圧倒的に安いキャセイパシフィック航空の台湾発券。3ヶ月に1回台湾に行きたい人なら台湾で航空券を買いましょう☆ - とある台湾観光の旅行記録

圧倒的に安いキャセイパシフィック航空の台湾発券。3ヶ月に1回台湾に行きたい人なら台湾で航空券を買いましょう☆

このブログはとある台湾観光の旅行記録なのに、夏場の旅行はいつもと変化をつけるために、あえて香港発券のチケットで香港と日本を往復し続けて、さらに国内のマイナーな都市にも安く行くということに挑戦してみました。

実際、上のリンク先のような香港発券の買い方は、自分のホームの空港にANAの直行便が就航していないと不可能なので、本当は台湾発券で行いたい所、関西在住の私は香港発券で行わざるを得なかった訳なんですよね。実際、エバー航空と提携しているとはいえ、ANAも関西ー台北を1日1便くらい飛ばしてよ!と思うのですが、日系の会社はLCCを除くと不思議なほど国際線は関西軽視なので仕方ないのかもしれませんね。まあ、香港の直行便があるだけマシなのかな・・。

ということで、香港発券のチケットも9月で終了となりまして、9月からはまた台湾発券のチケットで日本とを往復し続けることになります。今年の前半は、ANAとJALで台湾と日本を往復する事が多かったのですが、台湾発券のこの両社のチケットは有効期限が1ヶ月という縛りがキツいですよね。

沖縄ー東京ー台北にしても往復で10,000円くらいしか変わらないので、わざわざ沖縄経由にする事によって、マイルは爆発的に貯まるのですが、私のマイルは既に45万マイルくらいあり、来年度のANAプラチナ会員も確定したので、これ以上のマイルは不必要かなと思いました。ということで、今回は、キャセイパシフィック航空の台湾発券のチケットで地元大阪との往復の航空券を買う事にしたいと思います。

今回は、9月に台湾から関西国際空港、12月に関西国際空港から台湾に行くチケットを勝っています。この間、3ヶ月も台湾空くの?と思われそうですが、この間には10月に就航するピーチ航空で台湾に行くチケットを別途購入済みなので、3ヶ月も間が空く事はありません☆

定期的に台湾に行きたい人には最強のチケット。キャセイパシフィックです。

さて、台湾桃園国際空港ー関西国際空港に就航する会社は全部で8社ありますが、このうち、LCCのピーチ航空とジェットスターを除くと、実は一番安く台湾発着の航空券を買える可能性が高いのは、キャセイパシフィック航空になります。

日本発着だと、チャイナエアラインも安く買える事が多いのですが、さすがチャイナエアラインは台湾が地元。日本で買うとANAとJALの運賃が驚くほど高いように、チャイナエアラインも台湾発着で買うと、日本で買うようには安く買えず、ANAやJALと同水準くらいの値段になっている事が多いように思います。それでも日系と同じくらいというのが、日系はやはり強いと言えるのでしょうかね?

その一番安く買えるキャセイパシフィック航空の台湾発券のチケットについて、今回はビジネスクラスのチケットを購入してみたいと思いますが、ANAとJALの同じ価格帯の条件のチケットに比べて条件も良く、日系両社が1ヶ月以内に台湾に戻らないといけないのにたいし、キャセイパシフィック航空の有効期限は3ヶ月と非常に長く、それでいて料金も日系両社より安くなります。安い運賃だと、沖縄発着に出来ないので無駄にキャセイのマイルを貯められないのは難ですけどね。

ということで、実際にチケットを買ってみました。

購入結果

ということで、実際に台湾桃園国際空港ー関西国際空港を結ぶビジネスクラスのチケットを買ってみました。税金などを入れてコミコミの値段は42,046台湾$(=109,000円くらい)。うーん、日本で買うよりは安いけど、コレだけ長文の記事で推すほどじゃないんじゃない?と思われそうですけど、これは実は2人分なのです。ということは、1人分だとビジネスクラスの台湾ー関空の往復が54,500円くらいということ。

実際、今キャセイパシフィック航空のウェブサイトで、エコ得5スペシャルというキャンペーン運賃を期間限定にてLCC対抗で出しているのですが、それでも日本人からは運賃が取れるからか、総額では45,660円になってしまうのです。それが台湾発だと+9,000円くらいでビジネスクラス。これだと、3ヶ月に1回、年4回くらい台湾に行きたいな〜って人ならキャセイパシフィックを使おうかな?という動機付けになりますよね。

実際、キャセイパシフィック航空の台湾発券のチケットは、東南アジア・オセアニアに行くのも非常に安く、関空ー台北ー香港ー東南アジア・オーストラリアなどという乗り換えが気にならないのであれば、日本発のチケットを買うよりも断然安く買えます。(ただし関東地域の方は、チャイナエアラインの台北経由・東南アジア行きビジネスクラスがこのルートと変わらない値段になります。詳しくは海外航空券トルノスのサイトにて☆)

こういったルートで、台湾を始め、東南アジアやオセアニアの旅行に興味がある方は、日本のキャセイパシフィック航空のページからでも、出発地にTPE(台北)と入れると色々なビジネスクラスのチケットを検索できますので、興味のある方は一度調べてみてくださいね☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ