実物大もしもボックスと1時間以上並ぶ大人気のドラえもんカフェ(香港ドラえもん祭/ハーバーシティ/その2) - とある台湾観光の旅行記録

実物大もしもボックスと1時間以上並ぶ大人気のドラえもんカフェ(香港ドラえもん祭/ハーバーシティ/その2)

2112年9月3日に誕生する予定となっているドラえもん。その生誕100年前を祝って、ここ香港一の繁華街である尖沙咀(チムサーチョイ)地区にあるショッピングモールのハーバーシティーで2012年9月16日までドラえもん生誕100年前祭が開かれています。今回は、ハーバーシティーの中に入って、色々な展示を見て行く事にしたいと思います。

ちなみに、ドラえもんが生まれた都道府県は東京都なのですが、その工場の名前が「トーキョーマツシバロボット工場」って言うんですよね。マツシバってのは当然「松下+東芝」と言う事だと思うのですが、現実のパナソニックや東芝はドラえもんのようなロボットを作ってくれるのでしょうか? アシモなどを作っているホンダの方が個人的には可能性はありそうな気がしますけど、皆さんはどう思われますか・・!?

ドラえもん生誕100年前祭は連載記事です。全ての記事一覧はこちらです☆

by カエレバ

実物大もしもボックスと大人気のドラえもんカフェ☆

ハーバーシティー入り口

ハーバーシティー入り口前に並んでいる100体のドラえもんもかなりのものでしたけれども、ハーバーシティーの内部もドラえもん三昧(一色というほどではないかな?)となっています。本来、このハーバーシティーは中に高級店が多く入っているようで、お子様とは合わない感じのショッピングモールなんですけど、子供を引きつければご両親が消費してくれる!? という目論見なのかもしれませんね。

展示の場所一覧

入り口の所に、今回のドラえもんイベントの展示の一覧が書いてある地図がありました。でも、このハーバーシティーは本当に大きなショッピングモールでして、そもそもこの地図がめちゃくちゃ分かりにくいんですよね。「会話を聞かない男・地図が読めない女」とは言いますけど、この地図が結局最後まで意味が分からず、全ての展示を見つけるのは諦めてしまったのでした。

名場面

ショッピングモールの中には、このような名場面がいくつか再現されているようです。本当は、ここは香港島西部から西九龍地域の風景を一望できる場所なんですけど、このドラえもんを記念写真を撮るためにお子様や大人達が大行列でした。この場面はコミックス6巻の「さようならドラえもん」でしょうか。実は、1度この話で最終回となって、7巻の始めの話で秘密道具を使って、この別れをなかった事にするんですよね。この6巻〜7巻の流れはドラえもん好きには是非とも読んでいただきたい所ですね。

もしもボックス

その横には、事件の火種となる事の多いもしもボックスが設置されていました。うま〜く人がいない瞬間に写真を撮れましたけど、当然ここも撮影スポットとなっていまして、自分が写る写真を取ろうと思えば、長い行列に並ぶ必要がありました。

ドラえもんカフェ

その後、新しい展示を見つけられないまま、ハーバーシティー内をうろうろする私なんですけれども、ドラえもんカフェの看板を見つけるのです。このドラえもん誕生前100年祭に合わせて、ショッピングモール内のカフェがドラえもん関係の特別メニューを売っているようですね。営業時間は12時からとありますね。今はちょうど12時ちょっと前なので、早速行ってみたいと思います☆

並び過ぎ

と、道に迷いつつも何とか発見する事は出来たのですけど、開店前から信じられないほどの大混雑となっていました。これくらいなら並べば入れるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この写真では見えない右奥の方にずっと行列は続いているのです。係員さんに聞くと「1時間以上は待つんじゃないかな・・」とのこと。これは食べたいけど、今回は諦めることにしました。

カフェ前ドラえもん

せっかくなので、カフェ前に居るドラえもんだけでも記念撮影しておきたいと思います。この写真の右側の方、なんかプロ用カメラみたいなものがありますけど、その先を撮影してみると・・・

取材の準備

こんな感じで、取材の準備?とも思われるメニューが既に準備されていました。この後、この場所を後にしたので、この取材がどのような取材かは確認しなかったのですが、地元メディアにも大きく注目されているイベントということなんでしょうね。このカフェ、今思うと1時間以上並んでも食べておくべきだったかな〜と今更後悔しているのですけどね。

どこでもドア

普通に営業しているショッピングモールなので、さすがにドラえもん一色とはいかないんですけど、こんな感じで急にどこでもドアがあったりして、ドラえもん生誕前100年を祝うムードではありますね。そして、本来はちょっと高級なモールなのに、そこら中に居るお子様達。ドラえもんの集客力はすごいな〜と改めて感じるイベントなのでありました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ