桃園国際空港増便

そんな関西国際空港ー台湾桃園国際空港のピーチ航空の路線ですが、まだ就航前にも関わらず増便が発表されています。先に就航している香港路線がまだ1日1便のままですので、そう思うと関西から台湾へ行くお客さんの数はかなり多いのかもしれませんね。台湾好きとしてはウレシイ限りなのです。

12月15日以降の台湾桃園国際空港行き新ダイヤです。

関西国際空港から桃園国際空港行き
ピーチ21便 7:00〜9:15
ピーチ27便 15:45〜18:00(増便!)

桃園国際空港から関西国際空港行き
ピーチ22便 9:50〜13:15
ピーチ28便 18:35〜22:00(増便!)

最初に発表された1日1便のダイヤでは、朝の関西国際空港出発時間がやたらと早く(台湾に早く着くという利点はありますけど。)、さらに帰りの便が朝9:50と、台北をかなり早めに出ないと行けないちょっと使いづらい時間帯でありました。

今回の増便分の時間帯を見てみますと、個人的には関西国際空港が12時くらいだと嬉しかったのですが、15:45というのは、台湾からの観光客の方が帰って行くのにはちょうど良い時間帯なのかもしれませんね。また、台湾桃園国際空港からの18:35の便は、最終日にも台北をバッチリ楽しむことの出来るスケジュールなのではないかと思います。

とある台湾観光の旅行記録では、台湾で航空券を買うことによって、お得に台湾に行き続ける事を提案していますが、その航空券は台湾発の旅程しか組めないため、最初片道運賃で台湾に行く必要があります。その最初の片道運賃としても、このようなピーチ航空の路線は役に立つのではないかと考えています。

ピーチ航空の最高値は意外に高いってことに注意☆ 比較サイトも見よう。

ともかく関西国際空港ー台湾桃園国際空港の路線が次々と増便されるということは良いことだとは思いますが、運賃の「ハッピーピーチ」は、7,080円〜28,880円となっています。最安値に近い運賃だと燃油サーチャージが入らないので、総額で往復2万円強で行けることになるピーチ航空なのですが、片道2万円を超えるようだと、総額ではチャイナエアラインなどの台湾系の航空会社や、JALの方が安い場合もあると思うので、お得度はちゃんと予約前にチェックしておきたいですね☆(チャイナエアライン好きの方はラウンジが使えるようになるクレカがあります☆

そういう時に便利なのが、JTB系の格安航空券比較サイトである「トルノス」です。上の画像は台湾行きの航空券を直接見られるページなので、事前にブックマークしておいて、もしピーチ航空で往復取るよりもチャイナエアラインやエバー航空などの大手が安い・・ということであれば大手をオススメしたいと思います。いざという時の振替対応なども強いですし、手荷物預けは無料、機内食も無料ですからね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ