占い横町 - 台北松江路命理大街(行天宮)占いで有名な場所だけど、本当に占い目当てなら龍山寺の方がいいかも!? - とある台湾観光の旅行記録

占い横町 - 台北松江路命理大街(行天宮)占いで有名な場所だけど、本当に占い目当てなら龍山寺の方がいいかも!?

さて、2012年6月の台北旅行では、行天宮にやってきました。私自身あまり占いには興味がないのですが、実はこの後、野柳方面を見学するJTBオプショナルツアーに参加していまして、その集合場所であるホテルがこの行天宮駅の近くだったんですね。ということで、ついでにこのエリアを観光して行きたいと思います。

占いで有名なエリアだけど意外にガラガラでした。天気の影響!?

さて、以前は行天宮エリアは周りに駅がなかったため、ちょっと行きにくいエリアだったのですが、地下鉄の台北捷運(たいぺいしょううん)の新荘線(橘線)が開通した事により、行天宮駅が新しくオープンし、非常に行きやすくなりました。個人的には良く宿泊するエリアの民権西路駅からだとわずか2駅(歩けよ!)でここまで来れるんですよね。

駅の外の案内

この週の台湾はとにかく大雨でした。この日も天気はかなりの雨であり、今後の事が心配されます。それはさておき、行天宮の占い横丁は駅から北の方にあります。途中に、このように日本語での案内もあるので、それほど迷うことなく占い横丁まではたどり着くのではないでしょうか?

到着です

と、一度も道を曲がることなく地下鉄の出口を出てからただ一本道に歩き続け、占い横町に到着しました。日本語のガイドには占い横町と書いてある事が多いですけど、本当の名前は台北松江路命理大街なんですね。

地下の様子

さて、地下に降りてきました。私は見た目は占いが好きそうな顔をしているためか、目の前を歩くと日本語で次々と勧誘をされます。そんなお店を正面から撮影する勇気はなく、横からの撮影となりますが、今改めて看板を見てみると、日本語は当然ながら、英語・韓国語まで対応しているんですね。なんとマルチリンガルな占い師さんなんでしょう。スゴい才能じゃないですか?

アンダーパス

この地下の占い横丁は、普通の地下道(アンダーパス)も兼ねているため、占いのお店ばかりではなくこのように大通りの下を通るだけの通路もあります。奥の方には、行天宮のお参りで使うような商品を売っているおばちゃんが座っていました。

占い中

まだ朝の時間帯ということもあってか、実際に占いを行っている方は意外に少なかったんですけれども、この店は実際に占い中でしたね。占いにはあまり興味がないけど、台湾の人の日本語OKの占いってどんなものなのか気になりますね。多分、かなり日本語ペラペラなんでしょうね。

閉まり過ぎ

上の写真のお店は開いていたんですけれども、実際はこのように閉まっているお店も多かったです。今日はまだ朝の10時台であること、さらに大雨である事も影響しているかもしれませんけど、お店の数や賑わいだけで判断すると、龍山寺の占い広場の方が断然活気がありましたね。まあ、こちらの方が観光地化しているので、日本語対応の面で言うとこちらの方が優れているんでしょうけどね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ