オンワードビーチリゾートグアム - 40平米以上の広いお部屋と充実の設備なのですが、5つ☆ホテルの割にはイマイチ? - とある台湾観光の旅行記録

オンワードビーチリゾートグアム - 40平米以上の広いお部屋と充実の設備なのですが、5つ☆ホテルの割にはイマイチ?

2012年10月のグアム旅行では、ビーチリゾートの一つであるオンワードビーチリゾートグアムに宿泊する事にしました。このホテルは日本でも良く聞くオンワード樫山グループが経営しているホテルになります。「23区」や「組曲」などで有名なオンワードグループなのですが、なぜホテル業に手を出しているのかは謎ですね。しかしながら、このホテル結構売り上げも良く、今年度の利益は1.3億円なんだとか。ソコソコ高い値段帯でお客さんも多かったですからね。

オンワードビーチリゾートグアムの値段や口コミがもっと気になる方は!?

オンワードビーチリゾートグアムの値段や朝食などを楽天トラベルのページでチェックする☆

部屋は十分に広く、設備もしっかりしていますが、ちょっと古めなのが難?

オンワードビーチリゾートグアム部屋の様子

さて、オンワードビーチリゾートグアムのチェックインが終わり部屋の中に入ってきました。今回は朝食付きで2名の料金が1泊13,000円くらいだったので、高級価格帯のホテルとしては悪くはないのではないでしょうか? グアムの日系ホテルの常としてフロントも完全に日本語対応でした。コレは英語が苦手な人にとっては安心でしょうね。

ベッド

今回は格安のプランなので安い部屋になっていると思うのですが、それでも部屋の広さは40平米以上あると言う事です。さすがは5つ☆ホテルと言った所ですね。そして、ベッドもご覧の通りの大きさです。今回はこのホテルで4泊しましたけれども、快適な滞在とする事が出来ましたね☆ 奥の方にある椅子も、ゆっくり読書をしながら休憩する時に大活躍でした。

テーブル周り

テーブル周りはこのようになっています。テーブルや鏡自体は悪くないと思うのですが、テーブルに付属している椅子はもうちょっと豪華だと個人的には嬉しかったですね。まあ、グアムに来てまでパソコンで仕事をする人はそう多くないと思いますので、テーブルに付随する椅子まで豪華にする事はないと思います。

冷蔵庫・セーフティーボックス

冷蔵庫とセーフティーボックスになります。冷蔵庫はホテルにしてはかなり大きめの1人暮らしの自宅用レベルのサイズのものが置いてありますね。中には、最初から2人分の水が入っていたのですが、そのお水は1回も追加される事がありませんでした。コレくらいの価格帯の値段のホテルなら追加してくれても良さそうですけどね。

スリッパ

スリッパはさすが5つ☆ホテルだけあって、しっかりとした素材のものが置いてありました。5日間、このスリッパにはずっとお世話になりましたね。

アメニティ

アメニティはクシに歯ブラシにシャンプー類と基本的なものはしっかりと揃っていますが、歯ブラシやクシは日によって追加してくれる人がいたり、追加してくれない人がいたりとサービスを行う人によって差があったように思います。コレは清掃担当者の個人差としか言いようがないのかもしれませんが、高級ホテルにしては何とも中途半端なサービスですよね。

シャワー

こちらはシャワーとバスタブです。バスタブは日本のようなものが備え付けられており、お風呂好きの方にも安心ですね。ちょっと設備が全体的に古いですけれども、そればかりは築年数の関係があるので仕方ない所なのではないでしょうか。

シティービュー

このオンワードビーチリゾートグアムはオーシャンビューとシティービューの部屋の真っ二つに分かれているのですが、今回は安いプランだったのでシティービューになりました。このホテルは海の真正面に立地しているので、予算が有り余っている方はオーシャンビューを指定しておくと、すばらしい景色が部屋から眺められる事間違いなしですね。

と、オンワードビーチリゾートグアムの部屋は随所に5つ☆ホテルらしさも見られたのですが、清掃担当者によってサービスに差があったり、修学旅行の生徒が多過ぎて運が悪いと10分くらいエレベーターが来なかったりと、イマイチな部分も目立つホテルでした。

日頃、台湾のホテルのすばらしいサービスに慣れ過ぎているだけで、グアムだとこんなものかもしれませんけど、このオンワードビーチリゾートには過度の期待は禁物ですね。ただ、5つ☆ホテルという観点からではなく、実際に宿泊した値段との兼ね合いで言うと満足の行くホテルだったのではないかと思います。

オンワードビーチリゾートグアムの値段や朝食などを楽天トラベルのページでチェックする☆
オンワードビーチリゾートグアムなどグアムのホテルの口コミをチェックしてみる☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ