トラベラーズラウンジ(香港国際空港)プライオリティパスで利用可能☆ 香港のラウンジらしく食べ放題は豊富です。 - とある台湾観光の旅行記録

トラベラーズラウンジ(香港国際空港)プライオリティパスで利用可能☆ 香港のラウンジらしく食べ放題は豊富です。

今回は、香港国際空港の空港ラウンジであるトラベラーズラウンジをご紹介したいと思います。このトラベラーズラウンジは、楽天プレミアムカードに付随しているプライオリティパスを利用すれば、誰でも入ることが出来るラウンジなので、航空会社の提供するラウンジよりは敷居が低いですね。

敷居が低い分、ANA利用時のラウンジであるユナイテッドクラブよりはちょっと客層がイマイチで、堂々とソファーで横になって寝ている人もいたのですが、まあラウンジですので治安が悪いという事はないと思います。ただ、色々な国の人がいる訳ですし、貴重品には気をつけておきたいですね。

今回は、ラウンジを利用する皆さんが一番気になる部分である、トラベラーズラウンジの食べ放題のブッフェをご紹介したいと思います。サラダからお肉に香港のラウンジらしい麺類もあったりと、エコノミークラスの機内食はパスして、ここで食べちゃっても良いのではないかな〜?と思ってしまうほどですね。では、詳しくご覧いただければと思います。

今、写真を振り返っても美味しそうに見えてきました。

コーラ

まずは飲み物ですが、ここのラウンジの飲み物は紅茶やコーヒーを除くと、基本は缶の形での提供となります。食事のお供にどの飲み物を飲もうか迷ったんですけど、今回はコーラをいただく事にしました。この後ビジネスクラスに乗るのに、食事を食べると食べ過ぎ?と思われるかもしれませんが、それを踏まえてなんとここには搭乗4時間近く前にやって来ています。これぞ取材魂!?

サラダ・野菜炒め・チキン

では、実際に私がいただいたものの中身を見て行きたいと思います。サラダはコーンなど少ししか取っていませんが、いわゆるサラダバーという感じで他の生野菜も豊富に置いてありました。私は外国ではあまりサラダバーは食べないんですよね。そして、中華風の野菜炒めに、チキンもありました。このチキンは意外に美味しかったですね。もうちょっといただいても良かったかも!?

フィッシュボールヌードル

こちらはその場で作ってくれるヌードルバーのフィッシュボールヌードルになります。日によって代わるのかもしれませんが、今回はこの1種類のみとなっていました。フィッシュボールヌードルというと、どうしてもシンガポールを思い出してしまうのですが、シンガポールも中華系ですし、そう思うとここ香港で東南アジアの麺類が提供されたとしても、違和感はないのかもしれませんね。

お米の麺

フィッシュボールヌードルに入っているのは、中華麺ではなくお米の麺ですね。東南アジアでは良く見かける麺ですが、個人的には結構好みです。フィッシュボールなどの具が実際の味以上に写真でうまく撮れているように思います。実際、ソコソコは美味しかったと思いますけど、もうちょっと味付けが濃いとさらに美味しかったかな〜と思います。でも、外国の人が日本のラーメンを食べると味が濃過ぎると感じるという記事を見た事があります。国によって味覚は異なるんですね。

コーヒー

食後には、高そうなコーヒーメーカーで作るコーヒーをいただきました。こちらのコーヒーメーカーはなぜかロングブラック(オセアニアで良く見かける)が選択できるのが印象的でしたね。オセアニア製のコーヒーメーカーだったのでしょうか!?

菓子など

上であれだけ麺とおかずをいただいたのに、デザート系もこれだけいただいてしまいました。ガトーショコラに、ラウンジの定番であるピーナッツ、そしてプリンかと思いきや食べると豆腐?と思ってしまう謎のデザートの3種類でした。普段、関西国際空港のラウンジの食べ物の貧弱さを思うと、食べ物面ではさすが香港だと思いました。

ただ、最近は羽田空港・成田空港については、日系の2社のラウンジも結構頑張っているんですよね。関西国際空港と気合いの入れ方が違い過ぎて、地元が関空の私はちょっと残念ではあるのですが、まあ、羽田・成田周りで行けば恩恵を受けられる訳ですし、ラウンジ好きの方は敢えて羽田や成田経由で海外に行くのも悪くないのではないかと思っています。

香港国際空港だけじゃなく、海外600カ所の空港で使えるのは・・?

海外旅行に年4回以上行くわよ☆ という方には楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

もちろん、香港国際空港のラウンジ、トラベラーズラウンジも利用OK。そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆ つまり、実質初年度はタダで楽天プレミアムカードが持てるってことね。

この楽天プレミアムカード。プライオリティパスが魅力の一つではあるのですが、個人的にオススメしたいのは、空港からの手荷物宅配サービスなんですよね。実際、海外旅行から成田空港・羽田空港・関西国際空港まで帰って来ても、そこから家まで空港バスに乗って、さらに電車に乗って・・なんて人だと疲れているのに荷物が負担になってしまいますよね。その荷物がタダで空港から家まで送れるというのは便利ではないですか?

★☆楽天プレミアムカードで優雅なひとときを☆★

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ