去年大ブームの魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版総集編は台湾・台北の日新威秀影城でたったの2週遅れで上映☆ - とある台湾観光の旅行記録

去年大ブームの魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版総集編は台湾・台北の日新威秀影城でたったの2週遅れで上映☆

2011年に日本で一番流行ったアニメは魔法少女まどか☆マギカという作品でした。キャラは可愛らしいのに、主役級5人の魔法少女中全12話の9話の時点で残り2人になってしまっているというハードなストーリだったのですが、絵や音楽(NHKの歴史秘話ヒストリアの方が担当しています。)も良く、昨年のアニメ界の話題を独占しました。

このアニメ、絵柄だけ見ると男性ファンが多そうなのですが、今年の始めに大阪で開催された「魔法少女まどか☆マギカ展」に行った所、3割は女性のお客さんでした。意外に女性にも受け入れられているアニメなのではないでしょうか。ちなみに、今年の始めには台北駅前の新光三越の横のビルであるK-Mall5Fのグッドスマイルカフェというお店で魔法少女まどか☆マギカカフェというアキバから期間限定でやってきたイベントもありました。台湾でもソコソコ人気という事なんでしょうね。

by カエレバ

映画版総集編はなんと8カ国18都市で上映されるんだそうです。

日本でも一般の方は、子供向け以外のアニメのタイトルと言えばエヴァンゲリオンくらいしかご存知ない方が多いと思いますが、この魔法少女まどか☆マギカは世界中で放映され、ソコソコのヒットとなったそうです。そう言う事もあってか、今回のTV版の総集編の映画は台湾、アメリカ、フランス、イタリア、サンマリノ共和国、韓国、香港、シンガポールと世界8カ国の18都市で放映されることになりました。

台湾の魔法少女まどかマギカ

その中で、このブログは台湾ブログなので当然台湾での公開情報をお届けするのですが、日本では前編が10月6日・後編が10月13日からの上映となっている所、台湾ではなんと前編が10月20日・後編が10月21日という上映スケジュールになっています。前編で日本から2週間遅れ、後編で8日遅れですね。上映される映画館は台北は西門町の映画館である、台北日新威秀影城という映画館だそうです。

もし、この期間中に台北にいるのなら是非とも見に行きたかったのですが、残念ながら10月の台北旅行のスケジュールはこの日からちょっとだけズレていました。どっちみち、この映画は見に行く予定だったので、せっかくだったら台北で見てみたかった所なんですけどね。世界中でヒットと言われるには、台湾での上映は1館で2上映だけとまだまだ大ヒットとは行かないようですけど、今後アニメファン以外に人気が拡大していくのかに注目しておきたいと思います☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ