台湾の航空会社、エバー航空が桃園国際空港〜函館空港を10月28日に就航 - とある台湾観光の旅行記録

台湾の航空会社、エバー航空が桃園国際空港〜函館空港を10月28日に就航

海外のニュースからになりますが、エバー航空が台湾桃園国際空港ー函館間を直通で結ぶ路線を2012年10月28日から就航する事が明らかになりました。機種はエアバス330で最初は週2便からのスタート、12月2日から翌年3月6日までの間は冬の需要に合わせる形で週3便の運行になるそうです。

エバー航空 台北ー函館便 運行ダイヤ

エバー航空138便:台北11:05 〜 函館15:35
エバー航空137便:函館16:50 〜 台北20:15

現在、エバー航空は成田・羽田・関空・福岡・新千歳・仙台・小松・名古屋と8路線に就航しており、羽田と成田(とちょっと関空)以外はほとんど国際線を飛ばしてくれない日本の某2社とは大きな違いがあります。これは、エバー航空の方が採算ラインが低いなどの事情もあるでしょうけど、そのことによって、○○が日本の地方空港からのハブ空港になるくらいなら、エバーやチャイナエアラインで桃園がハブになればな〜と個人的には思うんですけどね。

これでエバー航空の日本路線は9路線目となります!と言いたい所なんですが、残念ながら名古屋路線が9月2日をもって撤退になるんですよね。名古屋ー台北と言えば需要は多そうではあるのですが、他の路線に比べると台湾の人の観光客を引き寄せるにはパワーが足りなかったのでしょうか。ビジネス需要は多そうなんですけどね。

そんなエバー航空といえば、ANAと同じ航空アライアンスであるスターアライアンスの加盟が決まっていますよね。今のスケジュールでは2013年の半ば頃の加入となる予定だそうですが、ついにあと1年に迫ってきました。

今まではスターアライアンスと言えばANAばかり使う私でしたけど、加盟後は台北でストップオーバー可能なエバー航空で台北以遠に行く事が多くなる気がします。まあ、そもそも現状ではANAで台北に行こうと思うと、かならず羽田か成田までまわらないといけないので、多少面倒になってしまいますしね。

実際、今はエバー航空の台北以遠に行く路線の運賃は非常に安く、特に福岡・小松発のビジネスクラスの運賃はそこまで新幹線や特急で行ってもいいんじゃないの?というほどの価値があります。スターアライアンスの加盟後もその運賃のままだとウレシイんですけど、ANAのマイルが貯められるようになると、もうちょっと運賃あがっちゃうのかな〜というのが心配ですね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ