関西エアポートワシントンホテル(りんくうタウン)関西空港から1駅。ピーチ航空利用時の前後泊に最適なホテルかも!? - とある台湾観光の旅行記録

関西エアポートワシントンホテル(りんくうタウン)関西空港から1駅。ピーチ航空利用時の前後泊に最適なホテルかも!?

今日は、関西人の私が待ちに待ったピーチ航空の関西国際空港ー台湾桃園国際空港の就航日であります。この記事がアップされる頃には、私はピーチ航空に乗って台湾に向かっている頃かと思うのですが、このピーチ航空の台湾行きのピーチ航空21便は関西国際空港の出発時間が7時であり、チェックインの締め切り時間が6:10というとんでもない早さなんですよね。

ということで、神戸市に住んでいる私がこのピーチ航空の朝便に乗ろうと思うと残念ながら関西国際空港の近所に前泊をせざるを得ません。旅行を安くあげるのにホテルに宿泊・・なんて本末転倒かもしれませんけれども、今回宿泊したりんくうタウンの関西エアポートワシントンホテルは結構快適なホテルでしたし、ホテル代まで入れても台湾まで片道15,000円くらいで済んだんですよね。そう思うと、大手のバーゲンセールの運賃よりは安いでしょうか!?

関空の前泊に便利な関西エアポートワシントンホテルの詳細は・・

楽天トラベルで関西エアポートワシントンホテルの料金や朝食などをチェック☆

りんくうゲートタワービルの方が目立っていますけれども・・・

スターゲイトホテル関西エアポート

さて、関西エアポートワシントンホテルのあるりんくうタウン駅にて南海電車を降りた私は、駅の東側へと向かいたいと思いますが、そこにはめちゃくちゃ目立つ高層建築であるスターゲイトホテルがあるんですよね。このビル、都市部とは言えないここ泉佐野市にあるのですが、実は国内で3位の高さを誇る「りんくうゲートタワービル」というビルなんですよね。りんくうタウン自体は再開発がイマイチ中途半端に終わっちゃっている感もあるんですが、このビルが国内3位の高さだと思うと、皆さんも見る目が変わりませんか?

関西エアポートワシントンホテル

そして、その奥に今回宿泊する関西エアポートワシントンホテルのビルがあります。結構大きいビルなんですけれども、周りには大阪府立大学があるくらいで、意外に人通りは少ないように思いました。駅の逆側はショッピングモールがあるので、かなり賑わっていたんですけどね。

スリッパ

ということで、ホテルにチェックインし終えまして、ホテルの中を見て行きたいと思います。まずは、定番のスリッパですね。韓国語と中国語で「持って帰らないでください」と書いてあるのが印象的でした。こうでも書かないともって帰ってしまうお客さんが続出なんでしょうね。

ハンガー

今回はシングルのお部屋だったのですが、ハンガーは3本でした。シングルのお部屋なので、3本もあれば十分なのではないでしょうか。

ベッド

ベッドはこのようになっており、十分な広さであると言えます。2人宿泊でもこの部屋になる場合があると思うのですが、2人だとちょっと狭い印象ですね。ちなみに、このシングルのお部屋は大きさが16.7平方メートル、ベッドのサイズは140cmとなっています。昔、東京で働いていた時に住んでいたお部屋とちょうど同じくらいの部屋のサイズなんですね。

テレビ・椅子

机の上には、テレビに見にくいとは思いますが有線LANのケーブルに、除菌消臭スプレーも置いてありますね。椅子が豪華ではないのは残念ですけれども、今回の宿泊代金が6,500円と言う事を思うと、こんなものでしょうか。

お風呂

バスルームになります。よくあるビジネスホテルのユニットバスという印象ですけれども、さすが日本のホテルだけあって、キレイに整えられていますよね。6,000円台の値段のホテルでもこのレベルなのが、さすが日本のビジネスホテルはレベルが高いな〜と感じる所です。

アメニティ

お部屋に置いてあるアメニティは、歯ブラシなど最小限のものに留まっていますが、コレ以外はフロントの前に置いてありまして、必要な方だけが取って行く形になっています。コレ以外にもフロントには色々揃っていますので、大体の方は困ることはないのではないかと思います。

泉佐野ビュー

今回のホテルのお部屋は関空側か、泉佐野市側かどちらになるか楽しみでありましたが、安いプランなので当然のように泉佐野ビューでありました。右側に見える高架の道路のようなものは、電車の線路でして、JR西日本と南海電車のりんくうタウン駅がこの写真の右側手前の方向にあります。関西国際空港からは1駅5分。まさに前泊や後泊にピッタリのホテルと言えるのではないでしょうか? 関西国際空港から無料バスでの送迎もありますしね☆

楽天トラベルで関西エアポートワシントンホテルの料金や朝食などをチェック☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ