豪華客船のスタークルーズ・アクエリアス(基隆ー那覇ー石垣島)に石垣島で出会う。台湾の皆さん、ようこそ石垣島へ! - とある台湾観光の旅行記録

豪華客船のスタークルーズ・アクエリアス(基隆ー那覇ー石垣島)に石垣島で出会う。台湾の皆さん、ようこそ石垣島へ!

アジアを代表するクルーズ会社にスタークルーズという会社があります。このスタークルーズ、シンガポールや香港を起点とする路線が多いため、このどちらかの国の会社なんだろうな〜と思って調べてみたのですが、なんとマレーシアが本社のクルーズ会社なんだそうです。まあ、東アジアから東南アジアまで幅広く営業しているので、どこの国の・・なんて枕詞はあまり意味がないのかもしれませんけどね。

ちなみに、このスタークルーズにはつい先日香港のハーバーシティのスターバックスで会ったばかりです。今回、石垣島で見かけたクルーズ船の名前は「スーパースター・アクエリアス」で香港で出会った時の船は「スーパースター・ピスケス」という船だそうなので、正確には違う船なんですけど、石垣島を適当にサイクリングしていてこの船に出会った時は、「同じ船に月2回も会うなんて!しかも香港と石垣で!」と驚いた物でした。

船がやって来たのは台北(正確には基隆)から。台湾の皆さんようこそ!

スタークルーズ遠くから

ということで、石垣島を適当にサイクリングしていた私は、国際線のフェリーターミナルに巨大なクルーズ船が泊まっているのを見つけ、船の方に近づいてみる事にします。ここから先は関係者以外立ち入り禁止と書いているので、とりあえずこんな感じで撮影をしていたのですが、警備員のおっちゃんが「船を撮影したいんだったら、撮影して来ていいよ!」と言ってくださいました。ウレシイ事だけど、警備上それって良いんですかね!?

スタークルーズ前から

ということで、スタークルーズの「スーパースター・アクエリアス」の全面からの写真になります。なかなか巨大なクルーズ船をこのアングルから撮影することはないですよね。横向きだと以外に機会はあるんだと思うんですけどね。

スタークルーズ横から

香港で出会った時も同じ感想を持ったのですが、巨大なクルーズ船だけあって、避難するための船が普通の船のサイズですよね。普通、避難用といえばボートくらいのイメージなんですけど、コレくらいのサイズがあると、この船だけでもちゃんと目的地にたどり着けちゃいそうな気がしますよね。

スタークルーズタクシー乗り場

幸いにもこのクルーズ船は石垣港についてそれほど時間が経っていなかったのか、タクシー乗り場にはまだ多くの台湾からのお客さんが待っていました。そして、タクシーもクルーズ船がやってくるときは書き入れ時なのか、次から次へとやってきます。離島のフェリー乗り場や市場だと運賃が490円なので、ちょっと美味しくないかもしれませんね。そして、スーパーのサンエーを「San-A」と書いてあることに驚きました。そのままローマ字やん!とツッコンでおきましょう。

スタークルーズでした

このスタークルーズは台湾の人が沖縄本島と石垣島に行くためのツアーで、石垣島には基本週1回やってきます。ということで、週1回、石垣島は台湾からのお客さんで一杯になるってことなんですね。こんなに台湾の方が来てくださるんだったら、もうちょっと中国語繁体字に対応してもいいんじゃないかな〜とは思うのですが、簡体字ならともかく、繁体字は学校でなかなか学ぶ機会もないですし、対応するのは難しそうですね。

まあ、石垣島からは沖縄本島との比較でさえも台湾の方が近いという地理条件です。実際、石垣島に行くと、台湾マッサージや台湾料理店などが多数あり、その地理的な近さを感じます。新・石垣空港が2013年3月に開港すれば、今よりも大型機が離着陸できるようになるので、そうすれば復興航空かマンダリン航空あたりが定期便で桃園国際空港ー石垣島を就航させてくれそうですね。個人的には、この路線には期待しています☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ