パーク台北ホテル (台北美侖大飯店)。ソコソコの値段で超高品質のホテルのお部屋やアメニティなどをご紹介☆ - とある台湾観光の旅行記録

パーク台北ホテル (台北美侖大飯店)。ソコソコの値段で超高品質のホテルのお部屋やアメニティなどをご紹介☆

2012年6月の高雄・台北旅行で、台北の宿泊先として選んだのはパーク台北ホテル (台北美侖大飯店)でした。ブログをはじめてからは最初の宿泊になりますが、個人的にはこのパーク台北ホテル (台北美侖大飯店)はお気に入りホテルで、宿泊の回数でいうと3回目になりますね。

このホテルは、台北捷運(たいぺいしょううん)の文湖線の大安駅から信号を渡ってすぐの所にあり、この路線上に空港がある台北松山空港からはわずか4駅10分以下という近さなのです。私が利用するホテルの中では高い方なのですが、それでも安い日は1万円くらいですし、2人分の朝食付き、空港からのアクセスの良さを思うとリピートしてしまいたくなるホテルなんですよね☆

そんなパーク台北ホテルの値段や設備・口コミなどはこちらです☆

バスローブ

ホテルの設備で一定のレベル以上のホテルでないと置いていないのが、このバスローブですよね。まあ、私の宿泊するホテルの場合は、置いていない事がほとんどなのですが、ここパーク台北ホテル (台北美侖大飯店)ではバスローブが置いてありますので、部屋で休憩する時はずっとこのバスローブを着たままなのであります☆

お水セーフティーボックススリッパ

こちらは、お水にセーフティーボックスにスリッパですね。スリッパはソコソコの価格帯のホテルらしい、キッチリとした素材のスリッパが置いてありました。お水は1人で宿泊してもキッチリ2本プレゼントしてくれているのはウレシイポイントですよね。

シャワー

続いて、バスルームを見て行きたいと思います。シャワーは特筆すべき点はありませんけど、内装もキレイですし、シャワー自体も快適に浴びる事ができました。

アメニティ

コレくらいの価格帯のホテルのアメニティになると、歯ブラシ・シャンプー系なんかは使わずにお土産にもらって帰ってもいいんじゃないの?と思うほどになってきますよね。まあ、高級ホテルのようにロクシタンなんて事はありませんけど、個人的には十分高級感が味わえる内容なのでありました。

洗面台

洗面台です。このホテルは全体的に内装がオシャレなのですが、この洗面台も丸い形のものが配置されていて、オシャレなイメージですよね。

バスタブ

バスタブも大きくて清潔なものでした。普段、海外旅行ではシャワーだけで済ませてしまうことの多い私ですけど、これくらいのバスタブがあればちゃんとお湯につかろうかなっていう気持ちになりますよね。

机とテレビ

さて、部屋の中に戻ってきました。このホテルの部屋、その広さが34平方メートルもあるんですよね。台北市の中心部という事を思うと、かなり広いお部屋なのではないでしょうか。椅子自体は仕事をするという事を思うと、他の設備に比べると残念感がありますが、全て良い設備を期待するのはちょっと酷というものですよね。

大きなベッド

そして、こちらがベッドです。普段は、1人なら超快適だけど2人で寝るとちょっと狭め?というホテルが多いように思うのですが、こちらのホテルは2人でもかなり快適に寝られる広さのベッドですよね。楽天トラベルのページによると、キングのベッドが置いてあるのだそうです。こんなサイズのベッドに1人で寝るなんてちょっと贅沢すぎますよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ