2012年ANAダイヤモンド会員(DIA)修行の最後は定番のシンガポールへ☆ いわゆるマイレージランは今年唯一となります。 - とある台湾観光の旅行記録

2012年ANAダイヤモンド会員(DIA)修行の最後は定番のシンガポールへ☆ いわゆるマイレージランは今年唯一となります。

普通の旅行好きなら、「何マイル搭乗した・・」など気になる方は少ないかと思うのですが、私のようにマイレージマニアになるとANAの上級会員にこだわってしまいます。上級会員というと、前年度に多く搭乗した会員が指定されるサービスなのですが、ANAではブロンズ(30,000ポイント以上)・プラチナ(50,000ポイント以上)・ダイヤモンド(100,000ポイント以上)の3つの会員があり、ブログをはじめる前はほぼ毎年プラチナ会員でした。

ちなみに、このポイントは基本的には搭乗マイルとイコールなのですが、国内線は2倍・香港中国線は1.5倍になり、さらにボーナスがある事もありますので、実際は搭乗マイル数よりは少なくても各会員になる事が可能です。この会員の特典についてはウェブサイトを見ていただくのが良いのですが、個人的にはビジネスクラスのチェックインカウンター利用・マイレージボーナス100%(倍付け)・手荷物優先引き渡し・ラウンジサービス辺りが役に立っていますね。

そして、今年の私のプレミアムポイントなのですが、10月までの旅行を全て合わせて86,000ポイント前後になっているようでした。それ以降の台湾旅行はピーチ航空・ジェットスター・キャセイパシフィック航空を使う予定になっていたので、初の100,000ポイントにはちょっと届かない計算だったんですよね。でも、せっかく86,000ポイントまで来たのですから、最後は強引に100,000ポイントに帳尻を合わせることにしました。

一度プラチナ会員になると一生ラウンジサービスが受けられる!?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

ANAラウンジを使えるようになるには2通りの方法がありまして、1つ目はプレミアムクラスを利用する事です。プレミアムクラスは普通にプレミアム運賃を購入すれば、かなりお高い運賃なのですが、当日に空席があれば+7,000円にてアップグレードが可能です。

羽田空港発着は当日アップグレードが難しいように思うのですが、羽田空港が絡まない路線、特に神戸空港・関西国際空港絡みの路線は、ほとんどアップグレードに失敗した事がないように思います。もし、ラウンジを一度利用して雰囲気を味わってみたいという方がいらっしゃれば、試しにプレミアムクラスを利用するのが良いかもしれませんね。

そして、もう一つの方法がスーパーフライヤーズカードの会員になる事です。それってなんじゃらほい?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ANA提携のクレジットカードの会員の事なのです。当然、誰でもこのクレジットカードを持てる訳ではなく、一度はANAのプラチナ会員になる必要があります。

ANAのプラチナ会員になるにはかなりそのハードルは高く、ある年の1月〜12月の間に50,000マイル(国内線は基本2倍で計算)相当の搭乗をしなくてはなりません。実際、このプラチナ会員になるには、30〜50万円くらいの投資が必要なのですが、一度スーパーフライヤーズの会員になれば優先カウンター・手荷物優先引き渡し・ラウンジ・優先搭乗などのサービスがエコノミー利用時でも一生受けられますので、年に4回くらい飛行機を使うという方には是非とも取得していただきたいサービスです。

このスーパーフライヤーズ会員になるには、ANA提携のクレジットカードの会員である必要がありますが、個人的なオススメはANA提携のアメックスカードです。このアメックスカードは、ANA利用時の積算マイルが多いのに加え、成田空港・羽田空港・関西国際空港から自宅への手荷物宅配サービスがあるのが大きいんですよね。

さらに、このスーパーフライヤーズカードは家族会員にもその権利が及ぶというのが非常にお得感があるんですよね。基本的には親会員はご主人の場合が多いと思うのですが、ご主人が会員であれば家族会員カードを作ると、奥様にも権利が及び、ラウンジに入れる人数も合計2+2名の4名まで増える事になるのです。この制度、小さい事かもしれませんけど、結構大きいことなのではないでしょうか?

久しぶりのマイレージラン(修行)はやっぱりシンガポールに決定です。

マイレージランの定番というと、ANAでは シンガポールに行くのが定番となっています。これは、元々ANAのシンガポール行きの本数が1日3本もあるという利便性に加え、運賃も比較的安く、さらに国内線区間を無駄に追加する事によって、プレミアムポイント倍付けの国内線に多数搭乗してしまおうと言う事なのです。

今回の予約は大阪出発で上のように7搭乗となりました。途中、沖縄で1泊・シンガポールで2泊・機内で1泊・沖縄で1泊するので、合計6日間の旅行となるのですが、頑張って休みは調整しました。上の予約では国内線が4区間もついていますが、そのうち2区間はエコ割に元々付属している国内線区間、それ以外は国内線が全線5,000円で搭乗できるという「海外乗継割引スペシャル」となっています。

シンガポールを絡めてプレミアムポイント稼ぎをする時は、この国内線4区間が非常に大きい訳なんですよね。上の画像だと、最後大阪まで帰って来れていませんが、コレは別に旅割を予約して、最後沖縄から大阪まで帰ってくる事になります。

今まではずっとプラチナ会員だったので、ダイヤモンド会員の恩恵はまだ良くわからないのですが、マイレージの期限が無くなる事や、特典航空券がさらに取りやすくなる事については楽しみですね。ANA系列のホテルの宿泊券70,000円分もいただけるようなので、そちらについても十分に活用させていただきたいと思っています。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ