幣舞橋(ぬさまいばし)- 釧路一の夕焼けの名所!? NHKのニュースでも時々出てきます。 - とある台湾観光の旅行記録

幣舞橋(ぬさまいばし)- 釧路一の夕焼けの名所!? NHKのニュースでも時々出てきます。

釧路市で一番夕焼けがキレイに見えるというスポットである、幣舞橋(ぬさまいばし)にやってきました。こちらの端は釧路駅から北大通をまっすぐ歩いて900メートルくらいになります。バスも結構出てますけど、まあこれくらいの距離だったら歩けるのではないでしょうか?

そして、この幣舞橋って実際にこの場所に来てみると分かるのですが、意外に見た事がある方もいらっしゃる風景なんですよね。というのも、ここ幣舞橋のすぐ近くにNHKの釧路情報局がありまして、釧路関係のニュースや、道東で地震があった時などは、この幣舞橋の映像が流れることになっているのです。NHKニュースをよく見る方は、この事を覚えておくと良いかもしれませんね☆

名所と呼ばれるだけの風景だとは思うけど、iPhoneで撮影するのは限界!?

フィッシャーマンズワーフ

さて、釧路駅から南へ900メートル歩いてきました。この幣舞橋までは大体歩いて10分強と言った所ですかね。そして、幣舞橋の横には、このような大きな建物がありまして、こちらはフィッシャーマンズワーフになります。フィッシャーマンズワーフと言えば、どうしてもサンフランシスコのものを思い出してしまいますが、意外に世界各地にある施設なんですよね。まあ、日本語で漁師の埠頭って意味だからそりゃ世界中にありますか・・。

幣舞橋

ということで、幣舞橋はこちらになります。こちらは釧路駅側から撮った橋の様子ですね。この橋がかかっている川はその名もズバリ釧路川でして、さらにこの橋は全長124m、幅33.8mもあるのです。意外に規模の大きい橋ですし、交通量も思ったよりも多いのには驚きましたね。

6車線

そんな大規模な橋なので、この橋は片道3車線の合計6車線もあるのです。奥の風景は、海側とは逆の風景ですね。写真だとちょっと分かりにくいですね。

夕焼け

では、こちらが釧路で最も美しい風景の一つと言われる夕焼けになります。まあ、今日はスッキリ晴れていたはずなのに、夕焼けを見に来ると雲がたくさん出てくるというのは、私の宿命なのかもしれませんね。それでも、フィッシャーマンズワーフのバックに見えている夕焼けは結構美しい風景かな〜と思ったのでした。さすがに、iPhoneで夕焼けを撮影するのは難しいとも思いましたけどね、

フィッシャーマンズワーフと逆側

ここは、フィッシャーマンズワーフというだけあり、フィッシャーマンズワーフと逆側には漁船が多数停泊していました。朝になると、ここから次々と漁船が出て行くのでしょうね☆

都会な釧路市

旅行好きなのに、細かい地理まではあまり詳しくない私。今回釧路へは初めてやってきたのですが、実は釧路市は人口18万人も居る大都市だとは知らなかったのです。そう言う訳なので、中心部のこの幣舞橋の周辺もかなりの都会なんですよね。残念ながら、オフィスビルや商業施設は空きも多かったのですが、それは北海道内で札幌に集中する傾向があるようなので、仕方ないことなんですかね・・・。

橋のたもとから

最後に橋のたもとから釧路川を撮影しました。この川って、意外に水面と地面が近いような気がしましたね。それだけに独特の風景になっているような気もしますけどね。途中、観光バスの団体さんもやってきたり、このあたりは釧路市内でも随一の賑わいとなっているので、道東に旅行に来ることがありましたら、是非とも訪れてみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ