なぜかペット屋さんが異常に多い臨江街観光夜市近辺の風景と、茶土曇(Tea Tank)のパールミルクティー(珍珠奶茶) - とある台湾観光の旅行記録

なぜかペット屋さんが異常に多い臨江街観光夜市近辺の風景と、茶土曇(Tea Tank)のパールミルクティー(珍珠奶茶)

前回の台北旅行記事では、MRT六張犁駅から北に10分くらい行った所にある日本人に大人気の小籠包屋さん・明月湯包を訪れましたけど、今回はそこからさらに北に5分くらい歩いて、臨江街観光夜市まで行きたいと思います。まずは、明月湯包から臨江街観光夜市に行くまでの道なのですが、この夜市に行くまでの道はなぜかペットに関するお店が多いんですよね。

ペット自体のお店が多いのは当然の事ですけど・・・

愛猫園

さて、このあたりは臨江街観光夜市の近くだからという事もあってか、タダでさえ台湾タイムは夜が遅めなのにも関わらず、ここの猫関係のショップなんて、午前2時まで営業しているんですよね。ペットショップが午前2時までってどこの居酒屋やねん!とツッコミたくなりませんか? と思いきや、朝の営業も台湾タイムで考えると 早くても11時くらいから? と思ったら朝9時からなんですね。結構熱心な会社でしょうか。

カワイイ猫

このあたりのお店って、実際見ているだけでも和んでしまいそうなお店ばかりなんですけど、買わないのにバンバン写真を撮るのは気が引けるので、こっそり1枚だけ撮影しちゃいました。まあ、こんな感じでペット自体を売るお店だけではなく、このあたりはペットの美容室や、ペットのレストランらしきお店まであるのです。ペット好きの聖地というべき所なんでしょうね。

ということで、臨江街観光夜市までやってきました。明月湯包に夕方5時に開店突撃しているので、この時点でもまだ午後6時にはなっていないんですよね。この時間だと、まだ夜市にはちょっと早いようで、道の真ん中にドーンと出てくるお店はほとんど営業していない状態でした。まあ、お店が揃うまでしばらく散歩をして待ちますか。

茶土曇

ということで、休憩の定番と言えばタピオカミルクティーですよね。夜市ともなれば当然何店舗もお店はあるのですが、今回は店がキレイという理由で、この茶土曇さんのタピオカミルクティーをいただく事にしました。ウェブサイトを見てみると、現在は5店舗のチェーンで加盟店募集中って感じですね。まあ、珍珠奶茶も台湾名物とは言え厳しい業界だとは思うんですけどね。

値段

珍珠奶茶の値段はこんな感じとなっており、大は40元(100円くらい)・中が35元(85円くらい)となっています。大でも良いんですけど、あまり飲み過ぎるとお腹を壊すかもしれないので、遠慮して中を注文するようにしたいと思います。

できました。

ということで、待つ事数分。珍珠奶茶をいただきました。ピントが合ってるのか合ってないのかちょっと微妙な写真になってしまっているのは私のiPhone操作技術の限界なんでしょうか。良い写真の時は、めちゃくちゃ良い写真になる気がするんですけどね。

タピオカごろごろ

こんな感じで、さすが台湾のタピオカミルクティーだけあって、タピオカがゴロゴロ入っています。正直、これだけでも私はお腹いっぱいになってしまうのでは?と思ってしまうほどですね。日本でも最近珍珠奶茶を見かけることは多くなった気がするんですけど、どこで飲んでも高い割にはタピオカの大きさがショボいんですよね。なぜ、台湾で飲むのと違うのだろう?と疑問に思うのですが、なぜなんでしょうね!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ