甘や茶屋 麻布柴火[TAKIGI] (北角/香港)店名は和風ですけど、朝食時間帯は和風メニューと関係ありません☆ - とある台湾観光の旅行記録

甘や茶屋 麻布柴火[TAKIGI] (北角/香港)店名は和風ですけど、朝食時間帯は和風メニューと関係ありません☆

今回宿泊しているアイビス香港ノースポイントがある北角地区は、香港のガイドブックでは端の方にあって、ページ数の少ないガイドブックだとカットされちゃってる場合もあると思うのですが、実際に来てみると下町という感じで、地元の人で賑わう飲食店が多数あります。次にこのエリアに宿泊するのはいつになるか分かりませんので、今回は北角エリアで色々なものを食べて行きたいと思います。

今回訪れた甘や茶屋 麻布柴火[TAKIGI]は、MTRの北角駅A1出口から西側へすぐの所にあります。駅の出口からだと運が良ければ歩いて1分、今回宿泊したホテルからだと歩いて2分くらいでしょうか。店の名前は見るからに和食っぽいお店なのですが、今回訪れた朝食時間帯は、必ずしもそうではないようですね。

5HK$(=50円)の追加で頼めるスープが大き過ぎて驚きました。

甘や茶屋 麻布柴火入り口

2012年8月の香港旅行では、ホテルの近所だったので、何度も何度も目の前を通った甘や茶屋 麻布柴火。昼間や夜の時間帯だとお店の前でお姉さんが「いらっしゃいませ〜」と勧誘してくるのですが、この時間帯は店員さんが少ないのか、勧誘はありませんでした。今回は朝食のため、午前9時台にこのお店を訪れています。

朝食メニュー

見るからに和風のお店なのですが、朝食メニューはこのような感じで洋風なものとなっています。普段、香港の朝食と言えば、お粥とか点心とか香港っぽいものばかりチョイスしているような気がしますので、たまにはこういう選択もありなのかな〜と思うのです。ということで、このお店に入ってみるとしましょう☆

和風なお店

さすが、名前に茶屋・麻布と付くだけあって、お店の内装は見るからに日本風となっており、さらにオシャレでかなりのキレイさです。朝食時間帯は安いんですけど、それ以外の時間帯はソコソコの値付けがされているお店のようなので、それにも納得と言った所でしょうか。

マカロニトマトループ

今回は、朝食セットに5HK$プラスでトマトスープがつけられると書いてありましたので、トマトスープの私は喜んで注文することにしました。このトマトスープ。メニューでは分からなかったのですけど、結構大きいんですよね。写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、このスープ、下の写真のメインプレートと同じくらいあるのです。正直、私が想像したスープの3倍はありましたね。逆に言うと、値段的には結構お得ということなんでしょうね。

メインプレート

こちらが、トースト・トマト・スクランブルエッグ・ハム・ウインナーの洋食セットになります。こちらは23$(=240円くらい)ですね。この洋食セットだとケチャップが付いているといいかな〜と思うんですけど、それは日本人の間隔でしょうか。全体的に朝食としてはソコソコの美味しさだと思うのですが、ハム・ウインナーは日本の味付けの方が濃くて美味しい気がするんですよね。香港のハムとかウインナーは自分で塩で味付けを加減しなさいってことなのかしら!?

コーヒー

さて、食後のコーヒーといいつつ、ここのお店のコーヒーはメインプレートと一緒に運ばれてきました。香港のコーヒーはコレくらいの値段ならインスタントかもしれませんけど、日本の定食屋さんのコーヒーよりは美味しい気がするんですよね。台湾もカフェ文化が盛んですけど、台湾・香港はコーヒーの美味しい土地柄なのかもしれませんね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ