北海道への海外旅行客が過去最高ペース。台湾からのチャイナエアライン・エバー航空の路線も前年比プラスの大人気☆ - とある台湾観光の旅行記録

北海道への海外旅行客が過去最高ペース。台湾からのチャイナエアライン・エバー航空の路線も前年比プラスの大人気☆

台湾から人気の日本の旅行先と言えば、定番の東京+関東エリア、関西エリアが飛行機の本数的に言うと筆頭に上げられるのでしょうけれども、やはり台湾や香港からの観光客で人気の観光地と言えば北海道が挙げられるのではないでしょうか。

実際、ANAやJALといった日本の航空会社は、ロクに新千歳空港から海外への便を飛ばしてくれない(とはいえ羽田・成田での乗り継ぎは至便ですけど・・。)んですが、台湾の大手2社であるチャイナエアライン・エバー航空はガンガン北海道への路線を飛ばしており、エバー航空が函館に就航するニュースも先日お知らせしましたよね。

トマムで台中からのツアー客に囲まれていたことを思い出しました☆

と、ここまでが前置きで、今回は2012年8月10日の日経新聞に掲載されていた「道内観光客 過去最高ペース 台湾・中国から多く」という記事を一部だけご紹介します。

本格的な観光シーズンを迎え、北海道を訪れる外国人客が増えている。札幌入国管理局によると、新千歳空港の外国人入国者は7月に前年同月比47%増の4万5400人。1~7月累計でも同45%増の22万6100人と、過去最高だった2010年の同時期と比べて5%上回った。台湾や中国からの来道が好調。

昨年は震災の影響があり、北海道への観光客も減少しましたが、今年の北海道への観光客は過去最高だった2010年ペースをも上回っているんだそうです。実際、今年は良く北海道へ旅行に行っているのですが、まだ記事にしていないトマム旅行では、ロープウェイに乗ったらまわりは全部台湾の台中からの団体の観光客だった・・ということもありました。

こちらは、新千歳空港の一風景になります。この新千歳空港は、リンク先を見るとその一部が分かると思うのですが、中にドラえもんのテーマパークがあったり、ロイズのチョコレートの工場があったり、ラーメン街道・映画館・アニメイトまであり、遊ぼうと思うと1日中遊べるくらいの空港になっています。

実際、台湾や香港などからいらっしゃった旅行客が最後に北海道を満喫する上では、絶妙な施設になっているのではないかな〜と思うのです。個人的な趣味では、地元千歳市出身のクリエイターが作る世界的な人気キャラクターに成長した初音ミクをこの新千歳空港では推しているようです。(左上写真は初音ミク展開催時の新千歳空港の様子です。)

それはさておき、現在北海道に来る外国人客の中で最も多いのは、台湾の方ということなのですが、チャイナエアラインで訪れたお客さんは前年比+10%。エバー航空は前年比の人数の数字の記載はありませんが、搭乗率が前年比+10%の84%ということなんだそうです。実際、搭乗率は国内線では6割くらいの統計を見る事が多いように思うので、8割というとかなり人気の路線ということになります。

個人的な北海道に対する要望としては、中国語に対応してくれるのはウレシイのですが、ちゃんと簡体字・繁体字の両方に対応してくれるといいかな〜と思うのです。まあ、各観光地が両方の漢字を理解できる人材を揃えるのは大変かなとは思うのですが、せっかく台湾・香港・大陸から多くのお客さんが来てくださるわけですから、地元としてもちゃんと受け入れ態勢を整えたいですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ