ほとんど売り切れてしまっているドラえもん生誕100年前祭りのお土産コーナーなど(ハーバーシティ/香港/その5) - とある台湾観光の旅行記録

ほとんど売り切れてしまっているドラえもん生誕100年前祭りのお土産コーナーなど(ハーバーシティ/香港/その5)

香港の人って、ドラえもんが好きだな〜と思うイベントだったドラえもん生誕日100年前祭り。香港は尖沙咀(チムサーチョイ)にあるショッピングモールであるハーバーシティで行われているイベントなのですが、ドラえもんカフェとお土産以外は基本無料というイベントだけあって、多くのお子様で賑わっていました。

今日は平日という事もあってか、30ちょっと前の私はお子様を連れて来ているお母様を除くと、かなり年上のように見えてしまうのですが、平日の昼間でなかったら、ドラえもんを読んで育った昔のお子様もたくさん見に来るのではないでしょうか。そういう意味もあって、このイベントは夜10時までなのかもしれませんね。

ドラえもん生誕100年前祭は連載記事です。全ての記事一覧はこちらです☆

by カエレバ

面白かった未来の道具エキスポ。そのうち2つをご紹介したいと思います。

未来の道具エキスポ

さて、無料の展示である「未来の道具エキスポ」の中に入って来ています。こちらのメインの展示は、日本・台湾・香港など世界のクリエイターが作る未来の道具なのです。厳密に言うと、ドラえもんと関係ない気もしますけど、どの発明もオリジナリティー溢れていて面白い発明が多かったように思います。やはり、ドラえもんというだけあって、日本のクリエイターの方の作品が多かったですね。

お土産その1

ちなみに、こちらのコーナーにはお土産も合わせておいてあるのですが、数が少なかったのか、そのお土産はほとんど売り切れてしまっています。主催者の予想以上に、このイベントは盛況だったということなのかもしれませんね。手前のタイムふろしきなんて、実際は風呂敷としてしか使えなくて、値段も約2000円と結構なお値段なのに、意外に売れていて驚きますよね。

傘

お土産の中で一番実用的かな〜と私が思ったのは、この傘でした。実際にさしてみないと分かりませんけど、黒基調の意外に落ち着いたデザインなので、実用性のあるものなのかもしれませんね。在庫が残っていれば買っても良かったんですけど、残念ながらコレも品切れでした。

タケコプカメラ

こちらは、韓国のデザイナーの方が作った、タンポポの種にヒントを得て作成したという道具「タケコプカメラ」です。タケコプターの下の部分にカメラがついていて、子供が大空にタケコプターを飛ばすと、写真が撮れるという素晴らしい道具なのです。大人になった時に子供の頃の思い出を振り返るという機能もついているんだとか。

こんな感じの道具、去年流行ったアニメの「シュタインズゲート」の中の未来ガジェットという役に立たない道具の一つとしても出て来たんですけど。こちらのタケコプカメラは、上空から写真や映像は撮れるけど、実際に取った映像はグルグル廻っていて、全然役に立たないという代物でした。コンセプトは似ているけど、どっちが先に作ったんでしょうね? まあ、タケコプターの下にカメラ付って、思いつきやすいと言えば思いつきやすいアイデアなんでしょうけど。

by カエレバ

フレンドシップマフラー

そして、こちらは私が注目したもう一つの道具である「フレンドシップマフラー」です。え!?ただのドラえもんとドラミちゃんのコスプレマフラー?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんけれども、説明文を読むと謎が解けてくるのです。

説明文

文字が小さく、さらに英語なのでちょっと分かりにくいかもしれませんけど、このマフラーは、着る部分だけではなく、2人がつながるいわゆる普通のマフラーの部分もありまして、この絵のようにマフラーをつけているだけで、肩を組むことができるというだけではなく、2人の友情がさらに深まるという素晴らしいマフラーなのです。こういうアイデアの道具って、いかにもドラえもんらしくて微笑ましいですよね。今回の私が選んだベスト道具はこの「フレンドシップマフラー」に決定です☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ