関西国際空港JALサクララウンジ(国内線) - 関空のJAL便は縮小の一方だけど、ラウンジが空く事は良い事かも!? - とある台湾観光の旅行記録

関西国際空港JALサクララウンジ(国内線) - 関空のJAL便は縮小の一方だけど、ラウンジが空く事は良い事かも!?

今回は国内線の関西国際空港JALサクララウンジをご紹介したいと思います。先日、再上場したJAL日本航空、一度破綻してからの復活までの早さはお見事としか言いようがないくらいなのですが、その破綻からの再生の過程で東京以外の路線は大幅に切り捨てられてしまいました。

とある台湾観光の旅行記録では、飛行機搭乗はANAの記事が中心であるため、私がANA派だと思っている方も多いと思うのですが、私は神戸空港からJALが撤退するまではずっとJALを利用していたのです。神戸空港からJALが撤退しても、まあ他の路線で使えばいいかな〜と思っていたのですが、関西地域からの路線はドンドン小型化が進み、今やスカイマークよりも小さい飛行機ばかりとなってしまいました。

大阪ー沖縄線

こちらの大阪ー沖縄の路線は大阪ー地方の路線よりはマシな状況ではあるのですが、それでも伊丹空港発着の1便を除くと、全ての便がスカイマークと同じ機材のボーイング737にまで縮小されてしまったのです。ANAがまだ中型機のボーイング767が主力である事を思うと、JALの地方軽視の姿勢が見て取れます。まあ、実際にはこの方が利益は出せているんでしょうけどね。

そんな関西国際空港のJALですが、国内線のサクララウンジは立派ですね☆

サクララウンジ

さて、今回は関西国際空港からJALを利用して沖縄の那覇空港まで行く事にしたいと思います。那覇に行く時は神戸空港からANAを使うことが多い私なのですが、今回はJALのパッケージツアーでなんと那覇市内のダイワロイネットホテルに宿泊して4泊5日で30,000円強という超安いプランが出たんですよね。ということで、久しぶりのJALの利用となったのでありました。

JALはこんな感じでタイムセールを定期的に行っていますので、もしかすると意外に安いプランを見つけ出す事が出来るかもしれません。検索してはじめて見つかるお得なプランもあるみたいですよ☆ JAL直売のツアーだと、ほぼ100%の確率でマイレージも積算されますので、値段さえ安ければ他社で買うよりも絶対お得なんですよね☆

ラウンジ内の雰囲気

さて、関西国際空港の国内線JALサクララウンジはそれほど大きなラウンジではありませんが、そもそも関西国際空港発着の国内線がドンドン縮小されている現状ですので、私が訪れた時もこんな感じのガラガラのラウンジ内となりました。実際は、沖縄行きの出発時間が近づくにつれ混んでは来るんですけれども、ANAのラウンジに比べると賑わいには欠けますよね。

アイスコーヒー

飲み物はさすがにJALサクララウンジというだけあって、ソフトドリンクからアルコールまで一通り揃っているのですが、今回はアイスコーヒーをいただく事にしました。それほどお腹が空いている訳ではありませんので、今回はおつまみはナシです。

羊羹

今回だけのサービスかもしれませんが、150個限定ということでさくらの形をした羊羹を配っていました。この場所には置いてなかったのですが、カウンターに置いてありましたので1個いただいています。実際、今は夜の時間なのにまだ余っているなんて、このサクララウンジの利用者は少ないんだな〜と改めて思ったのでありました。

新聞・雑誌

そんな関西国際空港JALサクララウンジでありますが、こんな感じで新聞・雑誌類は豊富に置いてあります。全体的に考えると、JALの国内線サクララウンジの中では結構快適な方だとは思うのですが、上でも述べた通り、関西国際空港発着のJALの路線がドンドン縮小しているのが心配ですよね。

グループのLCCのジェットスター・ジャパンが関西国際空港発着の路線を広げており、いずれはジェットスターとコードシェアして関空からは撤退という悪夢のシナリオも想定してしまいます。私はLCCよりもう少しお金を払ったとしてもJALのクラスJが好きなんですけれども、利用されないのであれば仕方ないのかな〜とは思うものの・・・う〜ん今後どうなってしまうんでしょうね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ