エアターミナルホテル(新千歳空港)で朝食バイキング。1泊9,000円は高いけど、利便性を考えると仕方ない!? - とある台湾観光の旅行記録

エアターミナルホテル(新千歳空港)で朝食バイキング。1泊9,000円は高いけど、利便性を考えると仕方ない!?

2012年9月の北海道旅行では、旅程の最後に新千歳空港と一体になっているホテルである新千歳空港エアターミナルホテルに宿泊しました。新千歳空港がある千歳市のホテルと言えば、横の南千歳駅や2駅横の千歳駅のホテルが多いのですが、このホテルはターミナルビルに本当に直結であり、チェックアウトすればそこはもうスカイマークのカウンターなんですよね。

そんな便利なホテルというだけあって、今回のシングルの宿泊料金は9,000円とちょっと高めでした。ただ、新千歳空港って結構遊ぶ施設がたくさんあるんですよね。未だに行った事がない施設もあるのですが、過去にはこのブログでも新千歳空港の中でこう行った所に出かけました

実際、新千歳空港まで来てるんだったら、もうそのまま関西まで帰りなさいよ!とツッコマれそうですけれども、以外に滞在も快適なホテルだったので、北海道に旅行する時は、+1泊して意外に空いている新千歳空港発関西行きの朝の便に乗るのも手なのではないかなと思いました。皆さんはどう思われますか?

新千歳空港エアターミナルホテルの設備・値段などが気になる方は☆

楽天トラベルのページで新千歳空港エアターミナルホテルを詳しくチェック☆

今回はエアターミナルホテルの朝食をご紹介したいと思います。

朝食の案内

新千歳空港エアターミナルホテルの朝食は朝の6:00〜9:30なんだそうです。早朝にも便がある事を思うと、もう少し早くても良さそうですけれども、6:00という朝食スタート時間は日本のビジネスホテルとしては結構頑張っている方でしょうか。

おかず

料理はブッフェスタイルでの提供となりますが、今回は私が実際に取った料理をご紹介したいと思います。まずはおかずのプレートになります。和風のきんぴらや玉子焼きに卯の花から、ウインナー・肉団子・イカリングに蓮根のはさみ揚げを取りました。おかずの種類はそれほど豊富という訳ではなく、コレで概ね4分の3くらいは取っていると思います。

納豆とサラダ

生野菜のサラダに納豆ですね。納豆と言えば朝食には欠かせないものなのですが、今回はちょっと不要だったかもしれません、それは次の写真を見ると分かりますが・・

ご飯

今回は、ご飯にイカの塩辛と松前漬けを加えたからなんですよね。松前漬けもネバネバなのに、納豆もネバネバでネバネバ大通りみたいになってしまいました。どれも美味しい料理だったので、悪くはなかったんですけどね。そして、ドリンクには定番の野菜ジュースをいただいています。

味噌汁

今回は和食系中心という事で、スープではなくお味噌汁をいただく事にしました。味噌汁の具材は自分で入れるネギとワカメというシンプルなものになります。自分で入れられる量が決められますけれども、こういう時って、ついついワカメを多めに入れてしまうんですよね。

コーヒー

そして、食後にはコーヒーをいただきました。で、今になって思うと、食後のフルーツを食べるのをすっかり忘れていました。普段家ではなかなかフルーツを食べないので、ホテルでの朝食の時くらいは食べようと思っていたんですけどね。と、こんな感じで絶賛というまでは行きませんが、平均よりはかなり美味しい朝食だったと思います。ただ、1泊9,000円はちょっと高いかな〜?と思うのでした。まあ、便利だから仕方ないよね。

楽天トラベルのページで新千歳空港エアターミナルホテルを詳しくチェック☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ