オンワードビーチリゾートグアムの、ホテルの格の割にはちょっとイマイチな朝食バイキングをご紹介します☆ - とある台湾観光の旅行記録

オンワードビーチリゾートグアムの、ホテルの格の割にはちょっとイマイチな朝食バイキングをご紹介します☆

グアムは大きさが淡路島くらい、人口も17万人くらいと小さな島です。それだけに、ホテルの数もそれほどは多くないのですが、今回宿泊したオンワードビーチリゾートグアムは口コミランキングで1位ということもあったので、かなり期待して宿泊したのでした。期待しなければ、このホテルは結構良いホテルの部類に入ると思うのですが、期待して行っただけにちょっとガッカリ感を味わうことになるのです。

私がビーチリゾートとしてグアムと比較してしまいがちなのは、沖縄になります。この2月に沖縄・宜野湾市にある全日空ラグナガーデンホテルというホテルに宿泊したのですが、この時のラグナガーデンホテル・パセオガーデンの朝食はこんな感じだったんですよね。リゾートの朝食というとせめてコレくらいではあってほしいと思うのですが、今回のオンワードビーチリゾートの朝食はどんな感じだったのでしょうか!? では、ご覧ください。

オンワードビーチリゾートグアムの値段や口コミがもっと気になる方は!?

オンワードビーチリゾートグアムの値段などを楽天トラベルのページでチェック☆

お子様連れの方には結構オススメできるメニューかもしれませんね。

和食コーナー

オンワードビーチリゾートグアムはアメリカのホテルという事もあり、和食はほとんど置いてありません。普段は和食系を食べる事が多い私も、ここはグアムなので基本は洋食をいただこうと思っているのですが、和食好きの方には、コレだけだとちょっと物足りないかもしれませんね。台湾のホテルでも納豆が置いてある所もあるくらいなので、日系のオンワードはもうちょっと頑張ってほしい所であります。

スクランブルエッグ

では、ここからはメニューを順番に見て行きたいと思います。まずは、スクランブルエッグですね。コレくらいの水準のホテルだと、卵料理は目の前でシェフに作ってほしい所なのですが、まずコレで印象ダウン☆−1と感じました。

野菜炒め

野菜炒めです。味自体は悪くないと思うのですが、4連泊している中でほとんど野菜の内容は変わりませんでした。もうちょっと連泊する人の事を考慮してくれると嬉しいんですけどね。

カレー

カレーです。子供の頃からバイキングでカレーを食べると負けという格言が私の周りではあったのですが、みなさんの地域ではいかがでしょうか? こちらのカレーは特別美味しいという事はありませんでしたので、後述のパンケーキを選択した方がいいかな?と思います。

肉巻き

こちらは肉巻きになります。朝ご飯では定番のウインナーがなく、本日はこの肉巻きが置いてありました。この日の朝食はこの肉巻きが一番美味しかったと思うのですが、残念ながら一番美味しかったはずのこの肉巻きが次の日の朝食にはもうなかったんですよね・・・。

目玉焼き

高級ホテルだけあって、シェフが目の前で目玉焼きを次々と焼いてくれています。ちょっとタマゴが半熟すぎる気もしますけれども、半熟好きの方にはちょうど良いのではないでしょうか? 前述の通り、オムレツを作ってくれると評価大幅アップだったんですけどね。

ジュース

ジュースは3種類が飲み放題となりまして、そのうちの2種類、100%オレンジジュースとパッションオレンジ+グァバジュースは非常に美味しかったと思います。朝食バイキングのジュースとしては、かなり高レベルだったのではないでしょうか?

パンケーキ

こちらはミニサイズのパンケーキです。蜂蜜やバターをつけていただく形になりますね。ここのホテルはお米はちょっとイマイチだったので、出来ればパンやパンケーキをいただく方が正解だと思います。やはり、ここはアメリカですからね☆

デザート

デザートのフルーツです。今日はオレンジにメロン、フルーツカクテルと缶詰のミカンにヨーグルトが置いてありました。南国グアムなので、パイナップルやマンゴー、ドラゴンフルーツに期待したい所だったのですが、グアムは産地ではないのか、南国とは思えないようなフルーツのチョイスになっていますよね。まあ、お子様の好きそうなフルーツ達なので、子連れのお客さんには良いのではないかと思いました。

ちなみに、このオンワードビーチリゾートグアムの朝食券はランチバイキングにも利用することが可能です。別の記事でご紹介しますが、食事自体を楽しむのであれば断然昼食の方がオススメでした。時間の都合があるなら、毎回昼食で朝食券を使っても良いと思いますよ☆

オンワードビーチリゾートグアムの値段などを楽天トラベルのページでチェック☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ