釧路ロイヤルインの5000円のホテルとは思えない最高の朝食バイキング。 - とある台湾観光の旅行記録

釧路ロイヤルインの5000円のホテルとは思えない最高の朝食バイキング。

2012年8月の釧路旅行で宿泊したホテルは、釧路ロイヤルインでした。このホテル、値段がシングルで5,000円前後なのに、立地が釧路駅の真ん前というのが魅力の一つなのですが、このホテルの評価を確固たるものにしているのが、今回ご紹介する朝食だと思います。

この釧路ロイヤルインの朝食、パン系で攻めるか・和風で攻めるかで大きくメニューが変わってくるのですが、今回は和風メニューを中心にいただいた2泊目の朝食をご紹介したいと思います。他の日はパン中心の食事にしているのですが、その食事はまた別の記事でご紹介する事にしたいと思います。

そんな釧路ロイヤルインの設備や値段をさらにチェックしたい人は

ビジネスホテルの評価は朝食で決まるという人もいますけど・・・

朝食全景

これが、釧路ロイヤルイン2泊目の朝食になります。これで和風かよ!とツッコマレそうですけど、和風・洋風どちらかと言われると和風ですよね・・ということでお許しいただければと思います。ここの売りであるパンを食べていませんしね。

おかず皿

まずは、サラダと揚げ物です。美味しそうな北海道産のウインナーに、温野菜のキャベツとニンジン、そして釧路風唐揚げの組み合わせになります。ザンギというと、関西地方では鶏の唐揚げの事を言いそうですけど、この皿のイカの唐揚げも作り方がザンギと一緒であれば、釧路ではザンギと呼ぶようです。

目玉焼き

ビジネスホテルなので、さすがに目の前でオムレツを焼いてくれる・・という事はないのですが、目玉焼きが常に準備されています。卵好きの私なので、1日1個ずつ欠かさずいただいちゃいました☆

お味噌汁

こちらはお味噌汁ですね。ネギや厚揚げなどの具材を自分で入れることになっていたのですが、自分で具材を入れるパターンの味噌汁はどうしても具沢山になってしまうのは宿命でしょうね。

卵

生卵も美味しそうだったので、いただくことにしたのですが、見事割るのに失敗してしまいました。この写真では見えなかったのですが、巨大な殻もこの中にはまだ残ったままだったようです。久しぶりに卵を割ると難しいものですね。

漬物

こちらは胡瓜の漬物に、昆布巻きとカクテキキムチですね。特にカクテキキムチは北海道にはあまり関係がなさそうですけど、たまには食べたくなるものですよね。

炊き込みご飯

こちらは、北海道最高級のお米とも言われるゆめぴりかを使った炊き込みご飯だそうです。たくさんよそっているように見えますけど、器が小さいので普段よりはむしろ食べていない方なのかな!?

オレンジジュース

ご飯のお供にどのドリンクをいただくか迷いましたが、牛乳と迷った結果、本日はオレンジジュースをいただく事にしました。

ヨーグルト

そして、食後にはフルーツミックスにヨーグルトをかけていただきます。ヨーグルトは北海道産でしょうけど、フルーツミックスはあまり北海道とは関係がなさそうですね。

コーヒー

そして、食後にはコーヒーをいただきます。それほど規模の大きいホテルではありませんが、コーヒーメーカーに並ばないようにという配慮で、2台以上のコーヒーメーカーがスタンバイされていました。それほど高いホテルでもないのに、随所に気配りが見られましたね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ