ベッセルホテル石垣島 - 高級ではないけれども広くてキレイ。そのお部屋の設備や巨大ベッドなどをチェックしたいと思います。 - とある台湾観光の旅行記録

ベッセルホテル石垣島 - 高級ではないけれども広くてキレイ。そのお部屋の設備や巨大ベッドなどをチェックしたいと思います。

石垣島など沖縄の離島のホテルは、高級な所で意外にネットが使えなかったりするものなんですよね。2012年9月の石垣島旅行では、日航ホテルのホテル日航八重山に宿泊したいと思っていたのですが、インターネットの使える部屋はリクエストで、使えるかどうかは当日になってみないと分からないという事だったので、泣く泣くキャンセルしてインターネットが快適に使えるベッセルホテル石垣島に宿泊する事にしました。

そんなベッセルホテル石垣島の値段などについて詳しく知りたい方は・・

高級ではないですけど、安定したサービス。高評価には納得しました☆

ベッセルホテル市口

さて、ベッセルホテル石垣島にやってきました。私は公共交通チェックのため、空港からわざわざバスターミナルまでバスに乗って、そこから徒歩でやってきましたけど、通常なら空港から直接タクシーという事になると思います。今の空港は距離が6キロくらいなので、それほど高くはならないのではないでしょうか?

ドリンクサービス

ホテルに入り、チェックインを終えると目についたのがチェックインカウンターの横にあったドリンクサービスですね。このドリンクサービスは日によって内容が変わっていたようですが、この日はさんぴん茶にシークワーサードリンクでした。セコい私なので、両方ともしっかりといただいてしまいました。

アメニティ類

無駄を省くためか、アメニティ類は部屋に設置されているのではなく、エレベーター前にまとめて設置してあり、お部屋に置いてあるのは歯ブラシくらいになります。ここで必要な分だけ持って上がることにしましょう。

部屋

さて、部屋の中に入ってきました。今回の部屋は楽天トラベルで予約した時に26平方メートルと書いてあったのですが、さすがに26平方メートルもあるだけあってかなりの広さですよね。そして、1人なのにベッドが2台。これはちょっともったいないですけど、まあシングル料金(7,500円/泊)で泊まっているので、ベッドが2台あっても悪くはないかなと思います。実際は、物置にしかなりませんでしたけどね。

洗面台

広いお部屋なので、洗面台はユニットバスの中にあるのではなく、独立してありました。アメニティが全てエレベータの前にあるので、設備面では控えめですけれども、独立した洗面台は使い勝手が良いですよね。

シャワーとバスタブ

シャワー自体は、お水とお湯を出して自分で温度調整するタイプですけれども、ホテルが多分古めだと思うので、それは仕方ない所ですね。そして、バスタブを撮影するのを忘れていたのですが、ホテルとしてはかなり大きめのバスタブで、私なら寝転がると完全に水没してしまうほどの大きさでした。160×200か140×180くらいはあるんでしょうかね?

ベッド

こちらの部屋の注目は何と言ってもこのキングベッドですね。普段宿泊しているホテルよりも一段と大きいベッドのような気がします。コレが2台なんですから、どれだけ寝相が悪いでも安心して寝ることが出来そうですね。ちなみに、縦ではなく横に寝ても私の体は収まりました。さすがはキングベッドです。

ハンガー

ハンガーは全部で6本でした。水着など干すものが多そうなホテルにしては2人で宿泊するならちょっと少ないようにも思えるのですが、一方でフロントに言うといくらでももらえそうなので、それほど心配はしなくても良いのかもしれませんね。

リサイクルスリッパ

スリッパは洗って何度でも使えるスリッパが準備されていました。結構履き心地は良い物で、滞在中はずっと愛用していましたね。使い捨てのスリッパのホテルも多々ありますけど、こういうリサイクル可能の物の方が環境的には望ましいように思いますが、洗濯が環境に及ぼす悪影響とどっちが大きいのだろう?と個人的には気になってしまいます。

他に撮影は忘れてしまっていたのですが、ちょっと安めのバスローブタイプのパジャマは個人的にはお気に入りでした。あまり高級だと夏の暑い日には生地の厚さで寝苦しくなってしまうこともあるんですよね。ここくらいのパジャマが私にはちょうど合っていると思いました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ