科科克爆漿去骨現烤雞腿捲(臨江街觀光夜市)文字化けしそうだけど、要するに鶏肉を巻いた物です☆ - とある台湾観光の旅行記録

科科克爆漿去骨現烤雞腿捲(臨江街觀光夜市)文字化けしそうだけど、要するに鶏肉を巻いた物です☆

今回の記事でご紹介するお店は、臨江街觀光夜市の科科克爆漿去骨現烤雞腿捲というお店なんですけれども、この漢字って私のパソコンでは表示されるものの、どう考えても文字化けしてしまいそうな漢字ですよね。こういう台湾独自の繁体字を日本向けのブログで表現するにはどうすれば良いかな〜と思うのですが、キッチリ表現するのもなかなか難しい物なのです。

さて、今回いただきました科科克爆漿去骨現烤雞腿捲。パッと見た所、何の食べ物か分からないという方もいらっしゃると思うのですが、松山地区の夜市である饒河街観光夜市で食べた黄金爆漿鶏腿捲と同じような食べ物ですね。どっちもソコソコ並んでいましたし、美味しい事は確かなのですが、どっちの方が有名かなど、これ以上の情報を提供するには、もう少し地元の言葉に精通して、地元の本やテレビを見ないといけないですね。言語の勉強あるのみです。

味が色々あるので、友達同士で行って分けるのが賢い食べ方かも!?

六張犁駅(ろくちょうりえき)

ということで、台北MRTの六張犁駅(ろくちょうりえき)にやってまいりました。この駅は何と言っても日本の方に人気なのは、小籠包の明月湯包ですよね。この明月湯包と臨江街觀光夜市は大変近くにありますので、小籠包を食べ過ぎずに、ちょっとは夜市に余力を残しておくと良いかもしれませんね。

横綱拉麺

この臨江街觀光夜市では横綱ラーメンというお店を見つけました。私が何回か京都観光の合間に食べに行った事がある、京都のラーメン横綱と関係あるのかな?とも思ったんですけど、おそらくは関係ないんだと思います。もっと、台北の滞在日程が確保できるようであれば、こういうお店に敢えて行ってみるのも面白いのかもしれませんね。

by カエレバ

科科克爆漿去骨現烤雞腿捲

さて、科科克爆漿去骨現烤雞腿捲にやってまいりました。このお店は、臨江街觀光夜市の東側の入り口に誓う場所にあります。臨江街觀光夜市に行く前からマークしていた訳ではなかったんですけれども、「混んでいる店はとりあえず食べておけ」の法則に従って、このお店の雞腿捲をいただいて見る事にしました。

しばらく待って、私の番がやってきましたが、多くのお客さんがやってくるお店だからか、待っている人数以上に早め早めに雞腿捲を焼いているようです。このお店、臨江街觀光夜市だけではなく、他の夜市でも見た事がありますので、チェーン展開しているのかもしれませんね。

ガーリック味

味はプレーンの「原味」など6種類あるのですが、今回はガーリック味を選びました。漢字では「椒藍」なんですけれども、こんな漢字は日本で使わないのでなかなか分かりませんよね。ガーリック味は意外に良く見かける単語なので、覚えておくと役に立つかもしれませんよ☆

食べます

では、ガーリック味の鶏巻をいただきたいと思います。名店の胡椒餅などに比べて、感動するというほどの味ではなかったですけれども、日常的に夜市に遊びに行く・・という環境であれば、時々は食べたいかなと思う味でした。これで35元(=90円くらい)ならそんなに高くはないのかなと思います。3つ買うとちょっと割引されて100元(=260円くらい)になるので、3人で遊びに行ったならば3つ買うのが良さそうですね。

夜の臨江街觀光夜市

という感じで、午後5時台にやってきた臨江街觀光夜市もブラブラしている間にすっかり夜になってしまいました。まあ、まだ午後7時過ぎなので、夜市の賑わいはこれからって所なんでしょうけれども、私は夜が苦手なので、そろそろコレでホテルに戻って明日に備える事にしたいと思います☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ