博多麺々 板宿店(板宿駅/神戸市須磨区)神戸市西エリアでは第2位の評価。禁煙のランチタイムが狙い目!? - とある台湾観光の旅行記録

博多麺々 板宿店(板宿駅/神戸市須磨区)神戸市西エリアでは第2位の評価。禁煙のランチタイムが狙い目!?

台湾主題のブログなのに、神戸のラーメン屋さんかよ!しかも住宅街かよ!と突っ込まれそうなんですが、意外に検索から神戸の飲食店でいらっしゃる読者さんも多いようなので、コツコツ地元の店はご紹介して行きたいと思います。

さて、私の住む神戸市は洋食やケーキなどは美味しいお店が多いと言われているのですが、ラーメンはどちらかというと不毛地帯と言えるのかもしれませんね。北海道や福岡に行くと良くラーメンを食べており、このブログでもなんと朝飯で元祖長浜屋に行ったりしていますが、これくらいの味のラーメンが神戸にもあればいいかな〜と日頃から思っている所なのです。

今回、用事があって、神戸の中心地である三宮から地下鉄で13分くらいの須磨区・板宿に寄る機会があったのですが、こちらの地区で調べてみると、口コミサイトで神戸市西地区(垂水・西・須磨の3区)で2位のラーメン屋さん博多麺々があるということなので、早速行ってみることにしました。

タバコ苦手族は、ランチタイムか夕方早い時間がオススメ!?

お店の全景

さて、板宿駅にあるラーメン屋さん、博多麺々にやってまいりました。このラーメン屋さん、三田駅・新長田駅にも出店しているのですが、その本店はなんと三田なんですよね。神戸近辺以外の方だと、三田と言えば三田牛が思い浮かぶかもしれませんが、実際は牛の知名度ほど大都市でもないですし、その三田が本拠地だというのに私は驚いてしまいました。

メニュー

こちらがメニューになります。ここ神戸市須磨区の地で本格的な博多ラーメンの味がいただけるというのはウレシイことではあるのですが、如何せん値段がちょっと高めですよね。最もノーマルと思われる響ラーメンのノーマルで650円してしまう訳ですからね。それに卵トッピング120円、替え玉120円は、博多の感覚からするとなんて高級品なの!という感じでしょうか。

14時まで禁煙

今回は、事前に禁煙タイムのチェックなどは行っていなかったのですが、店の中の展示によると、14時までのランチタイムが禁煙タイムで、それ以外の時間は喫煙OKという風に明確に分かれています。ということで、私のようなタバコ苦手族はランチタイムに来るべきということなんですね。まあ、実際ランチタイムに行けるかというと、なかなかこの場所にランチタイムに用事はないんですけどね・・。

響ラーメン

ということで、今回は一番ノーマルなラーメンということで、響ラーメンを味玉入りでいただく事にしました。麺は細麺の固さも普通ということにしています。少し脂の浮いているそのスープの見た目は人気の博多ラーメンのようにも見えますよね。

当然細めんです

博多ラーメンと言えばやはり細麺ですけど、もう一つたまご麺という選択肢もこのお店にはあるんだそうです。そういえば、結局替え玉をしたんだから、もう1杯はたまご麺にしておくべきだったのかもしれませんね。コレは反省材料とする必要がありそうです。

もやしと高菜は入れ放題

テーブルの上にお決まりのもやしや高菜がないのかな〜と思ったのですが、店内に「この時期は痛みやすいので冷蔵庫にしまってあります」と書いてありました。ということで、替え玉をする時に店員さんにもやしと高菜をいただく事にします。そのままでも美味しいスープでしたけど、どうしても替え玉をする時は味を変えたくなってしまうものなんですよね。高菜を入れ過ぎて後悔・・なんてこともよくある気がしますけどね。

替え麺の時に入れました

ということなんですが、今回も例に漏れず替え玉のタイミングでもやしと高菜をドバーっと入れてしまいました。多少高菜の味が勝ってしまった感もあるんですけど、ノーマルのスープは最初の1杯で十分にいただきましたし、高菜の味が勝ってしまっているこのラーメンも私の好みの一つかなと思いました。

こんな感じで、博多ラーメンの店としては定番の2杯をいただいたのですが、できれば半替え玉があると良かったのと、替え玉と味玉が共に120円というのは、私としてはちょっと高かったかな・・というのが感想です。値段が高い事に目をつぶると、ラーメン不毛の地である神戸市で食べるラーメンとしては、かなりのレベルなのではないかと思いました。また、ふとラーメンが食べたくなったら、わざわざ板宿駅で途中下車してみたいと思います☆

博多麺々 板宿店

住所兵庫県神戸市須磨区戎町2-2-5
行き方:山陽電車・地下鉄板宿駅の一番近い出口から100メートルほど、改札からは徒歩5分くらいかかります。
営業時間:平日 午前11:00~午後3:00 /午後 5:00~翌朝4:00
土曜日 午前11:00~翌朝4:00
日・祝・休日 午前11:00~深夜1:00

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ