ドラえもん・未来の道具エキスポは無料の展示だけに大混雑!(香港ドラえもん祭/ハーバーシティ/その3) - とある台湾観光の旅行記録

ドラえもん・未来の道具エキスポは無料の展示だけに大混雑!(香港ドラえもん祭/ハーバーシティ/その3)

2112年9月3日に生まれることになっているドラえもん生誕100年前を祝うイベントの「ドラえもん生誕前100年記念祭」。香港一の繁華街である、尖沙咀(チムサーチョイ)にあるハーバーシティーで開かれています。今回のイベントでは、100体のドラえもん像やドラえもんの名場面の展示だけではなく、未来の道具エキスポというイベントも開かれているんですよね。

この未来の道具エキスポ。どういう展示かは名前だけでは想像がつきにくいかもしれませんけど、香港まで来たんだから見ないで帰る訳には行きませんよね。ということで、いざ未来の道具エキスポへ参りたいと思います。

ドラえもん生誕100年前祭は連載記事です。全ての記事一覧はこちらです☆

by カエレバ

本来は、ドラえもんではなくこういう景色が楽しめる場所です。

香港島の風景

このハーバーシティー。名前の通り、海に面しているショッピングモールでして、本来はこんな感じで香港島の風景が非常にキレイに見られる所です。今回は、夜までいませんでしたけれども、夜景をココから見ると結構キレイに見えそうな気がしますよね。まあ、今はほとんどのお客さんがドラえもんに夢中ということで、この風景を気に留めている人はそう多くないような気がします。

西九龍の風景

こちらは九龍半島のいわゆる西九龍方面の風景になります。元はエアポートエクスプレスの九龍駅以外何もなかったエリアのように思っていたんですけど、左奥のリッツカールトンが入るビルを始め、ショッピングモールも大きい物が出来て、副都心エリアのようになってきましたね。尖沙咀(チムサーチョイ)と行き来が便利だと良いんですけど、意外に行きにくいんですよね。

未来の道具エキスポ

ということで、このような景色が見られる場所から建物の中に入ると、そこが未来の道具エキスポの入り口になります。これが説明文になるんですけど、営業時間はなんとビックリの朝11時から夜の10時までなんですよね。ドラえもんの客層を思うと、夜の7時以降に来るのが正しかったのかもしれませんね。そして、10分あたり35人しか入れませんと書いてあります、ということは・・・

整理券

やっぱりありました。整理券!この未来の道具エキスポに入ること自体は無料なんですけど、混雑でのパニックを避けるため、入場するには整理券が必要なようです。この入り口の所からエスカレーターで降りると整理券をいただけるようですので、早速エスカレーターを降りる事にしたいと思います。

いただきました。

整理券には12:40〜12:50と書いてありますね。ということで、この時間にこの場所に戻ってくる事にしたいと思います。ちなみに、この時間、今から1時間20分くらい先ということになりますね・・・。私が整理券をもらっている間にも、ドンドン整理券は配られて行き、混雑する土日等ですと、早々に整理券が売り切れになる・・なんて事もあるのかもしれませんね。

焼肉

1時間20分だと、今昼ご飯を食べるか迷ってしまうんですよね。お腹は空いているんですけどね。そう言う時に限って、壁を見るとこんな感じで焼肉食べ放題のモーモークラブや牛角の看板があったりするのです。牛角は日本でも人気のチェーンですけど、香港ではここが6店舗目で新しい店舗だと書かれてありました。ランチメニューは600円くらいでしたし、こちらの焼肉好きにも受けそうな価格帯ですよね。

待ちました

ということで、1時間20分くらい頑張ってショッピングモールの中を散歩したりしながら時間をつぶしました。そして、12:40になりまして、上の写真にあったどこでもドアと同じ仕様のドビラが開き、ついに未来の道具エキスポの中に入ってくる事になります。

イベントの趣旨

そもそもこの未来の道具エキスポイベントの趣旨がどのようなものか私には分からなかったのですが、その趣旨が入り口の所に書いてありました。日本を始めとして、台湾・香港など世界各国からのクリエイターを招待しまして、「あなたのオリジナルの未来の道具を作るならどうしますか?」というテーマで色々な未来の道具を作ってもらったんだそうです。そう思うと、あまりドラえもんは関係ないようにも思うのですが、道具自体のアイデアは結構面白いものが多かったように思います。

お土産販売

入り口の所には、このような今回のイベントのオリジナルウォッチの販売がありました。値段は約6,000円ということなので、買えない事はない値段ですけど、まだ売っている訳ではなく、オーダーを取っている段階ということだそうなんですね。さすがにオーダーが電話ということですと、地元ではない私がこの時計を買うのは厳しいような気がします・・・。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ