高さ108メートルの神戸ポートタワーから見る、360度グルリと見渡せる神戸百景。(神戸ポートタワー観光記 その2) - とある台湾観光の旅行記録

高さ108メートルの神戸ポートタワーから見る、360度グルリと見渡せる神戸百景。(神戸ポートタワー観光記 その2)

高さ108メートル。神戸のシンボルタワーである神戸ポートタワーの展望台に上がってきました。この神戸ポートタワーの展望台では、当然景色も楽しめる訳なんですが、展望台の中にお土産屋さんがあったり、また360度回転し続ける喫茶もあったりするのです。喫茶は話の種に是非とも訪れたかったのですが、この直前にランチをいただいたばかりなので、今回は断念しています。

神戸ポートタワー観光記録は3回連載記事になります。他の記事はこちら☆

神戸ポートタワー。タワーの概要とパリでも見た愛を確かめるイベント「ラブラブキータワー」
高さ108メートルの神戸ポートタワーから見る、360度グルリと見渡せる神戸百景。(10/7公開)
地上75メートルで下がスケスケのスカイウォークと、神戸のお土産「神戸セレクション」(10/8公開)

海も山も見える素晴らしい風景だけど、やっぱり夜に見たいところ!?

さて、神戸の地形と言えば山と海に囲まれた東西に長い地形が特徴的ですよね。実際は山の向こう側も神戸市なので、神戸市自体は皆さんが思うほどの細長さではないのですが、都心部の細長さはこのポートタワーから感じる事が出来るではないかと思います。コレだけキレイに海と山を間近に見る事が出来るのは、やはり神戸市ならではと言った所でしょうか。

遊覧船が出る港

まずは、ポートタワーから西側の真下を見ています。下には船が2隻見えていますね。このポートタワーの真下は神戸観光のハイライトの一つである遊覧船が多数発着している所なのです。この遊覧船は、実は複数の会社が参入している結構激戦の商売でありまして、大手数社がしのぎを削っているんですよね。遊覧コースはどの会社も似たようなものが多いように思います。

神戸ハーバータワー

同じ方面を見つつ、視線をちょっと右上に上げてみました。神戸はタワーマンションが増えていると別の記事で書いたのですが、右側の工事中のタワーマンションが神戸ハーバータワーになります。広告では1,900万円台から!というのを良く見かけるのですけれども、この値段に釣られて行くとそれは一番下の方の階層であり、実際はそんな安い値段のお部屋は少ないんでしょうね。それにしても30階以上のタワーマンションは目立ちますよね。

海側

ほとんど同じ場所から、今度は海側を見てみたいと思います。手前は神戸ハーバーランドの人気観光スポットであるモザイクガーデンです。このモザイクガーデンでは、2013年4月に神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールがオープンするという事で、観光客からの注目度がアップするのではないでしょうか。

その奥の方は工場となっていまして、川崎重工業の工場が見られます。このブログは台湾ブログなので台湾との関係を書いておくと、最近全線が開通した台北地下鉄の台北捷運中和新蘆線の車両はここ川崎重工業の神戸工場で作られたものも入っているのだそうです。運が良いと製作中の車両も見えるそうなんですけれども、さすがに今見える事はないようですね。

神戸オリエンタルホテル

続いてタワーの真南を見てみたいと思います。こちらはその形が特徴的なホテルである、神戸メリケンパークオリエンタルホテルが見られますね。この方向からだと分かりにくいのですが、横から見ると半円形の形をしたホテルの建物が非常に特徴的です。良いホテルだとは思うのですが、ちょっと場所が不便ですよね。人気のレストランの食べ放題「サンタモニカの風」はいつも混んでいますけどね。ちなみに、奥の方はちょっと分かりにくいですが、海上空港の神戸空港が見えています。

神戸大橋

さて、こちらは東側になります。見えている橋は神戸大橋でその右側が人口島のポートアイランドですね。ポートアイランドは面積が8平方キロもある国内では有数の人口島なのではないかと思います。最近は、医療系の会社がこのポートアイランドに集中して来ており、さらには複数の大学の誘致にも成功しており、意外なほどの賑わいを見せています。

ホテルオークラ

続いて北東側を見てみると、目の前にあるホテルオークラが目立っていますよね。このホテルオークラの後ろ側が三宮エリアになるのですが、ホテルオークラの後ろに隠れてしまっており、あまり三宮エリアは見る事が出来ませんね。

北側

そして、最後に北側を見る事にしたいと思います。こう見ると、神戸が海・山に囲まれているという事が分かりましたでしょうか?今は海沿いにいる私ですけれども、山まで歩いたとしても1時間くらいで麓まで着いてしまうくらいの近さなのです。

この街並みは神戸の元町エリアになりますが、このあたりもタワーマンションが目立ちますよね。昔は高い建物と言えば、左から2番目の高い建物である兵庫県庁くらいだったと思うのですが、いつの間にやらそれ以外に4本もタワーマンションが建ってしまっています。最近は、神戸でも都心回帰の傾向があり、郊外に住んでいた人が都心のマンションに引っ越す傾向にあるようなので、仕方ないことなのかもしれませんけどね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ