海皇粥店 (銅鑼湾/香港島) 店名にもなっている海皇一品粥は内容盛りだくさん☆ こういうお店が大阪にもあればいいのに。 - とある台湾観光の旅行記録

海皇粥店 (銅鑼湾/香港島) 店名にもなっている海皇一品粥は内容盛りだくさん☆ こういうお店が大阪にもあればいいのに。

2012年8月の香港旅行で、香港島の銅鑼湾(コーズウェイベイ)近辺で朝食を食べる事にしました。手持ちのガイドブックから、どの店に行くかな〜と迷って決めたお店が、今回ご紹介する海皇粥店になります。香港の朝ご飯と言えば、やっぱりお粥は欠かせませんよね。ホテルの朝食も良いですけど、時々は朝食のついていないプランで外で食べるというのも良いと思いませんか?

せっかくなので、超高い海皇一品粥をいただきます☆

海皇粥店

さて、今回宿泊しているシティガーデンホテルから海皇粥店までは歩けない事もない(多分2キロくらい?)のですが、せっかく香港はトラムが安いのでトラムで海皇粥店まで向かう事にします。まあ、どこでトラムを降りれば良いのか分からないのが難点ですけど、それは地図を見ながらカンで降りるしかないですよね。

お店の中へ

さて、お店の中に入ってきました。今回はそれほど混雑している訳ではなさそうですね。この1人席に陣取って、おばちゃんに注文をする事にします。

海皇一品粥

今回は、メニューの中で最も高い商品の一つである海皇一品粥を注文する事にしました。ちなみに、このお店のメニューには日本語も併記されてあるので、かなり注文をしやすいお店なのではないかと思います。この海皇一品粥は魚肉に鶏肉、そしてカニ蒲鉾など盛りだくさんの内容となっていて、価格は38HK$(=400円くらい)です。

油条

一緒に揚げパンはいかが?と聞かれたので、その営業力に負けて揚げパンも一緒にいただく事にしました。まあ、セットの揚げパンなので、それほど出てくる訳ではないんだろうと高をくくっていたのですが、なんとこんな大容量の油条がやってきたのでした。油条は好きなんですけど、さすがにコレは多過ぎますよね。まあ、頑張って全部食べましたけどね。

お粥

待つ事数分、海皇一品粥も運ばれてきました。油条からして予想はついたのですが、こちらのお粥もとにかく多い!実際は、お粥は米粒がかなり溶けているので、そこまでの量ではないのですが、見た目には驚いてしまいますよね。

付け合わせ

お粥にはマメや漬物などの付け合わせが付くようです。マメが横の皿にはみ出して行っているのが香港らしいアバウトさなのかもしれませんね。

魚肉ボウル

上の写真だと具材があまり分からないかもしれませんので、魚肉ボールだけ別途撮影してみました。日本ではこういうものはあまり食べないんですけど、やはりお粥には魚肉ボールが合いますよね。この海皇一品粥、オススメですよ。

朝食全体図

朝食はここまで紹介した商品で以上となります。全体図を撮影してみるとこんな感じ。まあ、朝食としてはちょっと多いように思いますけど、ホテルの朝食バイキングだともう少し多く食べていると思うので、こんなものなのかもしれませんね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ