大ちゃん本舗(釧路市/釧路駅北口)ウスターソースでいただく釧路流のザンギ(唐揚げ)は絶品!? - とある台湾観光の旅行記録

大ちゃん本舗(釧路市/釧路駅北口)ウスターソースでいただく釧路流のザンギ(唐揚げ)は絶品!?

ANA香港発券のチケットを使って、なんと片道約5,000円で釧路までやってきましたが、釧路に来ると食べたいものの一つがこのザンギ(唐揚げ)ですよね。北海道に行くと、鶏肉以外も同じ調理法で作っているとザンギと呼ぶようなのですが、こちらのお店で食べるのは一番ノーマルな鶏肉で作っているザンギとなります。

今回、店員さんに聞いたのですが、釧路のザンギというのは独自のソース(釧路ソース?)をつけていただくものなんだそうです。最近、関西でもザンギというメニューを出すお店が増えたように思いますけど、釧路ソースはさすがに未経験ですよね。では、実際に食べてみたいと思います。

ひとりで行く人へ!絶対多いので、ハーフサイズを頼みましょう☆

大ちゃん本舗

ということで、釧路駅の北口にある大ちゃん本舗にやってきました。このお店、釧路駅の南口からも結構目立つように見えていますし、駅のホームからも見える店なんですよね。実際、釧路駅は南口が中心で、ホテルも南口ばかりにあるので、北口はなかなか行かないんですが、今回は釧路湿原からの帰りのバスが北口経由南口行きだったので、北口で下車する事にしました。

できていました

釧路ザンギは店員さんに言えば、5〜6分で新しいものを作ってくれるとありましたが、出来ているものがあるのに新しく購入するのも店員さんに悪いので、今回は出来ているものを購入することにしました。ニンニクベースの釧路風ではないザンギと、生姜ベースの釧路風ザンギの2種類があると言う事ですが、そりゃ釧路風のザンギを選ぶに決まっていますよね☆

ちなみに、普通サイズで600円、ハーフサイズで350円になるのですが、普通サイズは多分300グラムくらいはあるのではないでしょうか。コレくらいでも余裕?と高をくくっていたのですが、意外にその量は多く、食べるだけでテレビチャンピオン状態となってしまいました。お一人の方は無理せずにハーフサイズを選ぶようにしましょうね。

おにぎり屋

と、まさか大ちゃん本舗のザンギがこんなに多いとは思わなかったので、釧路駅の中にあるおにぎり屋さんでさらにおにぎりを1つ買ってしまいました。しかも買ったのはザンギおにぎりです。調子に乗り過ぎ?まあ、おにぎりもちょっと大きかったのは反省ですね。

食べます

ということで、ホテルに帰って来て晩ご飯をいただく事にしたいと思います。今回はついでにガラナも買ってきました。おにぎりにザンギにガラナなんてなんて健康に悪いんだろうと思ってしまうんですけど、まあたまにはこういう晩ご飯も良いでしょう。

唐揚げ

ということで、大ちゃん本舗のザンギをいただきたいと思います。写真だとなかなか美味しそうに見えないのが普通だと思うんですけど、このザンギは写真で振り返ってみても美味しそうですよね。実際、生姜味も効いていてかなり美味しいザンギでした。

ザンギソース

このザンギはこのウスターソースベースのソースにつけていただきます。ウスターソースに胡椒に何が入っているのかは不明だったのですが、確かにこのソースにザンギは合っていましたね。是非ともこのザンギ、釧路に来て体験していただければと思います☆ ただ、ひとりで食べるにはさすがに多過ぎました。味も変わりませんしね。前述しましたが、1人の方はハーフサイズを食べるようにしましょうね。

おにぎり

そして、こちらはザンギおにぎりとちくわの天ぷらです。ザンギおにぎりは160円でちくわの天ぷらが40円でした。ザンギおにぎりはさすがに、ザンギ屋さんのザンギと比べるのは厳しかったでしょうか。まあ、おにぎりとして食べるなら美味しいおにぎりなのではないかと思います。せめて、ここは違うおにぎりを選ぶべきでしたね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ