台北発着オプショナルツアーランキング10(2012年9月)。5ヶ月連続1位の九ふんツアーに実際に参加してきました☆ - とある台湾観光の旅行記録

台北発着オプショナルツアーランキング10(2012年9月)。5ヶ月連続1位の九ふんツアーに実際に参加してきました☆

今回は、゜:*★台湾のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°さんのご協力で2012年9月の台湾人気オプショナルツアーランキングを集計したいと思います。最近は、各種LCCの就航のおかげで台北行きの航空券も安くなりました、LCCに乗らずとも競争が激化したおかげで、台湾系の3社やキャセイパシフィック航空まで安くなっていますよね。そして、台北はホテルも他の先進国に比べて安いため、1泊2人で10,000円もあればかなり贅沢なステイが楽しめますよ。

もし、始めての台湾の旅行が3泊4日くらいで台北とその近郊だけの自由旅行を考えているという方がいらっしゃれば、以下のようなプランはいかがでしょうか?JTBトルノスもエクスペディアも時々驚くほど安いプランが見つかるので、うまく行くとかなり安くあげられて、かつ台北と近郊の名所はほとんど観光することができますよ☆ 10月に私はピーチで往復して、安いビジネスホテルのサンルート台北に泊まるのですが、ホテルと航空券の総額で30,000円以下で予約する事ができました。

これだけ台湾に行っている私でも、実は年に何回かオプショナルツアーを利用しています。個人で公共交通機関を使っていろいろ観光地をまわると、どうしても時間のロスが出てしまうんですよね。まあ、それは何度も台湾に行ける人なら旅のうちなんですけど、台湾旅行も滅多に行けないわね・・・という方なら、是非ともオプショナルツアーで時間を節約してほしい所かな?と思います。

第10位(再):小籠包の夕食+士林夜市散策ナイトツアー

台北の観光の定番、鼎泰豊(ディンタイフォン)と士林夜市がセットになったナイトツアーがランクインしました。このツアーで行くのは鼎泰豊の本店なのですが、実は今までは行きにくかった鼎泰豊(ディンタイフォン)の本店は、新しく地下鉄の東門駅という駅が9月29日に開通しまして、駅から徒歩2分もかからない行きやすいお店になりました。そう思うと、ツアーで連れて行ってもらう必然性は減ったかもしれませんね。

しかしながら、この鼎泰豊本店もこの三普旅行社のツアー(ナルワントツアー)なら待ち時間なく入ることができるんだそうです。気になるツアーの内容はズバリ夕食と夜市だけですが、夕食のメニューは小籠包の他にも、スープ、各種餃子、チャーハン、漬け物、台湾小皿料理と内容満載だとか。

鼎泰豊でさっと夕食を食べたあとは、 士林夜市に移動します。元々はこの移動もタクシー以外面倒だったのでツアーの価値はあったと思うのですが、現在は上記の地下鉄がオープンしたため、1回の乗り換えで20分くらいで移動できるようになりました。それでも、ツアー代金も840元(=2,200円くらい)と安いですし、急ぎ足の旅行だったらツアーでぱっとこの2大名物を体験してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、2012年9月のある平日にこのツアーの集合場所の前を通ったのですが、普通の平日なのにバス3台での出発となっているようでした。値段が2,200円くらいと格安のツアーとは言えその人気には驚いた物です。大人数は苦手な方にはちょっとオススメしにくいツアーかもしれませんね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第9位(−3):JTB台湾の九ふん散策観光ツアー

当ブログではかなりの頻度で登場するJTBのオプショナルツアーがランクインです。「千と千尋の神隠し」のおかげで日本でも大人気になっている九ふんのツアーですが、このツアーは九ふんだけではなく、ローカル鉄道に天燈上げ体験と言った、台湾の文化の体験もついくるツアーです。

今回のツアーの内容は、まず十分瀑布見学、その後人気の天燈上げ体験を行います。私もやった事ありますけど、確か世界平和をお願いしましたね。その後、平渓線にローカル線の体験乗車をして九ふんへ。九ふんの散策は昼食を入れて2時間だそうです。個人的にはもうちょっとほしい所かな?そして、ショッピングを経て解散という8時間コース。値段は3,000元とちょっと高めですけど、JTBは普通のツアーは人数が多いけど、このオプショナルツアーは人数が少ない事が多いので、細やかなサービスが期待できますよ。

私は3年前くらいに、このJTBの九ふん散策観光ツアーに参加したのですが、なんと私とお友達の2人だけ。そして、少ない人数のツアーだからか、おじいちゃんがガイドさんだったんですけど、九ふんの坂道で私たちがハァハァ行ってる中、おじいちゃんが元気に先に進んで行くのが印象的でした。良い思い出のあるオプショナルツアーですね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第8位(ー4):花蓮 太魯閣(タロコ)峡谷観光ツアー

第8位には、人気の太魯閣(タロコ)峡谷日帰り観光ツアーがランクインしました。先月は4位だったのですが、4ランクのダウンとなりました。台湾のオプショナルツアーは安めの物が多い中、このツアーは行きに航空機を使うため、4,900元(=13,000円くらい)と結構高いツアーになっているんですよね。ただ、太魯閣(タロコ)は絶景ですし、台湾の国内線の飛行機というのも良い経験になるかもしれませんよ☆

私もこのツアーで太魯閣(タロコ)峡谷を観光した事がありますが、本当は太魯閣(タロコ)峡谷と花蓮は1泊はしてほしいくらい見所の多い場所です。実際は、交通が比較的不便なのでツアーを利用するのが簡単なのですが、ツアーだと日帰りが基本なのがちょっと残念ですよね。まあ、それでも太魯閣(タロコ)峡谷のベタな場所は一通り廻るので、十分に楽しめるとは思えますけどね。

さてツアーの話に戻りまして、花蓮の日帰りはかなり無理があるのではないかとは思うのですが、このツアーでは行きに飛行機を使って時間を短縮しています。それもあって、ホテル発は6時とかなり早めですが、8時15分にはタロコ峡谷に早くも到着し、長春祠・燕子口といった定番スポットを順番に巡って行きます。大理石工場の見学や、ジュエリーショップもあるのは定番だから仕方ないですね。大理石の産地として有名な太魯閣(タロコ)は周遊ツアーなら欠かせない場所、台北からの日帰りはしんどいですけど一度は見る価値があると思いますよ☆

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第7位(ー):至福のSPA in 台北!「沐蘭(ムーラン)」

こちらのツアーは、台北にあるホテルの中で最も値段が高く、ツアーでも最高級の値段をとられることの多いホテルの一つである、「グランド・フォルモサ・リージェントホテル」の20階にあるスパの「沐蘭(ムーラン)」を体験するというものです。この「沐蘭(ムーラン)」。テレビや雑誌でもよく取り上げられるスパで、台湾の有名芸能人の方も実際に利用しているんだそうです。プランは色々とありまして、値段は3,300元(=8,500円くらい)からであり、

  • 「旅人のやすらぎ」アロマオイルマッサージ 105分:4,620元
  • 「大地の宝石」 ウォームストーンテラピー 105分:4,620元
  • 「養生」東洋式マッサージ 105分:4,620元
  • フェイシャルケアトリートメント 90分:3,300元

となっています。台湾のオプショナルツアーとしては高いですけど、日本の高級ホテルのスパがいくらするか・・と言う事を思うと、むしろ安く思えてしまうのではないでしょうか? 現在、提携サイトのAlan1さんから予約すると、さらにサロンから手作り石鹸をもらえるキャンペーン(2013年3月まで)を行っているようなので、さらにお得感が増しますよね。そういえば、このブログでは未だに1回もマッサージ系を記事にしていないので、そろそろ記事にしても良いかな?と思っています。最初のスパは、ここムーランにするかな!?

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第6位(+2):大統 格安空港送迎

続いてランクインしたのは、格安空港送迎なんだそうです。まあ、タクシーでも悪くはないと思うのですが、この送迎だと日本語を話せるドライバーさんが桃園空港や松山空港からホテルまで間違いなく、さらに直行で送ってくれるので安心のサービスではありますよね。1台毎の料金発生となり、空港からの出発なら松山空港が600元、桃園空港が1400元となります。

松山空港はタクシーが100元台で行ける場合もあるからかなり高いように思えるけど、桃園空港はタクシーとそう変わらない値段なので、安心してホテルまで行きたい人には良いサービスなのかもしれませんよね☆ さらに、追加料金を払うと市内観光もやってくれるんだそうです。まあ、個人的にはそれでもタクシーでいいかなとは思うんですが、初めての台湾が桃園空港の人ならコレでも良いかも?

例えば、台北市内〜桃園国際空港の場合、台北駅前で国光客運のバスに乗ってさえしまえば後は楽なんですけど、宿泊場所によっては最寄りの空港バスのバス停を調べるのも大変かもしれませんし、台北駅近くのコスモスホテルに宿泊しても、重い荷物の場合、意外にこのバスターミナルまでは遠いかもしれません。そう思うと、タクシーと変わらないこのサービスは魅力かもしれませんね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第5位(+5):たっぷり満喫!高雄日帰り観光ツアー

台北以外の都市としては、やっぱり一度は行ってみたい高雄。台北発だとちょっと時間的に厳しいとは思うのですが、高雄まで行って日帰りの観光をするんだそうです。こちらのツアーは、台湾では一番高いJTBのオプショナルツアーであり、さらに片道1,000元ちょっとする台湾新幹線を使っているので、今回ランクインしているツアーの中では最も高級なツアーということになりますね。

日程を見てみると、朝8時半に新幹線に乗り、龍虎塔・慈済宮・74展望台と観光した後昼食、そしてショッピングをはさんで船にて旗津半島へ、天后宮・老街散策となるようです。有名な六合観光夜市がないのが残念ですけど、メジャーな所は一通り回るといった感じでしょうか。個人でもまわれそうな気もするのですが、高雄は意外に交通の便が悪くて、龍虎塔などの超ベタな観光地に行く時でもタクシーで行かないといけない所が多いんですよね。そう思うと、駆け足でJTBツアーというのも選択肢かもしれません。

【龍虎塔】龍の口より入り、虎の口より出る人気の観光スポット、龍虎塔。1976年の設立以降、多くの観光客を魅了してきました。龍と虎の横にそびえたつ2つの塔は大迫力です。それぞれの塔には閻魔大王の絵や十二賢士の絵などが飾られています。

このツアーで一度高雄に行ってみて、もし台湾の南部が気に入ったという方がいらっしゃれば、次は高雄だけではなく、台南や台東といったちょっと遠い場所にも挑戦してみると良いかもしれませんね。高雄はチャイナエアラインとJALが就航していますし、台北からでも高級なバスがありますので、時間さえあれば快適に台湾島内を移動できると思いますよ。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第4位(+1):台北市内観光ツアー(故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠)

定番の市内観光がここでランクインしました。故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠といえば、台北に初めて行く人としてはとりあえずはここだけは外せないって感じの観光地ですものね。この市内観光の特徴としては、とにかく駆け足でベタな所を回ってしまおうという日程ですよね。それだけあって、午前or午後だけで観光が終わっちゃいますので、他にツアーを入れたいという方にはオススメと言えるのかもしれません。まあ、個人でコレだけ回ろうとすると、どうしても1日仕事になっちゃいますからね。

台北市内の主要な見所を3時間でまわれるお手頃な市内観光ツアー。午前と午後、2パターンご用意していますので、スケジュールに合わせてお申込みできます。故宮博物館や総統府、中正記念堂、中国寺院など。

このツアー、お決まりの総統府の車窓から始まって、故宮博物館・中正記念堂・忠烈祠とお決まりのコースを回るのですが、これだけ回って所要時間が4時間なんですよね。となると、故宮博物院が超駆け足となりそうで、それだけがちょっと心配であります。でも、台湾では良く見かける宏祥旅行社(Edison Travel)の主催で、値段も900元(=2,500円くらい)と非常に安いので、お試し参加はしやすいのではないでしょうか?

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第3位(ー):大統 格安専用車チャーター

こちらは、台北市内を自由に観光できるチャーターの車なんですね。値段は3時間で2,200元(=6,000円くらい)からと他の会社よりは安めの値段設定ですね。このチャーター車というのは、日本の方の感覚だとちょっと豪華すぎるかな〜と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの前基隆などに行くJTBのオプショナルツアーに参加した時、ちょうど1人になってベンツなのに1人チャーター車状態となってしまいました。この時、チャーター車も意外に良い物だな・・と思ったのです。

簡単な日本語ができる運転手も多数だから車内も安心♪車種はトヨタや日産など日本車も充実しています。空いた時間を有効活用したい、家族や友達だけで気軽に台湾観光を楽しみたい方におすすめのツアーです。

ちなみに、案内やガイドは基本的には行ってくれない(でも、ガイドさん次第?)そうなので、その点だけは気をつけておきたいですね。観光してくださる範囲は、台北市・新北市までと意外に広いので、バスに慣れていないと観光しにくい、陽明山や九ふん、野柳などを訪れてみるもの一つの手かもしれませんね。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第2位(ー):JTB台湾のノスタルジック九ふん観光ツアー

またまた九ふん関係のツアーがランクインとなりました。こちらもJTB台湾のツアーで、他にもランクインしているJTB台湾のツアーとの違いは、観光が九ふんだけになって、シンプルなことが上げられると思います。実は、私はこのツアーじゃなくてもう一つの方のツアーに参加した事があるのですが、九ふん地区で時間を多く取れるのであれば、是非とももう一つの方のツアーに参加して、天燈上げ体験や、平渓線の体験乗車もしてみてほしいなと思うのです。十分も観光地化されているといえばそうなんですけど、独特の雰囲気を味わえますからね。

さて、こちらのシンプルな観光の方は、ホテルから九ふん地区に直行し、現地で90分散策。そして、直行でホテルに帰ることになります。せっかく九ふん地区に行くのだから、90分だけ散策ってのはちょっともったいない気もするんですけど、1,500元(=4,000円くらい)ならこんなものなのでしょうか。もし、路線バスに乗れる方なら、忠孝復興のSOGO前から出ている基隆客運が115元なので、個人的にはこちらをオススメしたい所です。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

第1位(ー):九ふん観光+夜市散策ナイトツアー<軽食付き>

そして、1位も先月と同じ九ふんツアーなのでした、これで5連覇となる人気不動のツアーですね☆ 九ふんは、自分ではちょっと行きにくい場所で日帰りツアーで行きやすい適度な距離っていうのがポイントなんでしょうね。こちらは、地元の有名な旅行社三普旅行社(ナルワントツアー)の主催ですが、夜のツアーというのが人気のポイントなんでしょう。

この1位の九ふん観光+夜市散策ナイトツアーですが、あまりに1位が続くのでどういうものかと思い、実際に9月の台湾旅行で参加してきました。値段が3,000円強と比較的安いということがあって、参加者がめちゃくちゃ多く、バス4台が満員での出発となったんですよね。その参加者の多さはちょっと引いてしましましたが、それを除くとツアーのガイドさんも手慣れたもので、ちょっと夜の九ふんを訪れてみたいというのであればオススメ出来るツアーかなと思いました。

2001年公開、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった町として紹介され、知名度が一躍高まった九分。街並みには提灯が燈され一段と幻想的な場所に変身した九分を満喫して下さい。観光後、夜市に訪れます。

ただ、九ふんの観光自体は実質1時間ちょっとしかありません。コレが多いか少ないかはその人次第だと思うのですが、私としてはせっかく九ふんに行くのであれば、自分でバスを使って行って、午後から夜まで滞在し、ゆっくりとお茶会をしたりお土産屋さんをゆっくり眺めたり、あちらこちらの写真を撮った方がいいかな・・!?と思ったのでした。ただ、台湾旅行で時間が限られているという方にはオススメできるツアーだと思いますよ。

台湾オプショナルツアーの内容を詳しくチェック☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ